人事管理システム(HCM)

人事管理システム(HCM) 58サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。条件を選択することで、人事評価ができる人事管理システム(HCM)や中小企業が使っている人事管理システム(HCM)、無料で使える人事管理システム(HCM)などを探すことが出来ます。

人事管理システム(HCM)の検索結果

58件の人事管理システム(HCM)をご紹介します。

該当 58 1ページ目 1〜20件
株式会社Works Human Intelligence
出典:株式会社Works Human Intelligence https://www.works-hi.co.jp/
上場企業導入実績あり

COMPANYは大手企業へ向けた人材管理システムとしてNo.1を誇ります。人事や労務自事業に関して、様々な機能や項目を有しており、各種申請、承認業務のも対応しております。大手企業から地方自治体まで、複雑な給与の計算や独自の人事評価としてご利用いただけます。

ワークデイ株式会社
出典:ワークデイ株式会社 https://www.workday.com/ja-jp/homepage.html

Workdayは、採用から人材の能力開発まで、さまざまな人材管理業務を滞りなく行えるようサポートする、人事管理システムです。組織の全体像を把握し、的確に意思決定することを目指します。

株式会社オービックビジネスコンサルタント
出典:株式会社オービックビジネスコンサルタント https://www.obc.co.jp/
上場企業導入実績あり

総務人事奉行クラウドはあらゆる総務、人事業務をクラウドがサポートし、総務人事業務の定着化、会社全体の業務の生産性を向上させる、人事管理クラウドシステムです。

SAP ジャパン株式会社
出典:SAP ジャパン株式会社 https://www.sap.com/japan/index.html
トライアルあり

SAP SuccessFactors HXMは社員が自分自身の目標を達成できるようサポートする人事管理システムです。人事、社員管理の改革を目指します。

株式会社電通国際情報サービス
出典:株式会社電通国際情報サービス https://www.isid.co.jp/positive/
上場企業導入実績あり

POSITIVE on CLOUDiSとは、導入実績2,700社以上の高度なグループ管理を実現し、統合HCM (人事)ソリューションとして利用できる給与計算ソフトです。細かく柔軟なパラメータ設定機能により複雑な給与体系もノンカスタマイズで対応可能です。4万名の給与計算を10分以内に処理ができ、企業特有の複雑な給与体系やグループ会社ごとに異なる運用などにも高い業務適合率を実現します。パフォーマンス性能に重点を置き開発されているので、圧倒的な高速給与計算処理が可能になり、業務効率を大幅に改善できます。また、同企業内だけでなく、複数の会社や組織に対して、制度や運用が異なる場合でも1つのシステムで管理することが可能です。人事給与を扱う業務のアウトソーシングサービスやシェアードサービスの基盤として利用できるシステムとして多数の実績があります。

freee株式会社
出典:freee株式会社 https://www.freee.co.jp/hr/
3.6
トライアルあり 上場企業導入実績あり

「人事労務freee」は、作業ミスや漏れを防ぎ作業効率の向上を目的に作られた労務管理システムです。従業員情報を登録するだけで、労務に必要な計算・書類作成などを自動化することが可能。従業員のデータを一元管理することで経営データの可視化が実現できます。

株式会社サイダス
出典:株式会社サイダス https://www.cydas.com/
上場企業導入実績あり

CYDAS PEOPLEはすべての人が働き甲斐を感じられる社会を作るため、人材データの活用や、見える化に特化した人事管理システムです。

Resily株式会社
出典:Resily株式会社 https://resily.com/
トライアルあり

Resilyとは、Resily株式会社が提供するOKRの良さを最大限に引き出す人事評価システムです。利用企業数140社以上の実績を誇り、月額50,000円から利用開始できます。近年注目を集める目標設定・管理方法のOKRが簡単に利用可能。高頻度で定期的にOKR共有、見直しを行うことで優先すべき事項に注力できるようになり、多くの無駄を削減できます。OKRの導入、運用をツールとコーチングでサポートして社員のエンゲージメントが高い状態で業務できる環境を作り出します。一目でわかるマップ機能、タスク管理、進捗共有、達成自信度を計測、コミュニケーション支援、1on1フォロー、エンゲージメントなどの多彩なツールで組織マネジメントの課題を解決します。専任コーチが伴奏し、状況に合わせて社内への研修もサポート。目標管理を徹底サポートできる専任コーチも用意。相談、質問を無制限に対応します。

