電子契約システム(2ページ目)

電子契約システムの検索結果の2ページ目です。

電子契約システムの検索結果

25件の電子契約システムをご紹介します。

該当 25 2ページ目 21〜25件
トライアルあり 上場企業導入実績あり

かんたん電子契約 for クラウドとは、契約の依頼から締結・保管までの契約業務をワンストップでデジタルで完結することができる電子契約システムです。Web面談機能があるので対面での契約申し込みを行うことができ、契約先と本人確認を行いながら契約作業ができます。紙の契約書のスキャンデータや締結した契約書などの保管ができるので、過去の書類の管理もスムーズです。また、タイムスタンプや署名の有無を選択したり、保管後の送信も行うことができます。最大30名までの契約当事者が存在する契約書への電子署名を付与することができ、取締役会議事録などに利用可能です。承認済みや締結待ち、否認済みといった契約締結状況を画面上で確認することができるので、業務のペースを把握するのに役立ちます。

SATSIGNとは、紙の契約だけでなく他社の電子契約もまとめて統合管理できる電子契約システムです。二段階認証に加え、二要素認証機能が追加され、より強固なセキュリティを保つことが可能になりました。定型契約などの契約書作成から社内決済、締結のフローを最大限短縮することができます。長期保管にも向いており、法的に決められた期間の保存が十分に可能です。また、誰が電子契約書を作成したのかを証明する電子署名を利用しているので改ざん防止に繋がります。承認状況や取引先からの書類の回収状況もWeb上で確認できるので、業務の見える化をサポートします。リモートですべての契約におけるすべての業務が完結するため、郵送などのタイムラグもなく、リアルタイムで締結を行えます。

CECTRUST-Lightとは、契約書の締結だけでなく、見積書や納品書、検収書といったあらゆる文書をまるごと原本として管理できる電子契約システムです。郵送代や印紙代、保管のための場所代を削減、封入などといった作業時間を削減します。契約書の受け渡しや保管の時間、捺印のために出社を行う時間がなくなるので、業務効率化を図ることができます。また、過去の契約書を簡単に検索・閲覧することができるので書類を探す時間も削減できます。契約書に法的に求められている長期保存に対応しており、タイムスタンプを利用することで一度登録するだけで長期にわたる原本性の保証を可能にしています。約20年間、安定して運用しており、多くの導入実績もあるので、安心して利用できます。

CMサインとは、日本国内の電子署名法、アメリカのESIGN法、ヨーロッパのeIDASに準拠しているため、国内だけでなく国外の取引にも対応できる電子契約システムです。電子署名APIを実装することで自社のサービスに合わせてカスタマイズが可能で、顧客が電子署名のプラットフォームサービスと契約せずに利用できます。オペレーションが乱雑になりがちな契約業務も1つのプラットフォームに集約できるので、業務の効率化を図ります。契約状況も自社サービス内で確認できるため、効率的に顧客にアプローチが可能です。また、電子証明書とSEIKOタイムスタンプを利用しているので電子署名法にも適用しています。

無料プランあり

Great Signとは、煩雑になりがちな契約書締結業務をオンライン上で管理画面を介して行える電子契約システムです。紙や郵送代、印紙代といった費用がかからないので契約業務のコストを削減できます。データベース上での文書保管を行えるため、保管場所の代金も削減でき、電子署名およびタイムスタンプの利用により長期保管が可能です。また優れた検索性で過去の文書を検索したり、閲覧したりすることも可能です。電子署名法や電子帳簿保存法、e文書法といった関連法案に準拠しています。IPアドレス制限や本人確認機能が利用できるプランもあり、セキュリティ面でも安心して利用できます。

電子契約システムとは

電子契約システムとは、従来の契約書とは異なり紙と印鑑を使用せずに契約を交わせるシステムです。電子契約では、印鑑や署名の代わりにPDFなどの電子ファイルに電子署名を入力して契約を締結します。インターネット経由で契約を締結するため、紙の契約書のように物理的な書類をやり取りする手間もありません。
また、単に契約書を作成するだけではなく、承認や保管などの契約に関する業務を支援する機能も。テレワークが普及している昨今、 電子契約を導入する企業が増えています。  

さらに詳しく知りたい方は、電子契約システムとは?メリットや基本的な機能を紹介!【2021最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。

電子契約システムの仕組みと使い方

紙の契約書が長い間用いられてきた理由は、改ざんの難しさにあります。改ざんが疑われる場合、印鑑や署名の筆跡を鑑定すれば、真正性の確認が可能です。仕組みは異なりますが、電子契約システムにも契約書の改ざんを防ぐための機能が備わっています。電子契約システムでは、電子署名に第三者機関が発行した電子証明書とタイムスタンプを埋め込んで契約書に法的な効力を持たせているため、改ざんは困難です。
また、暗号化技術も用いられており、契約書が改ざんされればすぐに分かります。高度なセキュリティ対策が施されている電子契約システムですが、使い方は非常に簡単です。多くのシステムでは契約内容ごとにテンプレートが用意されているので、必要な契約条件を追記・修正すれば、契約書が完成。後は契約者が電子署名を入力するだけで契約を締結できます。  

さらに詳しく知りたい方は、電子契約システムの仕組みをわかりやすく解説【2021年最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。

電子契約システムの機能

電子契約システムには電子署名や電子サインなどの基本機能のほか、さまざまな機能が備わっています。多くのシステムでは、法律の専門家が作成したテンプレートを提供。テンプレートをベースに契約書を作成すれば、業務負担の軽減に繋がります。
また、社内で承認されていない契約書の送信を防止するワークフロー機能が備わっているシステムも。取引先に契約書を送信し、署名から返信、保管までの一連の業務を管理できます。締結した契約を管理する機能も利用でき、契約期限が近づくと自動的にアラートを出してくれるので、更新漏れを予防できるでしょう。  

