在庫管理システム(3ページ目)

在庫管理システムの検索結果の3ページ目です。

在庫管理システムの検索結果

49件の在庫管理システムをご紹介します。

該当 49 3ページ目 41〜49件
トライアルあり 無料プランあり

LOGICは、倉庫と離れた場所にいるユーザーのやり取りをオンライン上でつなぐことが可能な在庫管理システムです。在庫情報の確認や入庫申請、出荷の指示など在庫管理に関する業務をオンラインで実現します。

株式会社ラピス

L-Stockは、入荷、出荷、在庫管理、棚卸などシンプルながらも在庫管理に 必要な機能を網羅したクラウド型の在庫管理システム。

SMILE V PowerSteelは鋼材を取り扱う、鉄鋼および非鉄金属の流通業や加工卸業向けの販売管理システム。鉄鋼業界特有の商習慣に対応した機能を搭載し、取り扱う商品や業務にあわせて活用することができます。

SMART STOCKは、入出庫、棚卸、在庫管理など必要な機能が標準搭載され、ハンディーターミナルで効率的なデータ入力が可能な在庫管理システムです。

Strawberry Jams 株式会社

いちごクラウドは、ファッション・アパレル業界に特化し顧客管理・商品在庫管理・売上管理・売り上げ分析まで幅広く対応できるシステムです。

株式会社アイ・シー・エス

WMSicsは、バーコードリーダーと連携した在庫管理システム。入出庫操作に対応しており、業務効率化をさらに加速させる機能が充実しています。

アイティークレストの在庫管理システムは、スーパーマーケットやホームセンター向けの複数荷主の在庫管理システムです。さまざまなロケーション管理に対応しています。

トランコムITS株式会社

標準WMSは、物流事業者を始めとした複数エリア倉庫等での調達・製造・販売などの物流の各現場に対応したな倉庫管理システムです。

ピタリ株式会社
無料プランあり

セールスノートは、見積・受注・発注の管理をシンプルに行えるシステムです。商品や在庫の管理も簡単に対応可能。必要な機能を後から追加することも可能なので、初期導入から長期にわたる運用まで検討しながら使うことができます。

在庫管理システムとは

在庫管理とは、自社の資材や商品とそれらに関する情報を管理することを言います。在庫管理システムでは、在庫管理に必要な業務である入庫・出庫・棚卸などの業務をデジタルで管理することによって、業務効率化や売上向上を図ることが可能です。在庫管理システムの導入により商品の入出庫をリアルタイムで追跡できるようになるため、常に正確な商品数を把握できます。常時信頼性あるデータを得られるため、在庫の過不足を解消するには最適でしょう。
管理すべき在庫数が多い、複数店舗を構えている、在庫管理の社内情報共有に問題がある、など在庫管理に関して課題を抱えている方にはおすすめの製品です。

さらに詳しく知りたい方は、在庫管理システムとは?~メリット・活用シーン徹底解説【2021】|アイミツSaaSをご覧ください。

在庫管理システムの仕組みと使い方

在庫管理システムの仕組みは在庫の見える化、データの一元管理、適正在庫数の確保で成り立っています。また集計した在庫データを分析し、適正在庫の算出をできる製品もあります。
在庫は多く抱えるほど保管コストがかかるため、経営上は必要最小限の在庫数に留めるのが理想的です。しかし、欠品の状態になると販売機会喪失につながり、消費者の信頼も失ってしまいます。そのため在庫管理は経営の要と言っても過言ではないでしょう。
会社の基幹システムの中でも在庫管理を専門に行うもので、導入により在庫管理業務の自動化が実現します。在庫管理システムの使い方としては、特に帳簿在庫と実在庫の一致、在庫の細かい情報管理、在庫管理の効率化に役立つでしょう。  

在庫管理システムの機能

在庫管理システムには多くの機能が搭載されていますが、標準的な機能として入出庫管理、在庫一覧、返品管理、棚卸、在庫分析、データ抽出、在庫一覧などの機能があります。このうちメイン機能は入出庫管理機能で、製品情報が付されたバーコード付きラベルを自動発行するなど荷受けをサポートします。
また、検品の際は専用端末を用いて効率的に行えるようになるでしょう。在庫一覧機能では製品や保管場所ごとの在庫数をリアルタイムで管理できるため、在庫の見える化をご希望の方には最適。在庫分析・データ抽出などもエクセルで管理するよりも圧倒的に便利です。
以上はあくまで標準的な機能であり、実際には製品ごとに多様な機能を搭載しているため、導入の際は機能面をよく見比べて選ぶ必要があります。

さらに詳しく知りたい方は、在庫管理システムとは?機能やメリットデメリット徹底解説【完全版】|アイミツSaaSをご覧ください。

在庫管理システムのメリット・デメリット

適性な在庫管理は経営上の重要課題であり、在庫管理システムの導入により現在抱えている多くの課題を解決できます。在庫=現金に直結するものですので、適正な在庫管理ができれば売上向上も夢ではありません。
 一見万能の在庫管理システムですが、導入に際してはいくつかの注意点もあります。以降、在庫管理システムのメリットとデメリットについて詳しく解説をします。

メリット

①過剰在庫が無くなる
在庫管理システムを導入すると、過剰在庫がなくなります。余分な在庫を持つことは保管コストがかかる上、時間の経過とともに商品が陳腐化・劣化する恐れがあります。また、売上が見込めないときには廉価販売や廃棄せざるを得ないため経営を圧迫します。その点、在庫管理システムを導入すれば売れ行きが分かるため発注をしすぎて在庫を多く抱えることが無くなります。

