ワークフローシステム

ワークフローシステム 44サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。条件を選択することで、クラウド型のワークフローシステム、ランキング上位のワークフローシステム、英語対応しているワークフローシステムなどを探すことが出来ます。

ワークフローシステムの検索結果

44件のワークフローシステムをご紹介します。

該当 44 1ページ目 1〜20件
トライアルあり 上場企業導入実績あり

Create!Webフローは、インフォテックが提供するワークフローシステムです。紙の申請・承認業務をそのまま電子化し、業務の効率化や費用削減、意思決定の迅速化を図ります。

トライアルあり 無料プランあり 上場企業導入実績あり

ジョブカンワークフローは、さまざまな社内申請に対応可能なクラウドワークフローシステムです。申請書作成や承認処理等の管理業務を、現状の約3分の1まで削減します。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

X-point Cloudは、ペーパーレス化による業務効率を図るクラウドワークフローシステム。 1ユーザー500円から簡単に導入でき、サポート体制も充実しているので、初めてのワークフローシステムでも安心して利用できます。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

コラボフローは導入・運用が簡単なワークフローシステムです。シンプルな設計にも関わらず、APIや他サービスとの連携など機能が充実しています。

上場企業導入実績あり

SmartDBは、大企業向けの業務デジタル化システムです。ワークフローをはじめ、webデータベース、Microsoft 365連携やRPA連携など多くの機能を搭載しています。モバイル端末からの操作も可能。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

Streamlineはクラウド型のワークフローシステム。現在使っている稟議書や申請書などを、そのまま利用できます。使いやすさに定評があり、大企業から中小企業まで幅広い導入実績を持ちます。

トライアルあり

J-MOTTO ワークフローは4,000社以上の導入実績を誇るJ-MOTTOが開発したサービスです。簡単な操作と充実した機能で、申請・承認業務の迅速化を実現できます。1ユーザーあたり200円~という低価格も魅力の1つ。

AppRemoはリモートワーク向けのワークフローシステム。マルチデバイス対応なので、場所を選ばず申請・承認できます。簡易チャット機能ですぐに質問・確認できる点も魅力です。

クラウドERP freeeは社内業務の効率化を実現するシステムです。ワークフローについては、申請から承認、会計、管理までを最適化。スマホから申請・承認できるので、場所を選ばず業務を完了できます。

トライアルあり

社内業務の見える化を促進するシステム・DataSpider BPM。ワークフローの定義だけではなく、業務の状況の監視が可能です。どの業務でつまづいているかをすぐ把握できるので、スピーディに改善を図れます。

上場企業導入実績あり

ワークフローEXは、ExcelやWordの稟議書をそのまま使えるワークフローシステムです。使い慣れた入力フォームで、スムーズに業務フローを電子化します。

トライアルあり

WaWaFlowはアイアットOECが提供しています。いつでもどこでも申請・承認できるクラウド型ワークフローシステムで、操作も簡単。導入しやすい低価格も魅力の1つです。

無料プランあり

サテライトオフィス・ワークフロー for Google Workspaceは、Google Workspaceで利用できるクラウド型ワークフローシステムです。パソコンだけでなくスマホからの操作もOK、Googleサイト上で運用可能。使いやすさが特長です。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

intra-mart ワークフローはエヌ・ティ・ティ・データ・イントラマートが提供するシステムです。さまざまな業務に対応可能な柔軟性が魅力で、全社規模から個別業務まで幅広く利用できます。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

rakumoワークフローは、Google Workspace連携のクラウドシステムです。電子承認や電子稟議など、社内の業務フローをデジタル化を促進。スマホにも対応しており、業務の効率化を実現させます。

楽々WorkflowII Cloudはクラウドワークフローシステムです。スピーディな業務判断やペーパーレス化による費用削減を実現させます。万全なバックアップ体制やセキュリティ対策も魅力。

上場企業導入実績あり

ActionPassportは、Excelファイルを基にして帳票を作れるワークフローシステム。従来の申請書と同じデザインなので導入が簡単、豊富な連携機能で他システムとの連携も可能です。

FUJIFILM WORKFLOW XMFは、「見える化」と「働き方改革」を支えるワークフローシステムです。さまざまな業務の状況を正確に把握でき、時間コストを含めた統合管理が可能。的確な時間コストの管理により、業務効率化や商品の付加価値向上などを実現します。

株式会社日立ソリューションズ西日本

Hi-PerBT ワークフローは日立ソリューションズ西日本が提供するワークフローシステム。帳票作成や検索などの基本機能はもちろん、申請のガイダンスや履歴参照など便利な機能が豊富に搭載されています。

上場企業導入実績あり

Styleflowはクラウド型のワークフローシステムです。中小企業から大企業まで、さまざまな企業で利用できる柔軟性が特長。シンプルなデザインでモバイル端末からの操作に適しています。

ワークフローシステムとは

ワークフローシステムとは、「組織における申請・承認手続きの流れ」をデジタル化したシステムです。 稟議申請や交通費精算など、申請・書類の提出・承認に人的リソースを割く必要があった手続きを全てシステム化。業務の円滑化を実現します。

ワークフローシステムのメリット・デメリット

ここから、ワークフローシステム導入によるメリットとデメリットを紹介します。まずは3つのメリットを説明します。 ■ワークフローシステムのメリット ①プロセスの可視化 申請書がどこで停滞しているのか、誰が担当したのかなど、進捗状況を常に確認することで、業務のブラックボックス化を防ぎます。 ②スピードアップ スマホから作業できるシステムも多くリリースされており、外出先からでも、申請・承認が可能です。わざわざオフィスに戻る必要が無く、迅速に業務を完了できます。 ③ペーパーレスで費用削減 紙での申請書が不要なので、印刷紙代が削減できます。また、システム検索ですぐに過去の文書が見つかるため、管理も楽になります。 続いて、ワークフローシステムのデメリットを2つ紹介します。導入時の注意点として参考にしてください。 ■ワークフローシステムのデメリット ①ペーパーレス化できない申請書 原本での保存が義務付けられている書類は、システムで運用できません。自社で主に扱う書類がデジタル化できるかどうかを予め確認しましょう。 ②操作が難しい ワークフローシステムを導入しても、使いこなせないと意味がありません。操作に抵抗を感じる場合は、かえって業務が滞る可能性も。導入前に、自社の社員のリテラシーに見合うか、サポート体制は充実しているかの確認が必要です。

ワークフローシステム以外のSaaSサービス

アイミツSaaSではワークフローシステム以外のSaaSサービスを取り扱っています。是非、その他のSaaSサービス選びにもご活用ください。