英語に対応しているナレッジマネジメント

英語に対応しているナレッジマネジメント8サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。

英語に対応しているナレッジマネジメントの検索結果

8件の英語に対応しているナレッジマネジメントをご紹介します。

該当 81 ページ目 1〜8件

NotePMは、社内マニュアルや業務ノウハウ、製品設計書など、さまざまな情報を一元管理できるナレッジマネジメントツール。シンプルに必要な機能が揃っており、使いやすさが魅力です。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

チームの生産性を向上させるツール・Qiita Team。日報や議事録による情報共有を促進し、組織の見える化と属人化の排除を実現します。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

DocBaseは、簡単使える情報共有ツールです。チーム内の連携を強化し、組織の成長をサポート。国内トップレベルのセキュリティ体制も特長で、テレワークに適した機能も多く備えています。

トライアルあり 無料プランあり 上場企業導入実績あり

Kibelaはビットジャーニーが提供するナレッジマネジメントツール。情報共有に役立つ多くの機能を、シンプルな画面で簡単に利用できます。

株式会社アジャイルウェア
トライアルあり 無料プランあり

GIJIは、会議の無駄を徹底的に排除するための議事録作成ツールです。誰でも記入しやすいフォーマットを採用しており、後に清書を行うことなく会議の場で議事録が完成できるのが特徴。メンバーとの同時編集も可能なため、効率よく会議を進めることができます。

トライアルあり

OKWAVE IBiSEは、問い合わせ削減・業務効率化に役立つツールです。顧客からの問い合わせを一元管理でき、専門知識不要で使い方も簡単。

Avaya Spacesは、通話やビデオ会議、タスク管理、ファイル共有などが1つで完結する業務処理ツールです。部署を越えて利用することができるため、意思決定におけるスピードが各段に上がります。

株式会社セールスフォース・ドットコム

Salesforce Anywhereは、営業チームの業務を効率化をするためのCRMツールです。AIで重要なアクションを表示させ、必要な情報だけを確認できるため、スピーディーな意思決定を可能にします。