モチベーション管理システム

モチベーション管理システム 46サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。条件を選択することで、従業員サーベイが可能なモチベーション管理システムやストレスチェックができるモチベーション管理システム、チャットなどでコミュニケーションが取れるモチベーション管理システムなどを探すことが出来ます。

モチベーション管理システムの検索結果

46件のモチベーション管理システムをご紹介します。

該当 46 1ページ目 1〜20件
上場企業導入実績あり

モチベーションクラウドは、これまでのリンクアンドモチベーションが取り組んできた、組織人事コンサルティングなどのノウハウをもとに開発された国内初のモチベーション管理システムです。「エンゲージメントスコア」によって組織の測定し、組織のサイクルが回します。

無料プランあり

ハイジは、約8割を占める離職理由である「衛生要因(ハイジーンファクター)」に特化したモチベーション管理システムです。離職率削減や従業員の人材定着を叶えるために組織課題を見える化し、改善施策の選定、実行をサポートします。

jinjerは、国内初、人事の領域データを横断的に管理をできるモチベーション管理システムです。可視化が難しかった人事データの可視化、数値化を実現することで、人事戦略の最適化、人事業務の効率向上、さらに、企業経営の支援を目指します。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

wevoxは従業員の声から課題を可視化させ、データとAIによって改善を目指すモチベーション管理ツールです。従業員の声からワークエンゲージメントや従業員エンゲージメントを測定し、組織としての課題を可視化させ、データとAIを基に改善を可能とするエンゲージメントサーベイツール、サーベイのやりっぱなしを防ぐ自走支援、また、エンゲージメントの理論や実践を学ぶ交流型スクールなど、利用者の皆様で働きがいをつくっていくエンゲージメントプラットフォームです。

上場企業導入実績あり

モティファイエイチアールは、全従業員の可能性を最大限に引き出すためのモチベーション管理システムです。エンゲージメントやオンボーディングなどの様々なサポートをします。

上場企業導入実績あり

Willysmは、従業員のモチベーションや組織の生産の性向上を目的としたモチベーション管理システムです。従業員や組織の気持ちを見える化し、健康経営促進や生産性向上、ポジティブ組織化、離職率の低減を目指しています。

上場企業導入実績あり

ラフールサーベイは、「個人が変われることによって、組織が変わる」をテーマにしてモチベーション管理システムです。心身の健康状態をはじめ、ハラスメントリスクや離職リスク、またエンゲージメントなどの多様な組織の課題を明確にします。

Talknote株式会社
上場企業導入実績あり

Talknoteはトピックごとにフィード型のコミュニケーションを構築し、オープンな環境で社内の情報を資産化できます。 利用状況や投稿量などを解析して定量化でき、社員のコンディションを把握することにも役立ちます。

上場企業導入実績あり

スマレビ for 360°とは、株式会社シーベースが提供する360度評価が可能なクラウド型の人事評価システムです。企業500社以上に導入した実績有り。多くの導入実績をもとにしたノウハウから生まれた綿密な設問設計によるサーベイを提供します。本格的で手軽な導入、ニーズに合わせたセミオーダーメイド設計も可能です。本人と他者の認識ギャップを具体化して理解しやすい直感的なフィードバックレポート、組織レポートで強みと改善点を把握できます。また、組織の状況を把握し、行動改善シートやガイド動画で分かりやすくサポートします。組織、社員の育成を実現し、リーダー候補のピックアップやハラスメント傾向の把握も可能にします。ハラスメント対策、エンゲージメント向上、離職防止、評価制度の見直し、リモートワーク、次世代リーダー育成、理念浸透、ダイバーシティ対応など豊富な機能も装備しています。

上場企業導入実績あり

COMPANYは大手企業へ向けた人材管理システムとしてNo.1を誇ります。人事や労務自事業に関して、様々な機能や項目を有しており、各種申請、承認業務のも対応しております。大手企業から地方自治体まで、複雑な給与の計算や独自の人事評価としてご利用いただけます。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

タレントパレットとは、株式会社プラスアルファ・コンサルティングが提供するマーケティング思考を取り入れて科学的人事を可能にする人事評価システムです。大規模から小規模までさまざまな場所で活用されています。あらゆる人材データを一元化・分析・活用して科学的人事戦略を実現。人材データを社員に紐づけて一元管理し、抜擢、育成への活用、MBO、OKR、360度評価、コピテンシー評価などの評価制度から甘辛調整や調整フローの判断を効率化できます。他にも、シミュレーション可能な人材の最適配置、社員個人に適した研修やeラーニング適応、多角的な社員のポートフォリオ化、モチベーション・エンゲージメントを把握、離職特徴分析での離職防止、採用管理・ミスマッチ防止など人事評価を最適化する機能が満載です。在宅勤務中の社員の状況も管理・分析可能なのでテレワークにも最適。導入支援、高度な活用方法まで専門コンサルタントがしっかりサポートします。