株式会社日立ソリューションズ
出典:株式会社日立ソリューションズ https://www.hitachi-solutions.co.jp/
上場企業導入実績あり

リシテアは、1400社、193万人以上の導入実績がある、日立のソリューションズの人事管理システムです。社員が勤怠管理業務や各種申請を行う際の間接的な業務や、人事などの管理部門が行う、人事、給与管理業務などの人事に関連する業務をサポートします。

株式会社プラスアルファ・コンサルティング
出典:株式会社プラスアルファ・コンサルティング https://www.talent-palette.com/
トライアルあり 上場企業導入実績あり

タレントパレットとは、株式会社プラスアルファ・コンサルティングが提供するマーケティング思考を取り入れて科学的人事を可能にする人事評価システムです。大規模から小規模までさまざまな場所で活用されています。あらゆる人材データを一元化・分析・活用して科学的人事戦略を実現。人材データを社員に紐づけて一元管理し、抜擢、育成への活用、MBO、OKR、360度評価、コピテンシー評価などの評価制度から甘辛調整や調整フローの判断を効率化できます。他にも、シミュレーション可能な人材の最適配置、社員個人に適した研修やeラーニング適応、多角的な社員のポートフォリオ化、モチベーション・エンゲージメントを把握、離職特徴分析での離職防止、採用管理・ミスマッチ防止など人事評価を最適化する機能が満載です。在宅勤務中の社員の状況も管理・分析可能なのでテレワークにも最適。導入支援、高度な活用方法まで専門コンサルタントがしっかりサポートします。

SCSK株式会社
出典:SCSK株式会社 https://www.scsk.jp/
上場企業導入実績あり

ProActive(プロアクティブ)はクラウドやオンプレミスから自社に合った利用方法が選択可能な人事管理システムです。様々な機能を有しており、人事業務に対して柔軟に対応できます。

株式会社クレオ
出典:株式会社クレオ https://www.zeem.jp/cloud/HR/
上場企業導入実績あり

ジームクラウドHRは、大手企業・中堅企業を中心に2,000社以上が導入している、様々な業務要件に対応する柔軟性と汎用性を兼ね備えた人事管理システム(HCM)です。人事と給与を完全統合することにより、二重入力やデータの連携作業など、業務の無駄を省略し、人事情報の更新作業や給与計算処理などの通常業務の効率化を図ります。また、電子申請(e-Gov e-Tax eLTAX)にも標準対応することで、さらに業務の効率化を実現します。従業員がおこなう各種身上変更の届出や給与明細書の照会はスマートフォンやタブレットで利用することが可能なため、ペーパーレス化も実現できます。サポートセンターやSE訪問による支援サービスなど、様々なサポート体制でお客様の業務を支援します。

株式会社ワン・オー・ワン
出典:株式会社ワン・オー・ワン https://www.101s.co.jp/
上場企業導入実績あり

スキルナビは、採用や人材育成、人材評価のすべてを見える化する人材管理システムです。低価格での利用が可能で、多岐にわたる業種、様々な規模の企業でごり王いただけます。

株式会社 エフエム
出典:株式会社 エフエム https://www.fminc.co.jp/
上場企業導入実績あり

Socia人事システムは、勤怠の管理、人事給与における業務の効率化を図る、株式会社エフエムが提供する人事管理システムです。アウトソーシングサービスとシステムを組み合わせ、業務全体の効率化を図り、お客様はコアな業務に集中して取り組むことができます。

コーナーストーンオンデマンドジャパン株式会社
出典:コーナーストーンオンデマンドジャパン株式会社 https://www.cornerstoneondemand.jp/
上場企業導入実績あり

コーナーストーンはオンデマンドでクラウドベースの社員教育や人材マネジメントができる人事管理ツールです。各社員の長所を育て、企業の成長を促進させます。人材育成を新しい学習体験によって継続して行い、戦略的な人材管理、人事評価をサポートします。

フォスターリンク株式会社
出典:フォスターリンク株式会社 https://www.fosterlink.co.jp/
上場企業導入実績あり

HR-Platformとは、フォスターリンク株式会社が提供する、面倒な人事業務をWebで一元管理できる人事評価システムです。社員プロファイル&申請ワークフロー機能で人事業務を一元化し、必要な情報をいつでも閲覧、検索、出力できます。会社・部門目標と個人目標を連鎖して目標管理制度や人事評価制度の運用プロセスの見える化や評価データの集計の自動化が可能です。住所等の変更事項は社員自身が行うセルフサービス型。未記入時・登録時には最速メール送信もできるのでさまざまな人事業務の業務負担を大幅に削減することができます。目標管理・人事評価、360度フィードバック、マイナンバー管理、モチベーションの維持に役立つ従業員意識調査、従業員の人事情報と連携する自己申告制度など効果的な機能でバックアップし、人事業務のあらゆる課題を解決します。

