複数人の内の指定人数の承認に対応しているワークフローシステム

複数人の内の指定人数の承認に対応しているワークフローシステム10サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。

複数人の内の指定人数の承認に対応しているワークフローシステムの検索結果

10件の複数人の内の指定人数の承認に対応しているワークフローシステムをご紹介します。

該当 101 ページ目 1〜10件
トライアルあり 上場企業導入実績あり

コラボフローとは、直感的な操作で簡単に運用できるワークフローシステムです。Excelで作成した帳票や申請書を、プログラミング不要でそのまま申請フォームに変換可能。今の運用を変えずに導入できます。承認経路は「人」と「連携パーツ」をパズル感覚で配置・設定できるのも特徴です。また、フォームレイアウトは運用開始後でも追加・修正可能。まずは70点の状態ですばやく導入・運用スタートし、修正点を見つけながら随時改善するサイクルを回すことでスピーディーな業務改善が叶います。連携パーツを利用し、kintone、サイボウズOffice、Garoon、Office365、Microsoft SQL Serverなどの外部システムとの連携すれば、社内に散在するデータを一元管理でき、さらなる業務効率化につながります。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

X-point Cloudとは、紙の書類を扱うように直感的に操作できるワークフローシステムです。SaaS型ワークフロー市場ベンダー別売上金額は5年連続代1位を獲得しています(2016年度~2020年度・出典ITR Market View)。電子化後も使い慣れた紙のデザインのまま入力できるのが特徴。承認はワンクリックで、承認状況も可視化されるので、申請業務が滞ることがなくなり業務効率化を実現。各種スマートフォン・タブレット端末でも利用できるので、外出時や出張時にも業務を進められます。汎用的なワークフローシステムなので、稟議書はもちろん、人事申請や交通費申請など社内の様々な申請に利用可能。検査・集計機能もあるので、書類データベースとしても活躍します。

楽々WorkflowII Cloudとは、住友電工情報システム株式会社が提供する、スピーディーな業務判断やペーパーレス化によるコスト削減が行えるワークフローシステムです。利用者がわかりやすい画面設計が特徴。処理する文書の一覧表示やフォルダツリーといった直感的に利用できる機能を搭載しています。申請文書はシステム上で管理することができ、フォルダー分けはもちろん、アクセス権の設定も可能です。日本語・英語・中国語に対応しているため、外国人労働者がいる企業やグローバル展開を行っている企業にも最適なシステムです。また、異なる企業間で申請・承認・決済の処理を行うこともできるので、グループ会社の基盤となるワークフローシステムとしてもおすすめです。

無料プランあり

サテライトオフィス・ワークフロー for Google Workspaceとは、Googleサイト上で運用を行うワークフローシステムです。クラウド型のシステムのため、インターネット環境があれば社外でも使用可能です。スマートフォンなどのモバイル端末からも利用でき、外出時や出張先でも業務を進められます。申請書フォームはドラッグ&ドロップ操作で直感的に作成可能なので、多種多様な社内申請を簡単にワークフローシステムへ移行できます。料金プランは無料版と有料版の2パターン。無料版はユーザー数や機能に制限がありますが、スモールスタートを行いたい企業にはおすすめです。有料版でも1ユーザーあたり月額100円なので、低コストでワークフローシステムを導入することができます。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

Streamlineとは、電子稟議に強いクラウド型のワークフローシステムです。フォームはドラッグ&ドロップ操作で簡単・自由に設計できるので、現在利用中の紙書式と同様のフォームを作成可能です。また、複雑なルート設定ができるのが特徴。組織情報からの自動設定はもちろん、申請書上の金額や各種選択値によって回付先ルートを分岐させたり、申請者による手動設定など、多彩な機能で自社に合わせた設定ができます。Google社のデータセンターで運用されていたり、SSO機能も搭載していたりとセキュリティ面でも安心。日/英の言語切替機能も標準装備しており、グローバル企業にもおすすめです。

上場企業導入実績あり

Styleflowとは、TDCソフト株式会社が提供しているワークフローシステムです。現在使用しているExcelやWordの申請書を取り込み、入力フォームを作成可能。利用中のOffice文書のレイアウトをそのまま再現できるので、紙から電子への移行もスムーズです。承認ルートの設定が柔軟なのが特徴で、特定の個人や部門などに加え、部門に依存しないオリジナルグループの設定もOK。部門をまたいだプロジェクトなどでも活用できます。また、あらかじめ設定すれば決裁額により承認ルートを分岐させることもでき、確実に正しい承認ルートで申請処理を行えます。多機能でありながら、料金は1ユーザー月額300円から利用可能なので、まずはスモールスタートしたいという企業にもおすすめです。

株式会社日立ソリューションズ西日本

Hi-PerBT ワークフローとは、株式会社日立ソリューションズ西日本が提供している、従来から使用しているExcelの帳票を取り込んでそのまま利用できるワークフローシステムです。マウス操作でレイアウト・配置が可能なので、帳票作成に慣れていなくても簡単に作成することができます。総務系の帳票サンプル(旅費精算、住所変更届など)も52帳票用意されており、これらを修正して活用することも可能です。標準で日本語と英語に対応。他の言語にもランゲージファイルを利用することで対応できるので、グローバル企業にもおすすめです。また、スマートフォンやタブレットからでも操作できるため、インターネット環境があれば出張先や在宅勤務などの利用シーンを選ばず活用できます。

NCIWFとは、複雑な業務までカバーできるワークフローシステムです。基本的なワークフローの機能はもちろん、文書管理機能などとの連携が可能。過去の申請・稟議・決裁で使用された文書資産をNCIWF上で一括保管・再活用できます。申請に添付した文書を含めた検索や文書のバージョン管理にも対応しており、社内の知識ストック・有効活用につながります。申請処理が滞りやすい組織変更時も、異動情報の事前登録や、新組織と旧組織のオーバーラップ設定によりスムーズに乗り切れます。また、分岐・並列など複雑な承認ルート、合議・多数決・人数指定など、多様な承認方法が用意されており、これまで電子化が難しかったワークフローも電子化可能になります。

上場企業導入実績あり

Gluegent Flow Plusとは、アカウント・組織管理だけでなく、ログイン認証およびアクセス制御も行うことができる、セキュリティが万全なワークフローシステムです。あらかじめ初期設定が完了した設定済みパッケージなので、導入が簡単。モデルテンプレートも多数用意されているため、導入後すぐに利用可能です。マルチデバイス対応なのでテレワークや外出先でも利用できます。承認・決裁などのタイミングでLINE WORKSなどのビジネスチャットへ通知できるのでタイミングを逃さず処理を進められます。また、Gluegent Gateと組み合わせれば、シングルサインオンや細かいアクセス制御も可能になり、よりセキュリティを強化できます。

株式会社 東計電算

Findワークフローとは、ワークフローの基本的な機能や文書管理機能に加え、グローバル対応・外部システム連携が可能なワークフローシステムです。申請や承認の進捗状況画面はメールと同じ感覚で確認できるデザイン。申請方法やルールをフォローする説明書機能も搭載。申請時の間違いや問い合わせを削減できるので、管理部門の負担軽減になります。ワークフロー項目や文書項目、承認ルート設定も簡単なので、プログラミングの知識がなくても自社に合わせた申請書を作成できます。ワークフロー承認ルートはシンプルなものから、金額欄の金額条件により分岐する複雑なものまで、全17種類に対応。申請書ごとに自社のルールに合わせた設定が可能です。