kinnosuke
HOYA株式会社

kinnosukeの料金(価格・費用)

kinnosukeの料金プランをご紹介します。

kinnosuke以外の勤怠管理システム

kinnosuke以外の勤怠管理システムについてご紹介します。

CC-BizMate(株式会社 クロスキャット)
cc bizmateは勤怠の見える化と働き方改革を実現する、クラウド型の勤怠管理システムです。「労務リスクの軽減」や「集計作業や給与計算の効率化によるコスト削減」につながり、働き方改革を支援します。
料金
10,000
トライアルプラン
あり
Shift-Heart(株式会社メディアラボ)
Shift-Heartは、医療施設向けの勤怠管理システムです。勤務表作成が効率化できるほか、勤務スケジュールや実績、診療報酬上の人員配置基準との不整合も簡単に確認できます。また、自動集計機能による多様な帳票の出力も可能です。
料金
0
トライアルプラン
就業奉行11(株式会社オービックビジネスコンサルタント)
就業奉行11は、多様化する従業員の働き方へ柔軟に対応可能なクラウド型勤怠管理システムです。雇用形態や業種業態にあわせた労働時間管理ができるほか、長時間労働対策に関する機能も多数備わっています。
料金
350円/ユーザー
トライアルプラン
あり
※公式サイトの情報を元にアイミツで内容を編集しております。
※現在掲載している情報は2020年12月23日時点の情報です。