プロジェクト管理ツールの人気おすすめランキング

プロジェクト管理ツールの人気おすすめランキングです。

プロジェクト管理ツールの人気おすすめランキングの検索結果

10件のプロジェクト管理ツールの人気おすすめランキングをご紹介します。

該当 10
無料プランあり

Trelloは、チームでのプロジェクト管理を効率的に整理するツールです。iOSとAndroidアプリもあるため、スマホやタブレット端末での利用も可能。タスクを視覚的に管理できる「かんばん方式」なので、誰でも簡単に使いこなすことができるでしょう。機能に制限があるものも、無料プランも用意されています。

株式会社ヌーラボ
トライアルあり 上場企業導入実績あり

Backlogは、ソフトウェア開発・広告代理店・新聞社など多くの業種で使われているプロジェクト管理ツールです。有料契約数は10,000社を超え国産ツールの中で高い知名度を誇るツールと言えます。シンプルで直感的に使えるデザインが特徴で、プロジェクトを進める上で必要な機能が豊富に揃っているオールインワンタイプ。基本機能があるプランはチーム向けのツールなので、チームのプロジェクトを管理する際におすすめです。

トライアルあり 無料プランあり

teamworkは、クラウド型のプロジェクト管理ツールです。

トライアルあり 無料プランあり

Jootoは、クラウド型のプロジェクト管理ツールです。ふせんを貼ったり、はがしたりするように、ドラッグ&ドロップ操作をするだけで使える「カンバン方式」を採用。誰でも簡単に操作できるシンプルなデザインが特徴です。4ユーザーまでの無料プランも用意されており、ガンチャートを含む基本機能はすべて利用できます。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

Asanaは、チームのプロジェクトとタスクを管理する豊富な機能をもつプロジェクト管理ツールです。全世界で7万社以上の導入実績があり、Google、Asana、Slackを総称してGASといわれるような新しい仕事管理の常識が日本にも登場しました。大きな特徴としてはアプリの連携数の多さです。現時点で約200ツールと連携できるので、Asanaを導入すれば連携を通じて、スムーズな業務推進が期待できます。また優れたUIと評判のため、誰でも直感的に操作ができるでしょう。

無料プランあり

Redmineは、オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアです。オープンソースなので無料で利用できます。インストールするオンプレミス版のみの提供です。(Redmineのクラウド版としては、別サービス「My Redmine」や「Planio」があります)機能は、ガンチャートやカレンダー、ロードマップ、Wikiなどがあるので、設定次第で柔軟に自社のプロジェクト管理に役立てることができるでしょう。

無料プランあり

OpenProject

トライアルあり 無料プランあり

Todoistは、クラウド型のタスク・プロジェクト管理ツールです。一日のやることを忘れずに取り組めるような機能が豊富で、重要なタスク・プロジェクトに集中する環境を整えることができます。情報共有機能で進捗を速やかに確認できるため、チーム全体の生産性向上も期待できるでしょう。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

クラウドログは、クラウド型の工数管理・プロジェクト管理ツールです。工数管理をはじめ、プロジェクト管理、勤怠管理に対応しています。ガントチャートで、プロジェクトを見える化。また、プロジェクトの工数・原価を計算してレポート化などが可能です。GoogleカレンダーやOffice365との連携を活用すれば、工数入力の手間も少なくなるでしょう。

サイボウズ株式会社

kintoneは、クラウド型の業務改善ツールです。さまざまなアプリ(業務システム)から必要なものを選択肢活用することで、業務の効率化などをサポートします。プロジェクト管理に役立つアプリは、プロジェクト管理のほか、作業依頼申請、懸案管理、タスク管理、案件管理など豊富です。情報を一元管理しプロジェクトを可視化することで、情報共有も円滑に行うことができるでしょう。