kincone
株式会社ソウルウェア

kinconeの特徴・メリット

kinconeの3つの特徴やメリットをご紹介します。

特徴1 初期設定はたったの10分で完了

ナビゲーションに従うだけで、なんとわずか10分で初期設定が完了してしまうという導入の手軽さが魅力です。業務に大きな支障を与えずに、業務効率化の第一歩を踏み出せるのは大きなメリットでしょう。また、手軽に導入できるシステムでありながらも、勤怠管理に必要な機能はきちんと揃っているため、はじめての勤怠管理システムにもぴったりです。

特徴2 外部システムとの連携でより便利に使える

外部システムとの連携が充実している点も特長のひとつです。サイボウズ社のkintoneと連携することによって、kintone内でワークフロー機能やシフト管理を構築することが可能。コラボスタイル社のコラボフローと連携すれば、より複雑なワークフローを構築できます。また、CSV出力機能が搭載されているため、会計システムとの連携も可能です。

特徴3 リーズナブルな価格設定

ユーザー1名あたり月額200円(税抜)と、リーズナブルな価格で利用できるのもポイント。低コストながらも豊富な機能を搭載しており、従業員によって異なる労働条件の細やかな設定も可能。裁量労働制やフレックスタイム制などの柔軟な働き方にも対応できます。また、ICカード打刻、SlackやChatworkと連携しての打刻、web打刻、アプリ打刻と、多彩な打刻方法が用意されているのも便利です。

kincone以外の勤怠管理システム

kincone以外の勤怠管理システムについてご紹介します。

TIMEVALUE(株式会社シスプロ)
timevalueは、お手持ちのPC・スマホから簡単に導入が可能な勤怠管理システムです。手作業でのタイムカード管理から解放します。
料金
290円/ユーザー
トライアルプラン
Office-PRISM(+Kintai)(共立コンピューターサービス株式会社)
Office-PRISM(+Kintai)は、共立コンピューターサービス株式会社が提供する勤怠管理システムです。勤務時間に関する集計作業の負担を軽減することで管理コストを削減し、勤怠管理業務の効率化が期待できます。
料金
300円/ユーザー
トライアルプラン
e-works(株式会社イーワークス)
e-worksは、勤怠管理・就業管理システムの専門メーカーです。勤怠管理に特化した専門業者のノウハウを活かしたパッケージ商品を取り扱っています。
料金
0
トライアルプラン
※公式サイトの情報を元にアイミツで内容を編集しております。
※現在掲載している情報は2020年12月23日時点の情報です。