SFA(営業支援システム)(2ページ目)

SFA(営業支援システム)の検索結果の2ページ目です。

SFA(営業支援システム)の検索結果

51件のSFA(営業支援システム)をご紹介します。

該当 51 2ページ目 21〜40件
トライアルあり

WaWaFrontierは、導入が簡単なASP型のSFAアプリケーションです。豊富な機能の中から、目的や用途に合わせて項目変更などのカスタマイズが可能。日報入力も簡単なので、初めてSFAを導入する企業にもおすすめです。

株式会社ジード
トライアルあり

Beerfrothは、webサイトでの売上向上に直結させるMA・CRM・SFA クラウドサービスです。リアルの営業活動とweb上での営業活動、両面の活動を統合し相乗効果を生み出すことで、売上に結び付けられます。

Ecreaは、6つの機能から必要なものを選択するSFA(営業支援システム)です。機能を追加するごとに料金が変動し、クラウド型は1ユーザあたり月額1,000円から利用可能。分かりやすく使いやすいSFAを目指しており、初めて導入する企業にもぴったりです。

FlexCRMは、クラウド型のCRM・SFAです。基本機能を無料で利用できるプランもあり、ユーザー登録数は無制限です。収益力を高める経営戦略に役立つ情報を一元管理。簡単な設定のみで自社にマッチする仕様にカスタマイズ可能です。

タクト情報システムズ株式会社
トライアルあり

followup-CRMは、営業活動の効率化を促進させるCRM/SFAシステムです。顧客情報と案件・営業日報などを連携して管理できるだけでなく、優良顧客に対してのメールやDMでのアプローチ計画などインサイドセールスに便利な機能も搭載されています。

Oracle Sales Cloudは、データに基づいた分析や売上予測を行い売上アップに貢献するSFA・CRMです。直感的に使いやすい仕様。Oracle Marketing Cloudと連携すれば、見込み顧客へのアプローチにも役立ちます。

株式会社インフォファーム
トライアルあり

戦略箱ADVANCEDは、営業マンの活動管理から顧客を中心とした各種情報の全社管理まで可能なSFAシステム。過去の商談内容のチェック、訪問先の地図確認などスマートフォンでも利用できるため外出先からの活用も便利です。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

intra-mart DPS for Salesは、intra-martが開発した営業支援ツール(SFA)です。Excelで管理していた情報をノンプログラミングで簡単にSFA上に可視化します。

アクションコックピットは、営業活動を見える化し情報共有に最適なSFAです。直感的に操作できる仕様なので誰でも簡単に利用できます。2000年の誕生以来、進化を続け長きにわたり愛されているシステムです。

InfAjast(インフアジャスト)は、営業活動や顧客情報の管理をサポートするSFAです。基本コンセプトは、特別なITスキルがなくても簡単に使えること。ダッシュボードなどのベース機能に日報管理や案件管理など必要な機能を自由に選択してシステムを構成します。

freee for Salesforceは、営業と管理部門を繋ぐことのできるSFAシステムです。請求書発行と同時に自動登録される売掛金の仕訳に、部門や品目、プロジェクトなどの情報を自動で補完。分析・管理用データの整備も簡単にすることができます。

株式会社カイエンシステム開発
トライアルあり

BizMagicは、必要な機能だけ選んで導入することができるSFAシステムです。クラウド版を展開しているため、テレワークなどでも自宅から利用可能。顧客とのやりとりの記録「接点記録」機能では、社内での情報共有や営業の際の議事録としても活用できます。

株式会社シフト
トライアルあり

Venus Cloudは、SFA、CRM、グループウェアが統合されたオールインワン型の業務⽀援システムです。顧客情報管理機能と案件管理機能の連携によって、営業プロセスをよりスムーズに効率的に管理・進行することができます。

株式会社ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング

AMATA systemは、送客・営業進捗・受注をまとめて管理することができるシステムです。実績や売り上げの可視化、人員配置簡易化などの機能が備わっており、営業状況の把握や組織運営の正常化が可能になります。

株式会社アイドマ・ホールディングス
トライアルあり 無料プランあり

Sales Crowdは、新規開拓営業プラットフォームです。自社専用のデータベースを活用して営業活動の情報を一元管理可能。営業電話の集計・分析やメールの到達率や開封率、 メール到達先からのアポイント取得率などの高度で多角的な分析もできます。

トライアルあり

営業支援サービスかけるくんは、取引先管理や営業日報、案件管理など営業活動には欠かせない機能が搭載されたSFAシステムです。各担当者が入力した最新データを元に、営業部門全体の売上予測を自動でグラフ化。定期的に対応しなくてはいけない集計作業から開放されます。

NICE営業物語 on kintoneは、サイボウズ社のkintone(キントーン)で利用できる営業支援ツール(SFA)です。シンプルな操作で顧客・営業に必要な情報を一元管理し、チームでの情報共有をサポートします。セキュリティ対策も万全なクラウド型サービスです。

株式会社Mer
トライアルあり

pipedriveは、営業進捗の把握やコミュニケーションの管理が簡単に行え、営業法の入力も非常にスムーズにできるCRM/SFAシステムです。PCやモバイルアプリから、いつでも情報を更新できるので、出先で営業状況を素早く共有・管理することができるます。

GrooForce for Businessは、クラウド型の営業支援システム(SFA)です。顧客管理・アポ獲得率の向上・成約率の向上を支援します。入力作業も必要最低限かつ簡単なので、無駄な作業なし!サポート体制も充実しているので、導入や操作に不安のある方も安心です。

トライアルあり

Freshsales CRMは、設定が簡単なクラウド型のSFA・CRMです。そのほかにも、MAツールをはじめ電話・チャットツールとしても活用できます。最短1日で運用開始可能!使いやすさにこだわった製品です。

SFA(営業支援システム)とは

SFAとはSales Force Automationの略で「営業の自動化」を意味し、一般的に営業支援システムのことを指します。必要な情報を入力することで業務プロセスを自動化してくれたり、次のアクションを提示してくれたりするので営業担当は本来の業務に集中でき効率よく営業活動が行えます。従来の属人的な営業手法から脱却し、効率のよい営業スタイルを確立するために役立つシステムです。

SFAとCRMの違い

CRMとは、Customer Relationship Management (カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)の略で、顧客関係を管理するためのシステムです。SFAと共通している点としては顧客情報の管理を主体としているシステムということですが、最終的なアウトプット(出力)方法はSFAとCRMで大きく異なります。CRMは複数部門が顧客情報を確認し、事業戦略を立てるために利用していますが、SFAは営業部門の営業活動を効率化するものとして利用されます。しかし最近ではSFAとCRMが統合された製品も多く出てきていて、その境界線が曖昧になってきいます。

SFAのメリット

SFA導入のメリットは、端的にいうと営業担当の業務を効率化して生産性を上げられる点でしょう。紙ベースやエクセルベースで管理していた煩雑な作業をすべてSFAで管理することで、本来やるべき営業活動に多くの時間を割くことができます。そのため生産性が向上し営業部門だけでなく会社全体の成長にも繋がっていきます。また属人化を回避できるというメリットも大きく、営業担当の退職や部署異動があった際に、SFAで顧客所呪法を管理しておくことで過去の商談情報や顧客とのつながりをスムーズに把握することができます。入力工数やコスト面でのデメリットもありますがメリットのほうが大きと言えるでしょう。

SFA(営業支援システム)以外のSaaSサービス

アイミツSaaSではSFA(営業支援システム)以外のSaaSサービスを取り扱っています。是非、その他のSaaSサービス選びにもご活用ください。