マーケティングオートメーション(MA)

マーケティングオートメーション(MA) 33サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。条件を選択することで、リードの管理機能があるマーケティングオートメーション(MA)やスコアリングができるマーケティングオートメーション(MA)、大手企業に導入実績のあるマーケティングオートメーション(MA)などを探すこと出来ます。

マーケティングオートメーション(MA)の検索結果

33件のマーケティングオートメーション(MA)をご紹介します。

該当 33 1ページ目 1〜20件

Pardotとは、B2Bマーケティングの自動化を支援するMAツールです。成約のために必要な情報を営業担当者にスマートに伝達。マーケティングや営業の単純作業を自動化することで、ビジネスの成長をサポートします。

上場企業導入実績あり

Marketo Engageとは、顧客との良好な関係を構築・継続させるための顧客体験を設計できるMAツールです。全世界で5,000以上の導入数があり、あらゆるビジネスニーズに応えるための、拡張性と柔軟なサービス連携も実施しています。

SHANON MARKETING PLATFORMとは、新規リードの獲得と購買フェーズの引き上げを解決するMAツールです。Webパーソナライズによるリード獲得のサポート、顧客管理、シナリオ設計による購買フェーズの引き上げなどで営業活動を支援します。

上場企業導入実績あり

SATORIとは、1,000社以上が導入する国産認知度No.1のMAツールです。通常のMAツール機能に加え、匿名ユーザーへもアプローチする「アンノウンマーケティング」で、リードジェネレーションに強く、webサイト上のコンバージョンを促します。

トライアルあり 無料プランあり 上場企業導入実績あり

HubSpot CRMとは、HubSpot Japan株式会社が提供する顧客情報の管理だけじゃない多様な業務に役立つ無料のCRMです。手動でのレポート更新、売上目標進捗状況を営業担当者へ確認というような煩雑な作業はすべておまかせ可能です。直感的で見やすいダッシュボードでリアルタイムに営業パイプラインを可視化。売上目標営業チームの活動、生産性、業績に関する詳細なレポートは成果目標の達成に役立ちます。最大100万件の従業員数を登録でき、ユーザー数、ストレージ容量は無制限、利用制限なし。業務自動化ツールで時間節約、2,000万社を超える登録企業のデータ、自動的に連携するコンタクトレコードが潜在顧客へのアプローチにつながります。他にもミーティングのスケジュール設定、ウェブチャット、Eメールテンプレート、コールなどの無料で利用できる機能が満載で、幅広い業務の効率化、活性化を促進します。

上場企業導入実績あり

List Finderとは、上場企業シェアNo.1、導入実績1,500社以上の国産MAツールです。シンプルな操作方法と丁寧なサポートがついているので初心者でも安心。継続的な顧客開拓・売上向上を目的とした構築を、さまざまな機能で支援します。

ゾーホージャパン株式会社
3.6
無料プランあり 上場企業導入実績あり

Zoho CRMとは、BtoB・BtoC 対応のCRMであり、世界25万社以上が導入しています。初期費用0円、永久無料の無料プランありと圧倒的な低コストを実現。 直感的で使いやすい操作性のインターフェイスで初めてでも簡単。さらに2021年8月にリリースされたカスタマイズ機能「キャンバス」で、好みのデザイン・配置に大幅にカスタマイズしたオーダーメイドCRMを簡単に作れるように。 顧客の氏名・住所・連絡先などの基本情報、商談履歴や提案書といった関連情報に至るまで、全ての情報を一元管理・共有できるので営業プロセスの可視化を促し業務効率向上を促します。 商談化率300%、一人当たりの売上高41%、顧客の解約率-27%、商談にかかる期間-24%の実績有り(利用ユーザーへのアンケート調査)。 柔軟なカスタマイズ、レポートの作成やフォローメール送信などの自動化で不要な手間をなくし営業戦略達成に導きます。無料のモバイルアプリを使えば外出先などどのようなところからでもアクセス可能。使い方動画やノウハウ資料も豊富に提供されています。 ご希望があれば、認定パートナーがニーズに合わせて構築支援などのサポートを提供することもできます。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