The Amoebaは、京セラコミュニケーションシステムが提供する人事管理システムです。人事と経営の数字を連動させ、アメーバ経営を継続的に実践できる制度作り、人材育成ができる環境作りをサポートします。

株式会社Odd-e Japanはタレントマネジメントシステムの開発例です。

MyReferは、国内初のリファラル採用活性化クラウドサービスです。制度設計から運用・採用成功まで、課題に沿ったプログラムを用意してくれるため、効率的に採用力の強化ができます。

P-TH+とは、AJS株式会社が提供するExcelとWebを使って既存の人事評価制度・評価シートをそのままにシステム化できる人事評価システムです。クラウド型なので高価なサーバーを準備する必要はありません。既存の評価制度を変更せずにスムーズに導入できます。Web Microsoft Excelを連動しているので使い慣れたインターフェースでの操作が可能です。システム化による人事評価業務の徹底的な効率化、業務負担軽減を実現。部下とのコミュニケーションの活性化にもつながります。評価データはシステムに蓄積されて一元化されるので人材情報を見える化されて参照、管理、分析はリアルタイムで可能です。項目は自由にカスタマイズでき、PCだけでなくモバイル端末からの簡易入力できるので、場所を選ばずどこからでも利用できます。

上場企業導入実績あり

HR-Platformとは、フォスターリンク株式会社が提供する、面倒な人事業務をWebで一元管理できる人事評価システムです。社員プロファイル&申請ワークフロー機能で人事業務を一元化し、必要な情報をいつでも閲覧、検索、出力できます。会社・部門目標と個人目標を連鎖して目標管理制度や人事評価制度の運用プロセスの見える化や評価データの集計の自動化が可能です。住所等の変更事項は社員自身が行うセルフサービス型。未記入時・登録時には最速メール送信もできるのでさまざまな人事業務の業務負担を大幅に削減することができます。目標管理・人事評価、360度フィードバック、マイナンバー管理、モチベーションの維持に役立つ従業員意識調査、従業員の人事情報と連携する自己申告制度など効果的な機能でバックアップし、人事業務のあらゆる課題を解決します。

トライアルあり

適性検査CUBICは、採用・育成・組織場面においてのマッチングを実現します。6,000社以上に支持されており、タレントマネジメントシステム導入することによって、良質な従業員のデータ収集や、AIとの連携により高度な分析を提供いたします。

上場企業導入実績あり

welldayは日常業務で使用されているコミュニケーションツール、サーベイのデータなどを解析して、リアルタイムで従業員や組織のコンディションを可視化できるモチベーション管理ツールです。人事、マネージャーがリモートワークを行っていても従業員の様子を的確に把握し、マネジメントに活用できるような情報を提供します。

TimePro-NXは多くの企業に導入されているモチベーション管理のパッケージソフトです。様々な処理を電子化することによって、リアル性を高め、スムーズな勤務管理を目指すことができます。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

人事奉行は人事管理・総務業務の効率化を図ります。総務や人事部門の日常業務の生産性を向上させ、人事情報を効率的に管理することができます。従来の人事システムにはなかった、新しいシステム活用方法をご提案するします。

モチベーション管理システムとは

モチベーション管理システムとは、従業員のモチベーションに関わるデータを収集・分析できるツールです。業務への満足度や従業員同士の人間関係などをアンケート等を駆使して可視化し、適切なモチベーション管理や人事評価へと繋げることができます。

また、会社全体のパフォーマンスの向上を目的とした最適な人材配置や離職防止のためのアプローチに役立てることができるのも特徴。従業員のモチベーション管理をおこない、生産性の向上や離職率低下に繋げたいと考える企業にはうってつけのシステムと言えるでしょう。

モチベーション管理システムの仕組みと使い方

モチベーション管理システムは、従業員の業務へのモチベーションに関連するさまざまな評価や情報を収集・分析することことができるシステムです。分析を通し、本来であれば見える化されてこなかった仕事に対するモチベーションや意識を、1つのデータとして管理することができます。

具体的には、基本的な従業員の情報や業績・評価、さらにはアンケートで収集されるフィードバックなどの情報を集約し、会社全体のモチベーション、ならびにパフォーマンスの向上のほか、最適な人材配置による離職防止を叶えることができます。モチベーション管理システムを導入することで、人事データの収集、離職等の原因分析、対策の実施といったサイクルを確立することができるため、着実に結果を残すことができるのです。

モチベーション管理のシステム機能

モチベーション管理システムは、大きく分類するとサーベイ機能(アンケート機能)・サーベイ結果の分析機能・コミュニケーション機能、それ以外の諸々4つの機能を備えています。

