kinnosuke
HOYA株式会社

kinnosukeの特徴・メリット

kinnosukeの3つの特徴やメリットをご紹介します。

特徴1 自動チェックで正しい打刻を徹底できる

ログイン時に打刻状況を自動チェックし、抜け漏れがある場合は「提案型アラート機能」がすぐに打刻忘れを通知。さらに、修正するための申請書も同時に画面表示されるため、時間や手間をかけることなく打刻忘れを修正できます。月末に出勤簿を提出する際も、一つでも抜け漏れがあれば即時でエラーを通知。修正・申請しなければ提出できない仕組みとなっているため、正しい打刻を徹底できます。

特徴2 労働時間超過・有休取得義務未消化の事前回避が可能

「出勤簿状況チェック機能」を使えば、法令遵守意識も高まります。リアルタイムに更新される勤怠状況から、労働時間の上限を超えてしまいそうな従業員や、有休取得義務を消化しきれなさそうな従業員を事前に検出。本人・上司・管理者に警告メッセージを自動で送信します。メッセージの文面はもちろん、送信するタイミングや条件も自由に設定できるため、あらゆる勤務形態に適用可能です。

特徴3 見やすく操作しやすいUI

シンプルでわかりやすいインターフェースにも特徴があります。一貫性を持ったボタンの配置や、誰にでもすぐに使いこなせるシンプルなデザインが魅力的です。パソコン、スマートフォン、タブレットなど、どのようなデバイスからアクセスしても、画面にあわせて表示が最適化されます。さらに、従業員一人ひとりに合わせてログイン画面のレイアウトをカスタマイズすることも可能です。

kinnosuke以外の勤怠管理システム

kinnosuke以外の勤怠管理システムについてご紹介します。

KING OF TIME(株式会社ヒューマンテクノロジーズ)
king of timeは、手作業でのタイムカードやExcelでの勤怠管理を自動集計で効率化します。多彩なタイムレコーダーを取り揃えるほか、外出先からのスマートフォン(GPS)打刻、本人確認で不正を防ぐ指紋認証打刻、顔検知社員証や交通系ICカード打刻等を選ぶことができます。正確な勤怠管理データをそのまま主要給与ソフトへ連携、休暇取得や残業申請など従業員と管理者間の承認フローが簡単におこなうことができ、複数拠点でもリアルタイム一括管理が可能です。
料金
300円/ユーザー
トライアルプラン
あり
UBIXS(株式会社OSEC)
UBIXSは、株式会社OSECが提供する勤怠管理システムです。月額使用料0円で利用でき、多様な勤務形態、雇用形態に合わせて細かな設定・運用が可能です。全従業員の勤務実績をCSVに出力できるため、多くの給与システムとすぐに連携することも可能です。
料金
トライアルプラン
HIPLUS 就業管理システム(株式会社日立システムズ)
HIPLUS 就業管理システムは、日々の出退勤データをWebで簡単に入力できる就業・勤怠管理システムです。月末の煩雑な集計作業から解放されて適正な労務管理ができ、働きやすい職場環境を作り出すことができます。
料金
0
トライアルプラン
※公式サイトの情報を元にアイミツで内容を編集しております。
※現在掲載している情報は2020年12月23日時点の情報です。