人事労務freee
freee株式会社

人事労務freeeの特徴・メリット

人事労務freeeの3つの特徴やメリットをご紹介します。

特徴1 豊富なアラート機能を搭載

豊富なアラート機能が用意されている点は、大きなメリットのひとつだと言えるでしょう。締日の作業に時間がかかってしまうほとんどの原因は、勤怠データの抜け漏れやミスだからです。出勤時間の不足や、休憩時間の記録漏れなど、勤怠データに問題が発生した場合は対象者・役職者(上長)にアラートメールが送付されます。また、管理画面からも確認できるため、ミスを事前に防ぐことが可能です。

特徴2 法令違反のチェックが可能

働き方改革法案の施行により、近年では正確かつ厳密な勤怠管理が求められるようになりました。その点、勤怠状況が法令に違反していないか確認できるのもメリットのひとつです。具体的には、36協定の違反確認や、有給休暇取得義務が達成されているかなどをチェックできます。問題がある場合には本人・管理者・監督者にメールで注意喚起が行われるため、職場全体の意識向上にも役立てられるでしょう。

特徴3 API連携・インポート・エクスポート機能を完備

豊富な連携機能も大きな魅力のひとつです。APIを公開しているため、他社の勤怠管理システムとも簡単に連携でき、より便利にシステムを利用することが可能。また、CSVによるインポート・エクスポート機能も利用できます。他社の勤怠データをインポートできるため、システムの乗り換えも簡単です。また、エクスポート機能はバックアップや勤怠データの分析等に役立てられます。

人事労務freee以外の勤怠管理システム

人事労務freee以外の勤怠管理システムについてご紹介します。

いきいき勤太くん(いきいきメディケアサポート株式会社)
いきいき勤太くんは、クラウド型の勤務管理システムです。利用者の環境に合ったさまざまな打刻手段から選ぶことができ、管理者や本部が勤務状況をリアルタイムで確認することができます。また、給与・人事システム、会計システム等と連携することも可能です。
料金
トライアルプラン
e-pay(株式会社ペイロール)
e-payは、株式会社ペイロールが提供する勤怠管理システムです。e-payWork(勤怠)のほかにもe-pay明細/e-pay Mobile明細、e-pay One(申請/承認)、e-pay OASなど、業務を包括的にサポートしてくれるSaaS型のフルサポートサービスとなっています。
料金
0
トライアルプラン
Cloud Clock(京葉システム株式会社)
Cloud Clockは、パソコンやスマートフォン、タブレット、ICカードなどさまざまな方法での打刻が可能な勤怠管理システムです。在宅勤務での出退勤、休憩時間、パソコンへのログイン・ログオフなどの時刻を記録し、データ利用システムへ連携することができます。
料金
0
トライアルプラン
※公式サイトの情報を元にアイミツで内容を編集しております。
※現在掲載している情報は2020年12月24日時点の情報です。