IT導入補助金に関連するグループウェア

IT導入補助金に関連するグループウェア5サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。

該当 51 ページ目 1〜5件
株式会社 Chat&Messenger
出典:株式会社 Chat&Messenger https://chat-messenger.com/
3.6
トライアルあり 無料プランあり

Chat&Messengerとは、無料で利用できるグループウェアです。ビジネスチャット、Web会議、ファイル共有、スケジュール管理、施設予約、キャプチャ、付箋の7機能を搭載しています。レビューを効率化できるスクリーンキャプチャ・画像へのペイント機能、開封確認メッセージが簡単に送れるなど、ユーザーに配慮された仕様が特徴です。Android / iOS に対応しているのでスマートフォンでも利用可能。出先でチャットに返信したり、カレンダーを確認できたりと便利です。また、チームごとのポリシーや状況に応じてオンプレミスとクラウド&モバイルを使い分けられるのも特徴。例えば、機密情報を扱うチームはオンプレミスでしか使えない制御を管理者が行う、テレワークなど社外でも利用するチームはクラウド&モバイルを利用する、といった使い分けが可能です。

リスモン・ビジネス・ポータル株式会社
出典:リスモン・ビジネス・ポータル株式会社 https://www.j-motto.co.jp/
3.5
トライアルあり 上場企業導入実績あり

J-MOTTOグループウェアとは、日本最大級の導入実績を誇るグループウェア「desknet’s NEO」をベースとした、クラウド型のグループウェアです。スケジュール管理、情報発信、ワークフローなど組織運営に必要な各種ツールをリーズナブルな価格で提供しています。パソコンが苦手な方でも直感的に操作できる、使いやすさ・見やすさこだわった画面が特徴です。また、主要アプリはすべてスマートフォンに対応しているので、社外でも仕事を進めることができます。通話料無料の電話・メール・チャット・無料セミナーなど、経験豊富な専門スタッフによるサポート体制も充実しているため、専門知識がなくても安心して利用できます。

日本マイクロソフト株式会社
出典:日本マイクロソフト株式会社 https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365?rtc=1
トライアルあり 上場企業導入実績あり

Microsoft 365とは、Office アプリとクラウド サービス、最高水準の情報セキュリティをひとつにまとめたグループウェアです。メールやスケジュール共有、会議、チャット、通話、ドキュメントの共同編集などの機能を搭載しています。これらの機能が1つの場所にまとまっているので、社内での利用はもちろん、社外でも、組織内外のチームメンバーとの共同作業が可能です。また、顧客情報などビジネスのデータを安全に守るセキュリティ機能が組み込まれており、追加のセキュリティ対応が不要なのでセキュリティリスクのコスト削減も叶えます。電話またはWebでいつでもサポートにアクセスできるので、事前に知識がなくても安心して使用を開始できます。

ジョブマネ株式会社
出典:ジョブマネ株式会社 https://jobma.jp/
トライアルあり

ジョブマネとは、日本の中小企業向けのクラウド型グループウェアです。社員のスケジュール管理や経由精算、ワークフロー(稟議)、資料の共有等、日々の業務に必要な機能を搭載しています。上位メニューのビジネスプランでは、グループウェアとデータ連携している営業支援(SFA)、顧客管理(CRM)、基幹システム(ERP)が利用可能になるので、オールインワンツールとして活用できます。多機能ながら無駄を削ぎ落としたシンプルな画面と操作性を実現しており、はじめてクラウドツールに触れる企業でもすぐに使いこなせるのが特徴。もし不明点があっても、無料のオンラインチャットやオンライン会議でのサポートなどフォロー体制も充実しているので安心です。

株式会社 エステイエス ~ Software & Technology Service ~
出典:株式会社 エステイエス ~ Software & Technology Service ~ https://web.all-in.xyz/

ALL-INとは、株式会社 エステイエスが提供する経営のアップグレードに必要なシステムがすべて搭載されたCRMです。200社以上の導入実績があり、多くの組織に利用されています。クラウドサービスでビジネスを驚くほどの効率化を実現しているのが特徴。費用は月あたり75,000円から導入できます。顧客管理(CRM)、営業支援(SFA)、人事、給与、会計、販売、仕入、在庫管理・グループウェアなど経営に必要な機能をこれひとつに凝縮。入力されたデータは全システムへリアルタイム反映。経営の現状把握に必要な約50の指標をプリセットした「コックピット」機能で経営状況の見える化を実現し、共有、管理の負担を削減します。データはすべて信頼の高い高セキュリティなクラウド上に保存されるので安全、安心に簡単管理できます。