タッチオンタイム
株式会社デジジャパン

タッチオンタイムの特徴・メリット

タッチオンタイムの3つの特徴やメリットをご紹介します。

特徴1 導入企業数2万4,500社・利用者数190万人以上

数ある勤怠管理システムのなかでも多くの企業が導入しており、安心して利用できるという点は大きなメリットです。「勤怠管理SaaS市場 利用ID数(2019年・富士キメラ総研調べ)」によると、市場シェアはNo.1。豊富な導入実績を誇っているだけでなく、サービス利用継続率も99.7%と高いのが特徴です。多くの企業に継続利用されている、信頼できる勤怠管理システムだと言えます。

特徴2 リアルタイムで勤怠情報を自動集計

従業員の出退勤をリアルタイムに自動集計するため、手動で集計する必要はありません。また、勤怠状況を元に人件費の概算も算出できるため、勤怠締日を待たずして人員配置が適切であるかどうかを確認できます。さらに、勤怠データはCSV出力が可能なため、給与計算ソフトとの連携も容易です。勤怠管理業務の大幅な効率化には最適な勤怠管理システムだと言えるでしょう。

特徴3 安心のサポート体制

手厚いサポートを無料で受けられる点も大きなメリットのひとつです。丁寧なヒアリングを行ったうえで、会社ごとの就業規則に沿った適切な導入設定をサポートします。また、導入後の運用サポートも無料で利用できるため、いつでも不明点について相談できるのも安心です。電話応答率は96%で、サポートセンター利用満足度は94%と、充実したサポート体制は数字にも表れています。

タッチオンタイム以外の勤怠管理システム

タッチオンタイム以外の勤怠管理システムについてご紹介します。

IEYASU(IEYASU株式会社)
IEYASUは、人事実務の専門家集団が共同開発した、勤怠管理システムです。1000社以上のサポート経験から培った知識を生かし、人事実務の専門家がベンチャー企業で必要な機能を精査、かつシンプルで使いやすい勤怠管理システムを開発しました。出退勤のデータから分析が行えるように、Excelの分析レポートも豊富です。
料金
3,800
トライアルプラン
指紋勤怠システム/トスコム(株式会社トスコム)
株式会社トスコムの指紋勤怠システムは、指紋認証によりタイムカード不要で打刻ができる勤怠管理システムです。不正打刻を完全にシャットアウトできる抜群の信頼性をもち、自動計算により複雑な集計作業も簡単になります。
料金
トライアルプラン
HORENSO(株式会社トリプル・エージャパン)
HORENSOは、「働き方改革」に対応した勤怠管理システムです。有給休暇や時間外労働、労働時間のルール、同一労働同一賃金を完全網羅しており、労働環境リテラシーの向上に役立ちます。
料金
0
トライアルプラン
※公式サイトの情報を元にアイミツで内容を編集しております。
※現在掲載している情報は2020年11月04日時点の情報です。