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社
出典:パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 https://www.persol-pt.co.jp/
上場企業導入実績あり

HITO-Link CRMは、採用のマーケティングを通して、優秀な候補者の応募の意思獲から採用までを繋げる、人事管理システムです。国内初のTalent CRMとして知られています。採用に繋がりにくい、エンジニア、デザイナーや事業開発部、企画職などの採用に注力しており、候補者の視点で考えた、One to Oneマーケティングのスクラム採用を実現しており、優秀な人材の採用をサポートします。

日本オラクル株式会社
出典:日本オラクル株式会社 https://www.oracle.com/jp/index.html

Oracle Human Capital Managementは迅速に、且つ性格に意思決定を行い、組織のエンゲージメントの向上、生産性やビジネスとしての価値も高められるようサポートします。

コースベース株式会社
出典:コースベース株式会社 https://coursebase.co/
トライアルあり

Coursebaseは、社員と企業のトレーニング管理をするための人事管理システムです。使いやすいインターフェースで、他社の学習管理システムとは一目置かれるサービスです。

株式会社電通国際情報サービス
出典:株式会社電通国際情報サービス https://www.isid.co.jp/positive/service/cloud.html
上場企業導入実績あり

STAFFBRAIN on CLOUDiSは1200以上の企業に導入いただいている、実績のある人事管理システムです。人事に関すること、給与、就業のシステムなど様々な分野でサポートします。

人事管理システム(HCM)とは

HCMとは「Human Capital Management」の略で、企業内における人材情報をまとめて管理していく経営手法、あるいは人材情報をデータベース化して管理できるシステムのことを言います。人事管理システムと言ったほうが馴染みがあるでしょう。 

HCM(人事管理システム)で管理できるのは、従業員の氏名や年齢をはじめとする基本情報だけでなく、どこに配属されているのか、給与はいくらか、過去の昇格について、持っているスキル、さらには人事評価情報までさまざま。情報を一元管理・運用することにより、人材育成や適切な人材配置などに役立てることができます。

人事管理システム(HCM)の仕組みと使い方

人事管理システム(HCM)を導入することによって、企業は従業員情報を統合的に管理することができます。給与管理や勤怠管理などを行えるシステムも含めて人事管理システムと呼ぶことも少なくありませんが、HCMとして分類される場合には組織管理や評価管理、あるいはタレントマネジメント的要素が強いと考えていいでしょう。

つまりHCM(人事管理システム)とは、単に従業員1人ひとりの情報を集約し管理するだけではありません。それぞれの強みやスキル、さらにはキャリアアップについてどう考えているのかなど、これまでにはきちんと把握されてこなかった分野まで可視化・データ化することにより、経営戦略に役立てることができるのです。

また、人事担当者がわざわざ従業員に問い合わせをせずとも、1人ひとりがシステムへとログインし必要な情報等を入力することができるなど、人事業務の効率化、負担軽減に繋がるのも特徴と言えるでしょう。

人事管理システム(HCM)の機能

人事管理システム(HCM)で利用できる機能はさまざまです。従業員の基本情報やスキル、評価履歴、入退社や異動情報などを管理できる人材データベースの管理機能のほか、360度評価やOKR、MBOなどに対応する人事評価のワークフロー機能も。従業員の評価分布状況をグラフィカルに表示できるものや、1on1の面談履歴を残せるものも少なくありません。従業員側からは自身のデータを確認・更新できるだけでなく、個人の目標を設定できることもあるでしょう。

さらには、従業員満足度の確認や研修受講後のフィードバックなどにも役立つ社員アンケート機能、従業員の入れ替えを想定したシミュレーション機能など、それぞれのHCMによって機能は多岐にわたります。

人事管理システム(HCM)のメリット・デメリット

人事管理システム(HCM)では、従業員の基本情報や評価情報、スキルや適性などの一元管理が可能。集約したデータをもとに人事管理業務の効率化や人事データの経営への活用などを叶えられます。しかし、多くのメリットがある一方で、いくつかデメリットがあることも事実。ここからは、 HCMを導入することのメリットとデメリットをそれぞれ3つずつ確認していきましょう。

メリット

①人事管理業務を効率化できる

人事管理業務は、予想以上に負担が大きいもの。従業員1人ひとりの個人情報の管理、さらには人事評価の管理や要員配置など、カバーしている業務はさまざまです。 HCMを導入すればそれらの業務を1つのツールでまとめて行えるため、煩雑な業務を軽減できるほか人件費の抑制にも繋げられるでしょう。それぞれの業務で別のソフトを導入するより、費用が安く済むのもポイントです。

