勤革時
日本電気株式会社

勤革時の特徴・メリット

勤革時の3つの特徴やメリットをご紹介します。

特徴1 稼働実績15年以上の実力派

稼働年数は15年を超え、2万2,000社・172万人以上の勤怠管理をサポートしてきた豊富な実績を持ちます。1IDから1万5,000ID以上と幅広い規模の会社に対応しており、業種も問いません。さまざまな職種を抱える会社であっても、1つのシステムで勤怠管理を完結できるのは大きなメリットでしょう。導入企業からは、実際に勤怠管理の効率化や過重労働の防止に成功したという声が多数あがっています。

特徴2 高機能かつコストパフォーマンスも良好

料金は1IDあたり月額300円(税抜)から、と利用しやすい料金でありながらも、高機能なのが特長。日次・月別自動集計機能、未確定勤務情報一覧、人件費の予実集計、勤務実績や給与データの出力機能のほか、オリジナルのシフトパターンも設定できます。打刻手段も、パソコンやスマートフォン、ICカード、指紋認証・顔認証、LINE WORKSとの連携など多彩です。勤怠管理を効率化する機能が多数揃っているうえ、英語にも対応しています。

特徴3 海外勤務者の労働時間管理にも対応可能

グローバル化の進展に伴い、日本国内だけでなく、従業員が海外で働く企業も増えました。その点、システムにログインするだけで海外にいる社員の勤務状況を把握できるため、海外勤務者の勤怠を国内から管理したい企業にはぴったりでしょう。海外拠点に逐一確認し、回答を待たなければいけないような状況を改善できます。海外勤務者の意識改革や業務の効率化にも効果的です。

勤革時以外の勤怠管理システム

勤革時以外の勤怠管理システムについてご紹介します。

打刻ちゃんTouch(株式会社データープロセスサービス)
打刻ちゃんTouchは、株式会社データープロセスサービスが提供する勤怠管理システムです。4,980円の買い切りのためランニングコストもかからず、費用の削減に貢献します。わかりやすい画面と操作性だけでなく、給与ソフトとの連動で給与計算も効率化できるというメリットがあります。
料金
0
トライアルプラン
あり
ShiftMAX(KYODOU株式会社)
ShiftMAXはExcelをインターフェースに使えて、管理をクラウド上で行えるハイブリッド型のシフト・勤怠管理システムです。シンプルな操作に加え、出退勤状況のリアルタイム確認、携帯電話での出退勤打刻も可能です。
料金
300円/ユーザー
トライアルプラン
タッチオンタイム(株式会社デジジャパン)
タッチオンタイムは、タイムカード不要のタイムレコーダーで打刻・申請承認・休暇管理をクラウドで自動集計するクラウド勤怠管理システムです。勤怠管理業務の効率化を支援し、24,000社、180万人の導入実績があります。導入企業の業種業態特有の就業ルールやテレワークや働き方改革にも対応しています。
料金
300円/ユーザー
トライアルプラン
あり
※公式サイトの情報を元にアイミツで内容を編集しております。
※現在掲載している情報は2020年12月22日時点の情報です。