Synergy!とは、シナジーマーケティング株式会社が提供する本当に必要な機能だけを厳選搭載した成果につながるクラウドベースの国産CRMです。ITreview CRM部門、MA部門でLeader章受章(CRM部門では6回連続)した実績があり、多くの方に利用されています。集客、顧客情報の統合・一元化、クロスチャネル・メッセージング、分析まで、マーケティング課題を解決するソリューションがあらゆる活動を支えます。操作性抜群のシンプルな画面デザインはマニュアル不要でスムーズかつ効率的に使用可能。細やかな権限設定・操作ログ・強制ログオフ・二重ログイン検知などが利用できる堅牢なセキュリティを備えています。顧客満足度80%の充実サポートの無料サポートセンターも完備しており、ニーズに合わせたプラン、設定を提案する活動支援サービスも利用可能です。

上場企業導入実績あり

KAIROS3とは、DX営業を促進させるMAツールです。中小企業、製造業など様々な導入実績があり、見込み客のあらゆるオンライン行動を記録し、さらに行動量でランク付けをします。関心度ランクでアプローチするべき顧客がわかりやすく、営業活動をサポートします。

上場企業導入実績あり

b→dashとは、SQLを利用せずにノーコードでオールインワンのデータ取り込み、加工、統合、抽出、活用が可能なメール配信システムです。110を超える業種の13万テーブル分の統合ナレッジをGUIに昇華させた技術のデータパレットが特徴です。Webサイト上の行動履歴や企業が持つ顧客情報や購買情報、商品情報だけでなく、広告情報や地域情報や天気の情報までもを取込み、関連付けることで多様な分析を行うことができます。精密な分析を行うことで、顧客インサイトを導き出し、最適なマーケティングを行うことが可能となります。また、サイトに訪れた顧客の行動情報をもとに、適切なタイミングでバナーを表示しクーポンを配布したり、告知したりするなどのアプローチを行うことも可能です。

株式会社ハンモック
3.7
上場企業導入実績あり

ホットプロファイルとは、名刺管理だけでなく顧客管理や営業支援にも活用が可能な名刺管理ソフトです。日々の営業活動を分析し、次の受注につながる受注企業に近い企業を自動で抽出してくれる「ホットプロファイル Sales」と、社内に眠っている名刺や購入データを活用することで見込み客を発掘可能な「ホットプロファイル Marketing」の2つのサービスが展開されています。名刺スキャン機能では、撮影やスキャンしてデータ化した後にオペレーターによる入力補正を行うため、正確な顧客情報を管理できるのも魅力のひとつ。また、自社の課題に合わせた段階的な導入も可能なので、まずは基本の機能である名刺管理機能の導入から試していくこともできます。簡単な操作が特徴で営業部門に負担をかげず、すぐに導入して使い始めることもできるため、初めて名刺管理ソフトを導入する企業にもおすすめです。

無料プランあり

サスケとは、見込み客育成に特化したクラウド型のSFA(営業支援システム)です。1,000社以上のインサイドセールス支援・導入実績を持ち、継続率は98.9%と多くの企業から支持されています。案件・商談管理、営業記録などのSFA(営業支援システム)機能だけでなく、CRM・MAツールとしての機能を搭載していることが特徴。CRM・MAツールとしては国内唯一、CTI機能(PC上での電話発信と記録)を搭載しており、1クリックで見込み客に発信や自動で録音記録が可能です。インサイドセールスの他にもメールマーケティングや電話マーケティング、顧客の行動を分析しマーケティング活動を自動化、名刺・アンケートのデータ化など、マーケティング部門と連携した顧客管理を行えます。

無料プランあり 上場企業導入実績あり

BowNowとは、名刺管理・営業支援・分析・メルマガ機能を無料で使えるMAツールです。複雑な設定が不要なシンプルな操作画面、MAツールを活用した集客・顧客管理・顧客ナーチャリングなどのマーケティング活動をしっかりサポートします。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

MAJINとは、顧客ひとりひとりの興味や関心に応じたコミュニケーション施策を自動化・効率化できるMAツールです。広告・顧客・外部データなどの多様なデータを取得・統合・分析・可視化し、統合的なマーケティングで売上アップをサポートします。

アクティブコアマーケティングクラウドとは、散在するデータを統合・可視化しパーソナライズされた施策を実施できるMAツールです。AI搭載で嗜好に適した1to1アプローチが可能で、顧客へのコミュニケーションを最適化します。

上場企業導入実績あり

MOTENASUとは、「心に届くおもてなしの接客」にこだわったMAツールです。集客施策から売上・顧客管理、DM発送の自動化まで、マーケティングにおける全領域に対応し、より細かなアプローチの接客ができるようサポートします。

