エネルギー業界へ導入実績があるワークフローシステム

エネルギー業界へ導入実績があるワークフローシステム7サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。

エネルギー業界へ導入実績があるワークフローシステムの検索結果

7件のエネルギー業界へ導入実績があるワークフローシステムをご紹介します。

該当 71 ページ目 1〜7件
株式会社コラボスタイル
3.4
トライアルあり 上場企業導入実績あり

コラボフローとは、直感的な操作で簡単に運用できるワークフローシステムです。Excelで作成した帳票や申請書を、プログラミング不要でそのまま申請フォームに変換可能。今の運用を変えずに導入できます。承認経路は「人」と「連携パーツ」をパズル感覚で配置・設定できるのも特徴です。また、フォームレイアウトは運用開始後でも追加・修正可能。まずは70点の状態ですばやく導入・運用スタートし、修正点を見つけながら随時改善するサイクルを回すことでスピーディーな業務改善が叶います。連携パーツを利用し、kintone、サイボウズOffice、Garoon、Office365、Microsoft SQL Serverなどの外部システムとの連携すれば、社内に散在するデータを一元管理でき、さらなる業務効率化につながります。

上場企業導入実績あり

Gluegent Flow Plusとは、アカウント・組織管理だけでなく、ログイン認証およびアクセス制御も行うことができる、セキュリティが万全なワークフローシステムです。あらかじめ初期設定が完了した設定済みパッケージなので、導入が簡単。モデルテンプレートも多数用意されているため、導入後すぐに利用可能です。マルチデバイス対応なのでテレワークや外出先でも利用できます。承認・決裁などのタイミングでLINE WORKSなどのビジネスチャットへ通知できるのでタイミングを逃さず処理を進められます。また、Gluegent Gateと組み合わせれば、シングルサインオンや細かいアクセス制御も可能になり、よりセキュリティを強化できます。

上場企業導入実績あり

Styleflowとは、TDCソフト株式会社が提供しているワークフローシステムです。現在使用しているExcelやWordの申請書を取り込み、入力フォームを作成可能。利用中のOffice文書のレイアウトをそのまま再現できるので、紙から電子への移行もスムーズです。承認ルートの設定が柔軟なのが特徴で、特定の個人や部門などに加え、部門に依存しないオリジナルグループの設定もOK。部門をまたいだプロジェクトなどでも活用できます。また、あらかじめ設定すれば決裁額により承認ルートを分岐させることもでき、確実に正しい承認ルートで申請処理を行えます。多機能でありながら、料金は1ユーザー月額300円から利用可能なので、まずはスモールスタートしたいという企業にもおすすめです。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

POWER EGG 汎用申請ワークフローとは、ノーコードで誰でも簡単に申請フォームが作成できるワークフローです。ドラッグ&ドロップ操作でレイアウトが可能で、スマホ用の画面も簡単に作成できるので、電子化がスピーディーに進められます。必須チェックや自動計算項目など入力補助機能や、顧客マスタなど外部DBの参照機能なども搭載しており、申請者の負担軽減・ミス防止につながります。承認ルートは日本企業の組織・規定や運用ルールに沿っているのが特徴。申請者が意識せずに正しいルートで申請を回せるようになっています。また、金額や選択した項目により自動で分岐するなど柔軟な設定が可能です。人事異動時も適切なルート設定が自動生成されるので、新組織への移行もスムーズに行えます。

上場企業導入実績あり

リシテア 人事諸届とは、株式会社日立ソリューションズが提供するワークフローシステムです。社内の諸届や申請業務を電子プロセス化し、社内手続きの効率化・コンプライアンス強化を実現します。電子化による従業員セルフサービスの範囲を広げる効果も。住所変更や通勤経路変更など、人事系の各種申請書のテンプレートが用意されているほか、汎用性の高い帳票定義機能で自社に合ったフォーマットを作成できます。また、人事系の届出帳票でよく使用する銀行口座・住所入力の補助機能として、銀行マスター・郵便番号マスターが準備されています。郵政公社提供のデータをそのまま取り込めるので、頻繁に発生する郵便番号変更にもすぐに対応できます。

上場企業導入実績あり

ALIVE SOLUTION WFとは、複雑な画面開発、項目制御、ルート設定に対応したワークフローシステムです。高度なデザイン機能が特徴。ワークフローのフォームデザイン機能はもちろん、メニューや検索フォームデザイン機能など、会社独自に構築できる機能を搭載しています。これらを活用し、ワークフロー業務だけでなく、サブシステムとして社内で利用することも可能です。他システムとデータ連携することで、さらなる業務効率化も実現できます。もちろんワークフローの基本機能も充実。代理申請・再申請、過去文書流用、承認ルートの条件分岐、承認中同報回覧など、かゆいところに手が届く機能も。業務に精通したSEによる導入サポートがあるのも安心です。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

ExchangeUSE XGとは、紙ベースでの書類管理を維持したまま使うことのできる経費精算システムです。経費申請と同時に証憑書類の添付用紙が出力される、最終承認の際には自動生成されたバーコードの読取による一括処理ができる、差戻しがある際には提出された用紙を使用して申請者に修正依頼を行えるなど、紙ベースによる保管や処理に慣れている企業にとって利点の多い機能となっております。また、旅費や交通費の経費申請に関しても、ジョルダンの乗換案内との連携による自動処理やICカードの利用履歴の読込が可能で、オプションとして外貨での経費精算ができ、海外出張時にも活用できます。仮払申請時は、仮払の内容を流用した伝票を自動作成でき、他にも全銀フォーマットのFBデータの出力や支払依頼のオプション機能の追加、振替伝票や、予実管理といったテンプレート機能も搭載されています。