②人事管理業務のミスを軽減できる

人事管理業務と一口に言ってもその業務は多岐にわたるものです。負担が多いからこそちょっとしたミスが頻出しやすいことも。Excelなどでデータを管理しているという場合にはなおさらです。しかしHCMを導入しておけば、従業員が自分でデータの参照・更新ができるほか、データ分析なども自動で行え、ミスが軽減できるでしょう。

③人材育成に繋げられる

HCMを導入することによって、従業員1人ひとりのデータベースを構築することができるため、そのデータベースをもとに分析を行い、これまでよりも戦略的な人材育成を行うことができます。社内の現状をより具体的に把握できることによって、効果的な採用活動にも繋がるでしょう。

デメリット

①セキュリティ面に気を付ける必要がある

HCMには従業員の基本情報が集約されているため、セキュリティ面には徹底して気を付ける必要があります。権限設定やIPアドレス制限、データの暗号化など、セキュリティ面の機能が充実しているものを選びましょう。

②ランニングコストがかかる

HCMの主流は気軽に導入することのできるクラウドシステムですが、基本的には月額あるいは年額の利用料金が発生します。ユーザー数による課金制の場合、従業員が多ければ多いほど予想以上に費用が膨らむこともあるため、導入する際には複数のシステムで相見積もりを取りましょう。

③効果が出るまでに時間がかかる

HCMに限った話ではありませんが、システムを導入すればすぐに効果が出るわけではありません。まずはじめは新たに導入されたシステムに慣れるところから始めなければならないため、効果が出るのを焦らないように注意しましょう。

人事管理システム(HCM)の選び方

人事管理システム(HCM)を導入するとしても、数あるシステムの中からどのように選べばいいのか悩んでしまうことも少なくありません。HCM選定の際には、以下のポイントに注意しましょう。

まずはじめに注意しておきたいのが、使いやすいシステムなのかどうかです。システムを導入するにあたっては、より早く社内に定着させたいもの。定着が早ければ早いほど、導入効果を早く感じることができるはずです。そのためには、なるべく使いやすいシステムであることが必須条件。無料トライアルを活用するなどして、すぐに使いこなせそうかきちんと確認しておきましょう。

また、セキュリティ対策が万全かどうかも重要なポイント。HCMは主にクラウド型で提供されていますが、クラウド型=インターネット上で利用するシステムということなので、常にリスクと隣り合わせと言っても過言ではありません。プライバシーマークは取得しているのか、IPアドレスやデバイスの制限はできるか、ファイルやデータ、通信はすべて暗号化されているのかなど、セキュリティ面についてきちんと確認してから導入しましょう。

人事管理システム(HCM)の価格・料金相場

人事管理システム(HCM)は、多くの企業から提供されており、価格・料金設定もそれぞれ異なります。基本的には、初期費用、月額費用、保守費用等で成り立ち、見積りの依頼後、各企業の課題や希望に合わせ、さまざまなオプションを組み合わせた後に料金が決まります。

月額費用は、必要とする機能と利用人数(ライセンス数)、利用年数等で変動することが多く、ライセンスの購入なのか、クラウド版の利用なのかなど、導入形態によっても金額が変わります。

大まかな料金相場は以下の通りです。

【人事管理システム(HCM)の価格・料金相場】

初期費用 0円~25万円、80~200万円程度

月額使用料 1人あたり 300円~6000円程度

 ※最低利用人数はシステムにより異なります

人事管理システム(HCM)のシェア

人事管理システム(HCM)を導入するにあたって参考にしたいのが、主要システムのシェアです。どのようなシステムが数多く導入されているのか、確認しておきましょう。

例えば、人事評価に特化した人事管理システムとして多くの人気を集めている「カオナビ」は、利用企業数2,000社を記録。数多くのクラウドシステムを提供しているfreee社の「人事労務freee」は、タレントマネジメントというよりも労務事務の一元化に特化したシステムですが、なんと25万もの事業者に導入されています。

タレントマネジメントやエンゲージメントの向上などを叶えられる日立ソリューションズの「リシテア」は1,400社以上の導入実績。シリーズ累計で1万3,000社以上もの導入実績を誇るjinjerシリーズの1つ「jinjer人事」も多くの人気を集めているようです。

人事管理システム(HCM)以外のSaaS

アイミツSaaSでは人事管理システム(HCM)以外のSaaSを取り扱っています。是非、その他のSaaS選びにもご活用ください。