上場企業導入実績あり

Probanceとは、顧客のニーズを予測するBtoC向けのMAツールです。機械学習により、企業保有データから顧客ニーズを予測し、メール、アプリ、SNS、広告などで効果の高いパーソナライズコミュニケーションを実現します。

トライアルあり

Dr.Marketingとは、リードジェネレーションからリードナーチャリング、営業などをまとめて管理できるMAツールです。リモートワークでも安全にインサイドセールス・営業に案件情報を受け渡すことができ、社内の販売促進活動をサポートします。

カミハヤMAとは、最短30分で導入開始できるMAツールです。インターフェースも直感的で、初めて導入する方におすすめです。15ヶ国以上で販売・20万件以上の導入実績。世界で唯一のオープンマーケティングクラウドです。

トライアルあり

うちでのこづちとは、株式会社E-Grantが提供するリピーター数増加、LTVの向上を実現するCRMです。導入企業累計650社以上、EC通販導入企業数No.1の業績があり、多くの方に利用されています。最短30日でスピード導入。日本国内のECカートや基幹システムとの自動連携にほぼ対応しているので追加のシステム開発不要で即座に導入できます。特許取得した独自の分析プログラムは、顧客満足度93%以上、2020年のこづち内流通データ2,000億円を達成しています。結果に応じ可改善施策を適応する結果検証、自社のステータス・ボトルネックを検証する顧客分析、追うべき改善結果が一目でわかる改善施策の機能などEC通販システムとの自動連携機能を用意してます。ニーズに合わせたデータ分析、そのまま報告やレポーティングに利用できるデザイン設計など豊富な機能を搭載しています。

マーケティングオートメーション(MA)とは

マーケティングオートメーション(MA)とはMarketing Automationの略語で、マーケティング活動を効率化するためのツールです。

インターネットの普及によりPCやスマホからの情報収集が主流となった今、顧客との接点や企業の宣伝活動の形は確実に変化しています。そんな時代の変化に対応すべく開発されたMAは、マーケティングの精度を上げると共に自動化し、必要なタイミングで必要なコンテンツをターゲットに届けることができるシステムです。マーケティング業務の効率化はもちろんのこと、見込み顧客との関係性の構築、プロセスの分析・可視化など、さまざまな角度からマーケティングを支援します。

マーケティングオートメーション(MA)の仕組みと使い方

MAの仕組みは顧客情報の収集・蓄積、見込み客育成、マーケティング施策の分析の3つの要素で構成されています。

マーケティングの最初の一歩は顧客情報の収集です。MAを使うことで、顧客一人ひとりに合わせたコミュニケーションを展開し、効率良く顧客情報を収集することが可能です。顧客情報の収集ができたら次は見込み顧客に対してのアプローチです。MAでは見込み顧客の行動をトラッキングできるため、収益プロセスを可視化できます。さまざまな切り口でマーケティング施策の分析が可能になり、PDCAサイクルを効率良く回せるようになるでしょう。

マーケティングオートメーション(MA)の機能

MAの機能は多岐に渡りますが、標準的な機能をいくつかご紹介します。

・見込み客(リード)管理機能

リード管理機能は宣伝活動の中で接点のあったリード(顧客)を管理するための機能です。氏名、会社名、役職、メールアドレスなどを顧客属性情報としてデータベースに一元管理することができます。また、リードトラッキング機能を利用するとサイト上のユーザーの行動履歴を可視化することができ、行動に合わせて最適なコンテンツの出し分けをすることもできます。

・コンテンツの作成機能

コンテンツの作成機能の中には、ランディングページ作成機能や各種フォームの作成機能、ポップアップバナー作成機能、広告媒体連携機能等が設けられています。広告媒体連携機能では、Google/Yahoo/Facebookなどの広告媒体と連携し、ターゲティング広告を配信することも可能です。

・スコアリング機能

スコアリング機能は見込み客の行動に対してスコアを付与する機能です。スコアは流入経路やメールの開封の有無などで、興味関心を数値化します。成約見込みの高い順からアプローチするために必要な機能です。

MA(マーケティングオートメーション)のメリット・デメリット

MAの導入によりマーケティング活動は自動化され、効率良く見込み客が獲得できるようになりますが、導入に際してはいくつかの注意点があります。導入後に「こんなはずではなかった」と後悔しないよう、事前にメリットとデメリットの両方を把握しておくことが大切です。以下、MAのメリット、デメリットについて解説します。

