プロジェクト管理ツール(3ページ目)

プロジェクト管理ツールの検索結果の3ページ目です。

プロジェクト管理ツールの検索結果

61件のプロジェクト管理ツールをご紹介します。

該当 61 3ページ目 41〜60件
無料プランあり

Agilefantは、アジャイル型の開発技法を取り入れたプロジェクト管理ツールです。オンプレミス版はオープンソースなので無料、クラウド版は1人用の無料プランと、有料の4つのプランが用意されています。

トライアルあり

ReTaskはクラウド型のタスク管理ツールです。業務を見える化し、チームリーダーの悩み解決に貢献。情報共有や進捗確認を最適化し、タスク・プロジェクトのスムーズな進行に役立ちます。

Nozbe Michal Sliwinski
トライアルあり

Nozbeは、優先順位を整理して効率的にプロジェクトを進めるためのツールです。アプリやタブレットでも利用できるため場所を選ばず快適に使うことができます。

エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社

followは、エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社が提供する勤務管理サービスです。残業管理だけではなくプロジェクトの工数管理、旅費管理まで行えるため、web上ですべての勤労データを管理したいという方におすすめです。

無料プランあり

Commuは、日本初AI型のプロジェクト管理サービスです。タスクをチケット化し、AIが担当するチケットの期限が近い順に並べてくれます。また、期限が迫っているチケットをチャットボットが通知してくれので、進捗状況の確認もスムーズです。料金プランは、ユーザー数5名までの無料のフリープランを含めて4種類用意されています。

無料プランあり

ToDousは、2012年度にグッドデザイン賞を受賞したタスク・プロジェクト管理ツールです。使いやすさにこだわったシンプルな機能が特徴です。3ユーザーまでの無料プランも用意。一番利用に適している規模は20人前後のツールです。(31ユーザー以上での利用プランもあり)

ルミックス・インターナショナル株式会社

Project Canvasは、インストール型のプロジェクト管理ソフトです。ダウンロード版とパッケージ版があり、年間ライセンスまたは3年ライセンスから選択します。シンプルで使いやすいのが特徴で、ガンチャートの作成ツールとして利用可能。チームでの作業を想定しているため、情報やスケジュールの共有などもできます。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

Clarizenは、クラウド型のプロジェクト管理ソフトウェアです。業務の自動化やワークフロー機能により、業務効率化や生産性向上の実現をサポート。チームの協力体制強化にも役立つでしょう。インターフェイスやレポート・ダッシュボードは分かりやすく工夫されています。

トライアルあり

Sciformaは、企業向けのPPMソフトウェアです。プロジェクト管理は、プロジェクト・プランニング&マネジメント機能で計画から一元管理が可能。タスクレベルでリソースの計画や進捗管理などにも対応しています。

EAST2は、中小企業・中堅企業向けのプロジェクト原価管理型ERPです。プロジェクト管理のほか、勤務管理や生産管理などさまざまな機能を兼ね備えています。同社の打刻システムや倉庫拠点システムをはじめ、既存システムやグループウェアなどとの連携も可能。受注組立生産方式(CTO)を採用しているため、クライアントのニーズにあわせて柔軟にカスタマイズできます。

無料プランあり

Group Taskは、シンプルなタスク管理ツールです。仕事上のさまざまなやりとりを効率的し、スムーズなタスク・プロジェクト管理を実現します。必要な機能を厳選しているため、シンプルで使いやすいデザインなのが特徴。制限はあるものの、無料で使えるフリープランも用意されています。

株式会社ビーイング
上場企業導入実績あり

BeingManagement3は、国産のプロジェクト管理ツールです。「BeingManagement(ビーイングマネジメント)」シリーズは、2006年に発売され、これまでに約1000社が導入。自動車・造船業界をはじめ、幅広い業界のさまざまなフェーズで利用されています。単一プロジェクトはもちろん、複数(マルチ)プロジェクトを進行する環境でも、十分に効果が発揮できる製品でしょう。

arataは、「テレワークをコラボする」がコンセプトのプロジェクト・タスク管理ツールです。チームメンバーは、離れた場所でそれぞれの抱えるタスクをひと目で把握することができます。従業員を管理するためではなく、離れていても信じあえるチームをつくりたいという企業や柔軟な働き方に対応する評価制度の構築を検討している方におすすめです。

