Cloud Clock
京葉システム株式会社

Cloud Clockの料金(価格・費用)

Cloud Clockの料金プランをご紹介します。

Cloud Clock以外の勤怠管理システム

Cloud Clock以外の勤怠管理システムについてご紹介します。

kinnosuke(HOYA株式会社)
kinnosukeは、日々の勤怠管理業務を簡単に効率化できる、クラウド型の勤怠管理システムです。わかりやすく直感的な操作がしやすいUIで、業務管理のヒューマンエラーを防ぐ便利な機能が多数備わっています。
料金
350円/ユーザー
トライアルプラン
ARMS(株式会社シンメトリクス)
ARMSは、株式会社シンメトリクスが提供する勤怠管理システムです。出勤時刻・退勤時刻を入力するだけで、休憩時間を除いた勤務時間が自動で計算されます。そのほか、普通残業・深夜残業・休日残業の自動計算も可能です。
料金
0
トライアルプラン
follow saas版(エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社)
follow(SaaS版)は、適正な勤務管理、工数管理、旅費管理を実現してくれます。社員の日々の勤務に関わるデータをWeb上で一元管理でき、働き方改革法令やテレワークなどの勤務にも対応可能です。スマートフォンや携帯電話からも利用できるため、外出先やリモートワーク中でも申請・承認を行うことができます。
料金
350円/ユーザー
トライアルプラン
※公式サイトの情報を元にアイミツで内容を編集しております。
※現在掲載している情報は2020年12月23日時点の情報です。