就業奉行11
株式会社オービックビジネスコンサルタント

就業奉行11の特徴・メリット

就業奉行11の3つの特徴やメリットをご紹介します。

特徴1 さまざまな働き方に対応できる多彩な打刻方法

パソコンやスマートフォン、タブレット、ICカード、紙カード、指静紋認証など、さまざまな打刻方法に対応できます。パソコンやスマートフォンを利用したweb打刻なら、場所を問わず申請・承認が可能なため、在宅勤務など多様な働き方にも活用できるでしょう。また、勤務実績の確認や、未打刻があった場合の申請も従業員自身で行えます。勤怠管理者の負担軽減にも効果的です。

特徴2 給与システムとシームレスな連携が可能

勤務日や勤務時間の管理は、給与の支払いと密接に関係しています。そこで、勤怠管理システムと給与システムとの間で勤務体系・給与計算時の勤怠項目を関連付ければ、よりスムーズな処理が可能です。同シリーズの「給与奉行」を給与システムとして利用すればシームレスな連携ができるため、さらに業務の効率化が飛躍的に進むでしょう。

特徴3 メンタルヘルスケアなどリスク管理も可能

自動チェック・通知機能によって、長時間労働を未然に防止できるだけでなく、休日・休暇取得状況の自動作成機能で消化状況を早期把握できます。また、欠勤・遅刻・早退などが連続している従業員のリストを自動で作成する機能を搭載。勤務実績を分析することで、メンタルヘルスの不全や休職リスクを防ぐことが可能です。システムを活用することで従業員の不調を把握できれば、余裕を持ってケアの体制を整えられます。

就業奉行11以外の勤怠管理システム

就業奉行11以外の勤怠管理システムについてご紹介します。

Cloud Clock(京葉システム株式会社)
Cloud Clockは、パソコンやスマートフォン、タブレット、ICカードなどさまざまな方法での打刻が可能な勤怠管理システムです。在宅勤務での出退勤、休憩時間、パソコンへのログイン・ログオフなどの時刻を記録し、データ利用システムへ連携することができます。
料金
0
トライアルプラン
みんなの就業ⅱ(株式会社メディシステムソリューション)
みんなの就業ⅱは、病院のための就業管理・勤怠管理システムです。一般企業と異なる医療機関ならではの複雑な勤務体系に対応しており、業務時間をリアルタイムで把握することもできます。
料金
0
トライアルプラン
Air Touch(株式会社アイザック)
Air Touchは、ランニングコストなしで利用できる勤怠管理システムです。通常勤務やシフト勤務、フレックス勤務などあらゆる勤務形態に対応しているほか、本社や工場など休日が異なる場合も、複数カレンダーを利用することにより柔軟に対応することができます。
料金
50,000
トライアルプラン
あり
※公式サイトの情報を元にアイミツで内容を編集しております。
※現在掲載している情報は2020年12月24日時点の情報です。