MINAGINE勤怠管理システム
株式会社ミナジン
出典:株式会社ミナジン https://minagine.jp/system/
3.1

MINAGINE勤怠管理システムの料金(価格・費用)

MINAGINE勤怠管理システムの料金プランをご紹介します。

  • プラン
    基本料金
    30,000
    従量制
    150 円 / ユーザー
    初期費用 0円
    最低利用期間
    最低利用人数
    【基本料金】
    1〜30名:30,000円/月 ※30名分の利用料を含む

    ■人数課金
    31~200名:1名300円/月
    201~500名:1名250円/月
    501~1000名:1名200円/月
    1001名~:1名150円/月
公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。

MINAGINE勤怠管理システム以外の勤怠管理システム

MINAGINE勤怠管理システム以外の勤怠管理システムについてご紹介します。

出典:株式会社HAMAX http://www.shiftv.net/
出典:ユーザーサイド株式会社 https://www.userside.co.jp/service/pochitto/
出典:株式会社エイ・アイ・エス http://www.a-i-s.co.jp/kinta/

MINAGINE勤怠管理システムが掲載されている関連記事

MINAGINE勤怠管理システムが掲載されている関連記事をご紹介します。

法人向けSaaSサービスを比較検討できる「アイミツSaaS」が、ICカード式でおすすめの勤怠管理システムを厳選してご紹介!勤怠管理システムを導入するメリットや選び方についても解説しています。勤怠管理システム選びにお悩みの方はぜひ参考にしてください!
2021年10月01日
法人向けSaaSサービスを比較検討できる「アイミツSaaS」が、経費精算機能でおすすめの勤怠管理システムを厳選してご紹介! 勤怠管理システムを導入するメリットや選び方についても解説しています。勤怠管理システム選びにお悩みの方はぜひ参考にしてください!
2021年10月19日
「弥生給与を使用しているけど、勤怠の入力が大変だな」と思う方におすすめなのが、弥生給与と勤怠管理システムを連携することです。 いちいち給与ソフトに勤怠情報を入力する手間などが省けるので、業務効率化を図ることが出来ます。 そこでこの記事では、営業・バックオフィス・情報システムなど、さまざまな分野の法人向けSaaSサービスを比較検討できる「アイミツSaaS」が、弥生給与と連携が可能なおすすめの勤怠管理システムを厳選してご紹介! 弥生給与と連携のメリットや勤怠管理システムの選び方も詳しく解説していきます。
2021年08月12日
法人向けSaaSサービスを比較検討できる「アイミツSaaS」が、Android対応でおすすめの勤怠管理システムを厳選してご紹介!勤怠管理システムを導入するメリットや選び方についても解説しています。勤怠管理システム選びにお悩みの方はぜひ参考にしてください!
2021年10月01日

勤怠管理システムに関連する記事

勤怠管理システムに関連する記事をご紹介します。

企業の働き方改革の推進にともない、学校の先生にのしかかる重い業務負担も、社会的な課題として注目を集めるようになりました。そうした状況のなかで、授業や教材研究といった本来の業務以外の負担を軽くするツールとして、近年学校でも活用されはじめたのが「勤怠管理システム」です。 今回の記事では、数ある勤怠管理システムのなかから、アイミツSaaSが厳選したおすすめのシステムを9つご紹介します。学校で使える勤怠管理システムをお探しの方は、ぜひ参考にしてください。 発注業者比較サービスのアイミツSaaSが、おすすめの勤怠管理システムを厳選!
2021年09月17日
多様な打刻スタイルに対応し、自動集計機能や会計ソフトとの連動が可能な勤怠管理システムを導入すれば、ミスが起こりやすく手間のかかるExcel勤怠管理から脱却することができます。多様化する働き方にも柔軟に対応できるでしょう。 そこで本記事では、発注業者比較サービスアイミツSaaSが、Excel勤怠管理からスムーズに移行できるお進めの勤怠管理システムを厳選して紹介していきます。
2021年09月17日
勤怠管理は直接企業の収益には関係しないバックオフィス業務ですが、環境改善を行わなければ、コア業務の効率低下につながったり、従業員の定着率に悪影響を及ぼしたりすることもあります。場合によっては法令違反に問われ、行政から指導が入ってしまうこともあるでしょう。そのため、勤怠管理の業務改善は重要視すべき取り組みですが、とにかくテコ入れをすれば状況が好転するというわけではない点にも注意が必要です。自社の課題にあったシステム導入ができなければ、かえって既存の業務に悪影響を与えたり、コストに見合った結果を得られなかったりという場合もあるでしょう。今回は勤怠管理システムの導入時に見られる失敗パターンから、最適なシステムの選び方について、ご紹介していきます。
2021年11月29日
2019年4月1日以降、順次施行されている「働き方改革関連法」。企業には時間外労働時間の上限規制の導入や、従業員の年間最低5日以上の年次有給休暇の確実な取得が求められ、違反した企業には罰則が科せられるようになりました。 政府が働き方改革を推し進めるなか、企業にはこれまで以上に従業員の労働時間や年次有給休暇の管理を徹底することが求められます。従業員の労働時間の効率的な管理方法として、導入をおすすめするのが勤怠管理システムです。とはいえ、どのような勤怠管理システムが自社に合っているかわからないという方も多いでしょう。 そこでこの記事では、発注業者比較サービス「アイミツSaaS」が厳選した勤怠管理システムを紹介致します。働き方改革に伴って、どのように従業員の勤怠管理をしたら良いかわからないという方はぜひ参考にしてください。
2021年09月17日