サーベイ機能(アンケート機能)に分類されるのは、従業員満足度調査(サーベイ)機能や設問のテンプレート機能、独自の設問登録機能など。サーベイ結果の分析機能に分類されるのは、調査(サーベイ)結果の自動集計機能や調査(サーベイ)結果の分析レポート機能、アドバイスコメントの表示機能などがあげられます。

コミュニケーション機能が担うのは、従業員同士で気軽にやりとりできるチャット機能。その他の機能としては、ストレスチェック機能や課題のレコメンド機能などが用意されています。

モチベーション管理システムのメリット・デメリット

従業員に対するアンケート結果や人材情報などを集約・分析・可視化することによって、従業員のモチベーション向上や離職率の低下などを叶えることができるモチベーション管理システム。導入するにあたっては多くのメリットがあると同時にデメリットもいくつかあげられます。ここからは、メリットとデメリットをそれぞれ確認していきましょう。

メリット

①生産性の向上

モチベーション管理システムを導入する大きなメリットとしてあげられるのが、従業員の生産性を向上できるという点です。

モチベーション管理システムを導入すると、データの集約・分析によって「従業員のモチベーションがなぜ低下しているのか」といった原因を把握し対策をとることができるため、結果的に従業員のパフォーマンス向上へと繋げることができます。

②離職の防止

モチベーション管理システムの導入は従業員の離職率低下に役立ちます。アンケート調査などを通して、従業員が会社・仕事に対しどう思っているのか、またどのような不満があるのかを把握することができるため、離職に繋がる問題の早期発見に繋げることができます。また、データの分析により離職者の心理的な傾向を把握することも可能です。

③人材の適正配置

モチベーション管理システムは、適正な人材配置をおこなうためにも有効です。モチベーション管理システムの中には、従業員の業務へのモチベーションのみならず、業務への適正やその他の人材情報、これまでの評価や実績をまとめて管理できるものも数多く存在します。あらゆる情報を通し、従業員の特性を把握できるため、どの部署に配属させるべきなのか、どのような業務で最高のパフォーマンスを発揮できるのかを適切に判断することができます。

デメリット

①モチベーション管理の必要性を周知する必要がある

せっかく費用をかけモチベーション管理システムを導入しても、システム自体が会社や現場に浸透しなければ宝の持ち腐れとなってしまいます。モチベーション管理の必要性を従業員と管理者が理解し、積極的に活用してこそシステムの真価が発揮されるため、導入時の徹底した周知が重要と言えます。

②すぐに効果が出ない恐れも

モチベーション管理システムを導入したからと言って、すぐに効果を感じられるとは限りません。まずはアンケートをはじめとするデータの収集から始める必要があり、データが集まれば分析、分析が終われば対策、また対策後さらにデータ収集といったフローを踏んでいかなければなりません。効果が表れるまではある程度の時間がかかると予想しておきましょう。

③十分なデータが取れない場合も

モチベーション管理システムを導入するだけでは、分析するために十分なデータが集まらないこともあります。自社のスタイルに適したシステムを選択できていない場合、手間がかかり面倒になるというパターンや、アンケート結果がマイナス評価に繋がることを恐れ上辺だけの回答になるというパターンも起こりえます。正確なデータをとるためには、従業員全員が積極的かつ安心してアンケートに答えられる状態にすることが重要です。

モチベーション管理システムの選び方

数あるモチベーション管理システムの中から、自社にとって最適なシステムを選ぶためには押さえておきたいいくつかのポイントがあります。その中でも特に重要なのが、必要としている機能がきちんと揃っているかという点です。

例えば、より適切な人材配置を第一の目的としている場合にはそれぞれの特性理解に特化した機能が必要となるでしょう。一方、離職率の低下が目的という場合には、ストレスチェック機能やリスク管理機能を利用できるものがうってつけです。どのような機能が必要なのかを社内で整理してから選定を始めましょう。

また、モチベーション管理システムに限った話ではありませんが使いやすいシステムかという点も非常に重要なポイントです。システムの導入がかえって従業員のストレスとならぬよう、無料トライアル期間を活用するなどして使いやすさを確認しておくと安心でしょう。

モチベーション管理システムの価格・料金相場

モチベーション管理システムの料金は、クラウド型でのサービス提供が主流です。価格形態は統一のプランを設けず組織の規模や利用したい機能、人数によって提案される形式が多く、各サービスによって価格帯が異なります。シンプルな機能のサービスでは0円で利用できるモチベーション管理システムもあります。

【料金設定の目安】

・クラウド型

初期費用:0〜33万円

月額費用:0〜1,100円/人 0〜30万円/社

・オンプレミス型

初期費用:100万円〜

※費用は問い合わせが必要な場合が多い

モチベーション管理システム以外のSaaS

アイミツSaaSではモチベーション管理システム以外のSaaSを取り扱っています。是非、その他のSaaS選びにもご活用ください。