AirTriQの特徴・メリット

AirTriQの3つの特徴やメリットをご紹介します。

特徴1 シンプルで使いやすい

シンプルでわかりやすく設定されており、Windowsエクスプローラー風の画面もしくはWebブラウザからファイルの保管が可能。ドラッグ&ドロップ操作ができるほか、ファイルを開きたい時もダブルクリックするだけと簡単です。「せっかくオンラインストレージを導入したのに、うまく使いこなせない」といった事態を避けることができるでしょう。

特徴2 4つのフォルダで自動に権限設定

4種のフォルダごとにアクセス権限が自動で設定されているため、設定ミスを未然に防止できるのも大きな魅力。すべてのID保有者がファイルを読み書きできる「Shareフォルダー」をはじめ、データ閲覧用の「Read Onlyフォルダー」、個人専用の「Personalフォルダー」、外部ともファイルを共有できる「Collaborationフォルダー」が用意されており、ニーズに応じて使い分けることができます。

特徴3 セキュリティ面も安心

サービス上で扱われるファイルデータはSSL(Secure Sockets Layer)とTLS(Transport Layer Security)によって暗号化されるのはもちろん、業界トップクラスのセキュリティを誇るデータセンターで運用管理・監視。万が一に備えた電源系統の多重化も万全であることにくわえて、震度7の地震にも対応できるほどの耐震性を備えているのも安心できるポイントでしょう。

AirTriQ以外のオンラインストレージ(クラウドストレージ)

AirTriQ以外のオンラインストレージ(クラウドストレージ)についてご紹介します。

IDCFクラウド(株式会社IDCフロンティア)
IDCFクラウドは、リアルタイムのデータ分析から、コストの最適化が重要なアーカイブデータのバックアップまで対応できるクラウドストレージです。 また、クラウドストレージに保存するデータはすべて暗号化しているため、セキュリティ面においても安全です。
料金
0.023$
トライアルプラン
Fileforce(ファイルフォース株式会社)
Fileforceは、あらゆるデバイスから企業におけるファイルを保管、整理、管理、追跡、共有などができるオンラインストレージサービスです。高セキュアでスケーラブルなため、法人向けのサービスとして利用されています。
料金
0
トライアルプラン
あり
SECURE STRAGE(株式会社クロノス)
SECURE STRAGEは、株式会社クロノスが提供するストレージサービスです。万全なセキュリティ環境が特徴で、証明書認証方式を採用しており、パスワードの流出があった場合でも第三者からのアクセスが不可能になっています。またユーザー数が無制限のため、料金の変動もなく利用し続けられます。
料金
39,800
トライアルプラン
※公式サイトの情報を元にアイミツで内容を編集しております。
※現在掲載している情報は2021年01月12日時点の情報です。