②欠品を防げる
在庫数は常に一定とは限りません。流行により急激に受注が伸びることもあります。想定外の売れ行きが発生した場合、在庫が不足する恐れがあります。しかし、在庫管理システムを使えば在庫状況を把握でき、システムによってはアラートを出してくれるので、欠品をすることなく販売できます。

③作業の効率化
在庫管理は手間のかかる作業で、倉庫内で数を確認してエクセルに入力をするのは非効率です。大量の在庫を抱える場合マンパワーのみでは負担が大きくなるでしょう。在庫管理システムを導入すれば倉庫内で在庫を確認しながらリアルタイムで在庫情報を更新できるため、作業の効率化が図れます。

④ヒューマンエラーの防止
在庫管理システムではバーコードなどで在庫を管理しているので、商品名の確認ミスなどが無くなります。在庫管理システムを使えば入庫から出庫までの在庫管理を自動化できるため、アナログ作業で生じがちなヒューマンエラーの防止にも役立ちます。

⑤在庫状況のリアルタイムの把握
在庫管理システムを使えば在庫数や入荷予定などをリアルタイムで一元管理できるので、倉庫の空き状況や今後の計画などを立てやすくなります。特に複数店舗で販売を行っている場合、在庫状況の一元管理は非常に役立ちます。

デメリット

①定着までに時間が必要
在庫管理システムに限らず、全ての業務システムは定着までに時間も労力も必要です。在庫管理システムを扱う従業員数が多いほど教育に手間もかかります。また、従業員のリテラシーに見合わない製品を選んでしまうとスムーズな導入は難しくなります。製品選びの際は操作性の高さ、従業員のリテラシーなど、導入に無理がないか確認をすることをおすすめします。

②システム利用のコストがかかる
大半の在庫管理システムは有料のため、システム利用についてはコストがかかります。しかし、在庫管理の自動化により在庫管理にかかる手間は省けるため、その分の人件費は削減できます。そのため一概に高いとは言い切れず、費用対効果を見込んだ上で導入を決めるのが得策です。  

在庫管理システムの選び方

在庫管理システムにはクラウド型とオンプレミス型があります。製品選びの前にどちらのタイプが適しているかを判断する必要があり、在庫管理の規模感が選び方の目安になります。
クラウド型はインターネットを介してベンダーが提供するシステムを利用するため、自社でシステム構築する必要がありません。そのため一般的に初期費用は低額で、無料のケースもあります。サービス利用に際して月額費用は発生しますが、導入ハードルが低いと言う点で資力に限りがある小規模事業者向きです。
一方オンプレミス型は自社でシステム構築を行う必要があるため、資力のある従業員数の多い大手企業に適しています。オンプレミス型はカスタマイズも自在のため、自社独自の機能が欲しい方にもおすすめです。
そのほか製品ごとに搭載している機能が異なるので、標準機能に加え、オプション機能もよく見比べた上で最適の製品を選ぶようにしてください。

在庫管理システムの価格・料金相場

在庫管理システムの料金相場はクラウド型とオンプレミス型で異なります。クラウド型は利用に際して月額料金が発生します。多くは従量課金制を採用しており、ユーザー数が多くなるほど料金はかさむため、長期大規模利用をする場合はランニングコストは高くなる傾向にあります。
一方のオンプレミス型はシステム構築を内製化するため、初期費用は高額です。案件次第ですが費用は数十万円~数百万円にのぼりますが、一たびシステムを構築すれば月額料金が発生することはないため、ランニングコストを抑えたい方にはおすすめです。

・クラウド型
初期費用:無料~10万円程度
月額費用:1万5,000円~5万円程度

・オンプレミス型
案件によって変動

在庫管理システムと販売管理システムなどの違い

在庫管理ができる主なシステムとしては、販売管理システム、生産管理システム、ERPパッケージ(受注・生産・販売・在庫管理・会計など、各種基幹業務を一元的に管理)、在庫管理システム(在庫管理の専用システム)、倉庫管理システム/WMS(在庫管理+棚入指示やピッキング・検品)があります。
販売管理システム、生産管理システム、ERPパッケージは基幹システムと呼ばれ、会社にとって中心的な活動である販売や生産、会計を管理するシステムです。基幹システムに在庫管理が付いている場合、そのほとんどは売上・仕入・製造などの処理に連動して在庫数を増減させる、いわゆる「帳簿在庫」の管理を行っています。

在庫管理表の作り方

在庫管理票は表エクセルのフォーマットを使って作成可能です。在庫管理は入庫から保管、出庫のプロセスで成り立っていることを理解し、その上で年月日、商品名(製品名)、数量、受入個数、払出個数、保管場所の各項目を作ります。
実際に在庫管理票を作る際は、小売業、飲食業、製造業など業態ごとに必要な管理項目は変わるため、自社に適した項目を任意に設定するようにしてください。
エクセルによる在庫管理は便利ですが人手がかかるため、管理すべき在庫数が多い場合は作業負担は大きくなります。在庫管理を効率化するには在庫管理システムの導入が早道です。在庫管理システムは自作する方法もありますが、手軽に導入をするにはクラウドサービスが手軽でおすすめです。運営会社によってはトライアルサービスを実施しているので、興味のある方は試しに使ってみてはいかがでしょうか。 

在庫管理システム以外のSaaS

アイミツSaaSでは在庫管理システム以外のSaaSを取り扱っています。是非、その他のSaaS選びにもご活用ください。