SI Object Browser PM ライト版( IT向け)は、IT企業やシステムインテグレーターに最適なプロジェクト管理ツールです。ベンチャー企業や中小企業、単一プロジェクトなど小・中規模のプロジェクト管理におすすめ。予定や実績の状況をリアルタイムで確認でき、速やかに現状を把握することができます。

上場企業導入実績あり

SI Object Browser PM フル機能版(IT向け)は、中・大規模に対応するプロジェクト管理ツールです。「PMBOK」に準拠しており、CMMIレベル3に達成可能。工事進行基準や進行基準会計にも対応しています。

株式会社Fabric Arts

ecat CLOUDとは、株式会社Fabric Artsが提供するクラウドパッケージです。プロジェクト管理はもちろん社員の情報管理、稟議管理、報告書管理、売り上げ管理まで1つで完了させることができます。

トライアルあり 無料プランあり

Genie Frame(ジニーフレーム)は、クラウド型のプロジェクト管理ツールです。プロジェクトの状況がひと目で分かるペタボー機能や、進捗確認、タスク管理などができます。質問と回答をまとめていくことで問題解決につながるので、経営改善やチームワーク改善にも役立つツールです。

トライアルあり

MA-EYESnc(システム開発業向け)は、クラウド型のシステム開発会社向けのERPシステムです。プロジェクトの進捗状況や予算管理などをリアルタイムで確認できるため、業務効率化や内部統制の強化にも役立ちます。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

SynViz S2は、クラウド型とオンプレミス型いずれかの導入形態を選べるプロジェクト管理統合プラットフォームです。プロジェクトを円滑に進めるために計画の見直しや情報共有などに役立ちます。充実した機能をもちながらもシンプルな操作で使いやすさを追求しています。

SI Object Browser PM エンジニアリング版は、建設エンジニアリングや土木工事関連、環境エンジニアリングなどに適したプロジェクト管理ツールです。原価や進捗管理はもちろん、市場調査や設計・保全などの工程も管理することができます。

プロジェクト管理ツールとは

プロジェクト管理ツールとは、プロジェクトに関わる情報を一元管理し進行に役立てるツールです。主な機能としては、タスク管理やスケジュール・カレンダー管理、チャットやメッセージなどのコミュニケーション、ファイル共有や同時編集、ガントチャートなどがあります。
導入目的としては、プロジェクト管理はもちろん、予算と実績の管理、情報分析データを用いた業務改善や経営判断など幅広い理由が挙げられます。

さらに詳しく知りたい方は、プロジェクト管理とは?代表的な手法を紹介【2021年最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。

プロジェクト管理ツールの仕組みと使い方

プロジェクト管理ツールの仕組みはメンバーのタスク管理、情報共有、業務進捗の一元管理から成り立っています。プロジェクト管理は大局的な流れを把握するだけでなく、タスク管理をしっかりと行い、各メンバーの進捗状況を把握して優先順位をつけながら様々な調整を行う必要があります。
従来、多くの会社でエクセルやカレンダー機能などを活用してタスク管理が行われていますが、リアルタイムの情報共有などに課題を抱えています。その点、プロジェクト管理ツールを使うことで情報の集約が可能になり、修正事項があればすぐに共有できるため、業務効率は飛躍的に向上します。この仕組みはエクセルやカレンダー機能にはない独自機能です。
タスク管理が可視化されれば、全体として何割の作業ができているのか、負担が偏っていないか、何が足りないのかが一目瞭然となり、問題があればすぐに対処できます。効率的にプロジェクトを管理するにはなくてはならないツールとして、現在多くの会社で使われています。    

プロジェクト管理ツールの機能

プロジェクト管理ツールの機能はさまざまですが、大きく分けてヒト・モノ・時間・情報・カネをマネジメントする機能が搭載されています。代表的な機能はタスク管理、グループウェア、ガントチャート(工程表)カレンダー、チャット機能などです。これらの機能は多くの製品で標準装備されていますが、製品によって各機能の特長は異なるので導入の際は比較検討が必要です。製品選びの際は自社のニーズをはっきりさせることで、どの製品が最適か見極めやすくなるでしょう。また、全ての機能を求めると予算を超えてしまう場合は、求める機能に優先順位をつけて、優先度の高いものから選ぶようにします。    