電子契約システムのメリット・デメリット

電子契約システムのメリットは、なんといってもオンライン上で契約が完結することです。書面契約であれば、書類作成後に印刷・捺印・郵送などさまざまな業務が発生するため、費用と時間がその分かかります。電子契約であれば、それらが不要なので短期間かつ低コストで契約を締結することが可能です。検索機能を活用すれば、過去の契約書類を見つけることも簡単でしょう。一方でデメリットとなる点にも注意した上で、導入を検討してください。

メリット
①契約手結までの期間を短縮電子契約システムには、契約締結までの期間を短縮できるメリットがあります。テンプレートを利用すれば、いちから契約書を作成する必要がなくなる上、紙を使用しないため物理的な書類の受け渡しも不要です。ワークフロー機能を活用すれば、承認までの期間も短縮できます。

②コスト削減電子契約システムを導入すれば、契約に伴うコストを削減できます。紙の契約書を交付する場合、印紙税や紙代、送料などが必要です。特に印紙税は、契約金額が高くなるほど高額になるため、メリットも大きいです。高額な商材を扱っている場合は、導入を検討してみると良いでしょう。

③契約書の管理を効率化電子契約システムを活用すれば、契約書の管理を効率化できます。システム上で検索するだけで、目的の契約書にすぐにアクセスできるほか、契約期限が近づくと通知する機能も。原本はサーバー上に保管されるので、契約書を紛失する心配もありません。

デメリット
①契約によっては電子契約を利用できない法的な効力が認められている電子契約ですが、一部の契約には利用できないことも。定期借地契約などの契約は、法律で書面による契約書の交付が義務付けられています。すべての契約に利用できるとは限らない点は、デメリットと言えるでしょう。

②情報漏えいのリスク強固なセキュリティ対策が施されている電子契約システムですが、情報漏えいのリスクがまったくないわけではありません。紙の契約書に盗難や紛失のリスクがあるように、電子契約書もサイバー攻撃の標的になる可能性があります。電子契約でも契約書は慎重に取り扱わなければなりません。

③社内・社外で理解を得る必要がある電子契約システムは、社内・社外で理解を得られなければ、導入が難しくなるデメリットも。電子契約のシステムを導入する場合、社内の業務フローを変更しなければなりません。また、主要な取引先が電子契約を認めていなければ、導入は難しいでしょう。 

さらに詳しく知りたい方は、電子契約システムのメリット・デメリットまとめ【2021年最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。 

電子契約システムの選び方

 電子契約システムの選び方について解説します。システムを比較する際は、自社の用途に対応できるか、費用対効果が高いか、セキュリティ対策をチェックしましょう。自社の用途に合った機能が備わっていなければ、電子契約のメリットを得られません。システムを比較する前に、必要な機能を洗い出しておくと、製品選びをスムーズに進められるでしょう。
また、不要な機能が多い電子契約システムを導入するとコストが割高になってしまう恐れも。必要な機能に優先順位をつけて、何を重視するのかを明確にしておくことも重要です。情報が漏えいすると自社だけではなく、取引先にも迷惑を掛けてしまう可能性があります。システム自体のセキュリティ対策はもちろん、ベンダーがISMSなどの情報セキュリティマネジメントの承認を受けているかどうかも確認しましょう。

さらに詳しく知りたい方は、電子契約システムの選び方を徹底解説!【2021最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。  

電子契約システムの価格・料金相場

電子契約システムの料金相場は、月額1~4万円です。プランによっては、月額料金とは別に書類を送付するごとに料金が掛かることもあります。
1回あたりの価格が、50~300円程度に設定されているケースが多いです。また、サービスごとに利用可能なユーザー数も異なります。一見すると高額に見えるプランでも、1ユーザー単位の価格を比較すると割安な場合も。実際に利用する人数で料金を比較することが大切です。
月額費用:1万円~4万円
契約1件あたり:50円~300円  

電子契約システムとEDIとの違い

EDIは「企業間(B to B)」に限定していますが、電子契約にその限定はありません。また、EDIは業界など多数の企業による「広く合意された標準的な規約に基づいて」制定された通信プロトコルやフォームを前提とする一方、電子契約では書面契約同様、個別企業間の自由にまかされています。その他、電子契約は証拠力強化の手段として、電子署名とタイムスタンプを前提にしていますが、EDIにはそのような限定は通常ありません。

電子サインと電子署名の違い

電子契約システムの中核を成す署名機能ですが、現在のシステムでは電子サインと電子署名の2種類が用いられています。電子署名は、第三者機関を介して本人による契約であることを証明する仕組みです。電子署名には、電子承認局や時刻承認局が発行した電子証明書とタイムスタンプが埋め込まれているため、以前は法的効力が強いとされていました。一方で、事前登録が必要な上、証明書の発行に時間が掛かるデメリットも。
そんな中、2020年に政府が電子証明書のない署名も法的に有効であるとする見解を示したことで電子サインが使用されるケースも増えています。電子サインは、メールアドレスやSNSのIDなどで認証する仕組みで、電子署名のような事前登録の手間もありません。利便性の高さから今後は、電子サインが普及していくと考えられています。  

さらに詳しく知りたい方は、電子契約と電子署名の違いとは?利用時のメリット・注意点を徹底解説|アイミツSaaSをご覧ください。

電子契約システム以外のSaaS

アイミツSaaSでは電子契約システム以外のSaaSを取り扱っています。是非、その他のSaaS選びにもご活用ください。