メリット

①人件費の削減

MAツールで業務効率化を達成することで、それまでマーケティング関連の作業に従事していた人員を削減することが可能です。業務効率化した分だけ人件費を抑えられるようになります。人手不足に悩む企業にとってはまたとないツールでしょう。

②収益の増大

MAツールの導入により優先度の高い見込み客を効率良く判別できるようになるため、購入意欲のある見込み客に集中的に営業をかけられます。またマーケティング活動自体を効率化することで、より生産性のある取り組みにリソースを割けるようになるため、収益の増大に繋げることができるでしょう。

➂他部門との連携強化

MAツールを導入することで、他部門との連携が強化できます。例えば営業部門が活用しているCRM・SFA統合機能と連携させれば、相互の顧客情報や対応履歴を確認できるため、部門間で必然的に連携が取れるようになります。

デメリット

①コストがかかる

MAの導入にはコストがかかります。MAの導入費用に加えて、マーケターの人件費、社員への教育費なども必要です。ただし、ツールを効率良く運用できればマーケティング活動の工数を大幅に削減できるため、業務効率化に伴う人件費削減、多業務へのリソースの投入も可能です。費用対効果の観点から導入を検討するようにすると失敗が少ないでしょう。

②運用人財の確保が困難

日本でMAが活用され始めてからまだ日が浅いため、運用経験のある人が少ないのが現状です。そのため、誰が担当者になっても初心者という状況になりやすく、上手く使いこなせない恐れがあります。スムーズな導入を実現するには運用人材の確保は不可欠で、MA導入の一つのハードルとなるポイントです。

➂効果がすぐには分かりにくい

マーケティング活動の自動化を実現するMAですが、全ての業務を完全自動化できる訳ではありません。また、効果があっても劇的な変化まではいかないこともあり、効果をすぐに実感できないこともあります。

マーケティングオートメーション(MA)の選び方

MA製品を選ぶ際は次の3つの点に気を付けると安心でしょう。

・必要な機能があるか

MAを選ぶ際は、必要な機能が揃っているか必ず確認して下さい。顧客管理やメール自動配信など標準的な機能については大抵の製品で搭載されていますが、自社の業態上、独自機能を必要とする場合は内容をよく調べることが必要です。また、同じMAでもマーケティングに強い製品もあれば、顧客管理に強い製品もあったりと、製品ごとに強みは異なるため、自社のニーズに適ったタイプの製品を選ぶことが大切です。

・自社で使いこなせるか

MAを選定する際は、自社で使いこなせるかどうかも要確認です。MAは活用され始めてから日が浅いため、初めて導入するという企業が大半を占めます。担当者だけでなく従業員のリテラシーに合ったものを選ばないと定着しないため、操作性については事前に確認することをおすすめします。

・価格は適切か

MA導入に際しては価格面も要チェックです。額面だけでなく費用対効果まで想定し比較検討すると失敗を避けられます。

マーケティングオートメーション(MA)の価格・料金相場

MA(マーケティングオートメーション)の導入には、基本的に初期費用と月額費用が必要です。また、必要に応じオプション使用料が発生します。料金は数万円から数十万円と幅がありますが、ユーザー数が無制限であったり機能が豊富であったりと費用対効果には期待が持てます。

料金プランが数段階で分かれているサービスも多いため、規模に応じた選択が可能です。製品のなかには、無料で利用を開始できるものもありますが、その場合必要な機能が備わっているかなど、入念な確認が必要です。MAの価格・料金相場は以下の通りです。

【料金相場】

初期費用

10~30万円程度

月額費用

4円~15万円程度

(ユーザーごと提供プランの場合 1,440円~/1ユーザー)

※無料で利用できるものもあり

マーケティングオートメーション(MA)のシェア

インターネットの普及により社会情勢が大きく変化し、マーケティング活動の重要性は一層高まっています。MA市場も2014年より右肩上がりで成長を続けています。

マーケターや営業担当者の間でもMAの必要性が認識されており、矢野経済研究所の調べによると2020年のMA国内市場規模は、420億円に成長すると予測されています。近年のスマートフォン、SNSの普及により顧客接点は拡大の一途を辿っており、MAの需要は今後さらに高まることが予想されます。

マーケティングオートメーション(MA)以外のSaaS

アイミツSaaSではマーケティングオートメーション(MA)以外のSaaSを取り扱っています。是非、その他のSaaS選びにもご活用ください。