プロジェクト管理ツールのメリット・デメリット

プロジェクト管理ツールを導入するとタスクが可視化され、情報の蓄積や共有がしやすくなります。エクセルで管理をしている方から見ると、それほど大きな違いを感じられないかもしれませんが、プロジェクト管理ツールの活用により確実に仕事が円滑に進み、効率的な働き方ができるようになります。プロジェクト管理ツールには想像以上にメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。導入に際してはその両方を把握しておく必要があります。

メリット

①タスクが可視化される
タスクが可視化されることで、作業や運用の効率が上がるうえ、業務内容の優先順位付けもできるようになります。また、チーム全体でタスクを共有しておけば、業務内容の漏れなどを削減でき、連携をとったり臨機応変に対応したりする判断がしやすくなります。

②情報の蓄積や共有がしやすくなる
情報を一元管理するため、チームなど複数人で同時進行しているタスクもお互いの進捗状況を速やかに確認可能。無駄のないプロジェクト進行・管理を実現できるでしょう。プロジェクト管理ツールにはさまざまな種類があります。自社の目的にあった機能を持つツールを導入することで、さらなるメリットも見えてくるかもしれません。

デメリット

①使いこなせるかどうか
 管理する側はもちろん、データを入力する側がシステムを理解し、簡単に入力できなければ負荷が大きく定着するまでに時間を要してしまいます。

②導入形態によっては導入のハードルが高い
導入形態はクラウドまたはオンプレミス(パッケージ)から選択となりますが、オンプレミスの場合はクラウドと比較すると導入までの期間が長い、費用が高くなるなどそれぞれの特徴についても知っておくとよいでしょう。

さらに詳しく知りたい方は、プロジェクト管理のメリットとは?おすすめツール紹介【2021年最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。  

プロジェクト管理ツールの選び方

プロジェクト管理ツールを選ぶ際は、自社のニーズに沿った選び方が必要です。特に導入形態については規模感に相応しいものを選ぶようにしてください。
近年は低予算、少人数からの利用ができるクラウド型が主流です。初期費用を抑えられることから導入ハードルが低く、利用人数に応じた料金体系のため無駄がない点で人気を集めています。オンプレミスは導入時にシステム構築が必要で、初期費用がかかることから導入ハードルこそ高いものの自社仕様にカスタマイズできるため、独自の機能が欲しい方、社内システムとの連携を重視する方には適しています。また、クラウド型に比べてセキュリティ面は優れているため一定の需要はあります。
プロジェクト管理ツールを選ぶ際は、自社ニーズを見極めた上で機能面、導入形態など様々な視点から比較検討すると失敗を避けられるでしょう。 

さらに詳しく知りたい方は、プロジェクト管理ツールの選び方を徹底解説!注意すべきはこの5点|アイミツSaaSをご覧ください。    

プロジェクト管理ツールの価格・料金相場

プロジェクト管理ツールの料金体系は大きく分けてクラウド型とオンプレミス型で分かれます。
クラウド型はネットワーク経由で接続をして、ベンダーが提供するシステムを利用します。クラウド型は月額課金制であることが多く、初期費用が無料または低額であるのが特徴です。
オンプレミス型は自社でシステムを構築する必要があるため、一般的に初期費用は高額になります。しかし、自前でシステムを構築すればクラウド型の様に月額料金は不要のため、長期的なランニングコストを考慮すると一概に高いとは言えません。なお、オンプレミス型は保守・運用も自社対応になるため、社内に人的リソースが必要です。 

・クラウド型
月額料金(従量課金型):500円~1,500円程度/1アカウント
月額料金(月額固定型):1万円~5万円程度

プロジェクト管理ツールのシェア

プロジェクト管理ツールの市場規模は拡大のペースを上げており、多くの企業ではビジネス環境における分析の重要性を認識しています。全世界で導入が進んでいるのが特徴で、国内企業でも続々導入されています。
特に人気が高いのはガントチャート作成に特化した初心者専用の「Brabio!」で利用社数20万社を突破、また10万社で利用されている「monday.com」は複雑なプロジェクトにも対応できる点で定評があります。プロジェクトとタスク管理に特化した「Asana」で現在7万社で導入済。そのほか、全世界で1,000万ユーザーを抱える「Todoist」も要注目です。

プロジェクト管理ツール以外のSaaSサービス

アイミツSaaSではプロジェクト管理ツール以外のSaaSサービスを取り扱っています。是非、その他のSaaSサービス選びにもご活用ください。