kinnosuke
HOYA株式会社
機能 連携

kinnosukeの機能

kinnosukeの基本機能、モバイル対応、セキュリティ、対応言語、サポート、提供形態についてご紹介します。

kinnosuke以外の勤怠管理システム

kinnosuke以外の勤怠管理システムについてご紹介します。

SmartStaff(株式会社スマートスタッフ)
SmartStaffは、人材ビジネスに必要な機能を一元管理できる勤怠管理システムです。手動入力不要の勤怠管理はもちろん、スタッフ管理や顧客管理、人選・手配管理など人材ビジネスで役立つ機能が多数備わっています。
料金
50,000
トライアルプラン
あり
KING OF TIME(株式会社ヒューマンテクノロジーズ)
king of timeは、手作業でのタイムカードやExcelでの勤怠管理を自動集計で効率化します。多彩なタイムレコーダーを取り揃えるほか、外出先からのスマートフォン(GPS)打刻、本人確認で不正を防ぐ指紋認証打刻、顔検知社員証や交通系ICカード打刻等を選ぶことができます。正確な勤怠管理データをそのまま主要給与ソフトへ連携、休暇取得や残業申請など従業員と管理者間の承認フローが簡単におこなうことができ、複数拠点でもリアルタイム一括管理が可能です。
料金
300円/ユーザー
トライアルプラン
あり
レコル(中央システム株式会社)
レコルは、導入がしやすく、使いやすいを追求したクラウド勤怠管理システムです。機能とサポートが充実しており、初期費用0円、月額ひとり100円と低価格で利用できます。
料金
100円/ユーザー
トライアルプラン
あり
※公式サイトの情報を元にアイミツで内容を編集しております。
※現在掲載している情報は2020年12月23日時点の情報です。