Garoon
サイボウズ株式会社
出典:サイボウズ株式会社 https://garoon.cybozu.co.jp/
3.5

スケジュール管理機能としては必須です

3.0
更新日:2021/10/01
非公開ユーザー|一般ユーザー(利用者)
所属企業非公開
業界:IT・通信
従業員数:100〜299人
部署:経営者・役員

良いと感じたポイントは何でしょうか? 全従業員のスケジュールが一目でわかるので、会議の設定等が非常に楽です。 また、社内決裁処理機能もあるので、テレワーク、リモートワークにおいても瞬時に処理できるのでプロジェクトのスピードが速くなります。

改善してほしいポイントは何でしょうか? 関係する社員のスケジュール調整において、一覧に並べて予定を確認できると非常に助かります。 ※現状では予定を登録すると○○さんは他の予定と重なっていると表示されるのみ。

どのような課題が解決されましたか?または、どのようなメリットが得られましたか? もちろん全従業員の予定が全従業員のパソコンから確認できるので、スケジュール管理機能については様々な予定が組みやすくなった。

Garoonのその他レビュー

Garoonのその他レビューをご紹介します。

公式サイトの内容をもとにアイミツSaaS編集部が編集しております。
レビューに関しましては弊社が独自に取得した内容を掲載しております。

Garoon以外のグループウェア

Garoon以外のグループウェアについてご紹介します。

出典:HOYAデジタルソリューションズ株式会社 https://www.hoyads.com/service/groupware

Garoonが掲載されている関連記事

Garoonが掲載されている関連記事をご紹介します。

働き方改革が推進される昨今では、民間企業だけでなく官公庁や自治体でも業務効率化を後押ししてくれるグループウェアが注目をあつめています。しかし、各社からさまざまなグループウェアが提供されているため、「どれを選ぶべきか迷ってしまう」という方も多いのではないでしょうか。 そこで本記事では、発注業社比較サービス「アイミツSaaS」が、官公庁・自治体でも使える機能やセキュリティを備えたグループウェアを厳選して紹介。グループウェア選びのポイントも解説していきます。
2021年09月17日
スケジュール管理や掲示板、ワークフロー、文書管理などの機能が搭載され、組織の協業をサポートするグループウェア。コ ミュニケーションの活性化やペーパーレス化、業務効率化などを総合的に実現できることから、多くの企業で導入されています。 なかでもクラウド型のグループウェアは、ネットワーク環境さえあればいつでも使える便利さが魅力。 今回は発注業者比較サービスアイミツSaaSが、おすすめのクラウド型グループウェアを厳選してご紹介します。
2021年09月17日
パンデミックをきっかけに、多くの企業でテレワークが急速に普及しています。 働き方の見直しの一方で、より円滑なコミュニケーションや情報共有が必要との課題も浮き彫りになったかもしれません。 SaaS型業務ツール、なかでもグループウェアが注目を集めているのは当然でしょう。 この記事では、発注業者比較サービス「アイミツSaaS」が、web会議をスムーズにスタートできるおすすめのグループウェアを厳選してご紹介します。
2021年09月17日
チャットや社内SNS、スケジューラーなど多彩な機能がパッケージ化されているグループウェア。 社員同士の情報共有をはじめ、さまざまな局面に効果を発揮しますが、すべての課題を解決できるわけではありません。 部署ごとに固まってしまっている業務フローや、ベテラン社員に属人化してしまった仕事の進め方など、グループウェアの汎用的なアプリだけではカバーできない問題に悩んでいる企業も多いのではないでしょうか。 今回取り上げるのは、まさにそんな企業にぴったりのグループウェアです。 カスタマイズ性が高く、APIによって外部のクラウドサービスと連携させたり、自社オリジナルのカスタムアプリを作成したりすることが可能。 いずれもグループウェアの代名詞的存在で、導入することで業務効率を大幅にアップさせた事例もたくさんあります。
2021年09月17日

グループウェアに関連する記事

グループウェアに関連する記事をご紹介します。

グループウェアは、自社でサーバーを持たずに円滑に情報共有できる点が大きな強みです。そして、自社に適したサービスを利用するにあたっては、移行の際に把握しておきたいポイントがあります。 今回は、グループウェア移行の際に知っておきたい注意点について、確認すべきポイントとあわせてご紹介していきましょう。
2021年12月16日
グループウェアを導入するにあたり、まず立ちはだかるのがコストの問題です。この記事を読んでいる人のなかにも「できるだけ予算を抑えたい」「できれば無料で使いたい」という人は多いのではないでしょうか。 また、納得できる料金でグループウェアを導入したとしても、低価格ゆえに機能が限られていたり、操作性が悪かったりして、思い描いた通りの成果につながらないケースもあるようです。 そうした際に選択肢の1つとなるのが、オープンソースのグループウェアです。 今回は、発注業者比較サービスアイミツSaaSが、おすすめのグループウェアを厳選! オープンソース型のグループウェアのなかでも、とりわけ高い人気を誇る3つを取り上げ、それぞれの特徴や機能について紹介していきます。 また、グループウェアやオープンソースとはどんなものなのか、オープンソースにはどんなメリット・デメリットがあるのかもあらためて整理しておきましょう。
2021年09月17日
グループウェア「kintone(キントーン)」の評判と口コミを徹底調査しました。他サービスと比較したメリットや「kintone」の使い方も網羅。この記事だけで、「kintone」の全てが分かります。
2021年09月17日
チャットや社内SNS、スケジューラーなど多彩な機能がパッケージ化されているグループウェア。 社員同士の情報共有をはじめ、さまざまな局面に効果を発揮しますが、すべての課題を解決できるわけではありません。 部署ごとに固まってしまっている業務フローや、ベテラン社員に属人化してしまった仕事の進め方など、グループウェアの汎用的なアプリだけではカバーできない問題に悩んでいる企業も多いのではないでしょうか。 今回取り上げるのは、まさにそんな企業にぴったりのグループウェアです。 カスタマイズ性が高く、APIによって外部のクラウドサービスと連携させたり、自社オリジナルのカスタムアプリを作成したりすることが可能。 いずれもグループウェアの代名詞的存在で、導入することで業務効率を大幅にアップさせた事例もたくさんあります。
2021年09月17日