SFA(営業支援システム)(2ページ目)

SFA(営業支援システム)の検索結果の2ページ目です。

SFA(営業支援システム)の検索結果

52件のSFA(営業支援システム)をご紹介します。

該当 52 2ページ目 21〜40件
トライアルあり

desknet's SSS(デスクネッツサザン)は、インストール型の営業マネジメントシステムです。営業日報の入力を通じて顧客管理や売上管理ができるため、営業支援ツールとしても活用できます。入力も選択式が多く簡単で使いやすい構成です。

トライアルあり

WaWaFrontierとは、簡単に導入できるクラウド型の SFA(営業支援システム)です。営業担当者個人の中に留まりがちな情報をシステムで共有化することで、個人営業から組織営業への転換をはかります。グループウェアのスケジュールからの日報が入力できる機能や、便利な一括での日報入力機能など、ルートセールスなど訪問件数が多い営業担当者向けの機能を搭載しています。簡単な設定と初期費用がかからないため、手軽に導入できることも特徴です。また、フィルタリング機能を利用することで、膨大なデータから必要な情報を素早く閲覧することもできます。

株式会社ジード
トライアルあり

Beerfroth(ビアフロス)とは、Webサイトを売上に直結させるMA・CRM機能を兼ね備えたクラウド型のSFA(営業支援システム)です。実際の営業活動とウェブサイトからの営業活動、両面の営業を統合し相乗効果を生み出すことで売上に結び付け、インサイドセールスによって受注を増やすデジタルマーケティングを実現します。ホームページ公開やネット広告で効果が出ない、対面と非対面の両方のマーケティング施策を構築したい、営業組織が持つそんな悩みを解決します。また、デジタルマーケティングで蓄えたデータをAIで解析し、見込顧客を抽出することで成約率・売上の向上に貢献します。

Ecreaとは、必要な機能やサポートを選んで導入することができる業界初のコーディネート型SFA(営業支援システム)です。費用は選んだ機能の分だけ支払うことが可能で、顧客管理、案件管理、商談管理、クレーム管理、メール配信など、自社に必要な機能だけを選んで導入することが可能です。操作はかなりシンプルで、初めてSFAを導入する企業にも最適なシステムといえます。経済産業省の情報処理支援機関に認定されており、SFA業界に10年以上の経験を持つセールス担当から、導入企業のニーズに合ったサービスの提案を受けることができます。

FlexCRMとは、ノイアンドコンピューティング株式会社が提供する低価格なのに高性能なクラウド型CRMです。クラウド型なのでメンテナンス、バックアップ、不具合対応は不要です。初期導入費用は0円で、少人数からでもすぐに開始できます。安心の月額制のリーズナブルなプランで利用でき、簡単設定で業務アプリケーション構築が可能です。顧客関係管理に必要な6つの要素顧客管理、SFA(営業支援)、お客様サポート、マーケティング、業務プロセス管理、ワークフローを標準装備し収益力アップを実現します。エクセルファイル、名刺管理ソフト等のデータから顧客データベースを簡単に作成できるテンプレート、スマートフォン、タブレットに対応したシンプルで直感的操作ができる操作性抜群のUIは、ワンクリックで機能追加可能な各種クラウドサービス連携など経営戦略に役立つ多彩な機能を利用できます。

タクト情報システムズ株式会社
トライアルあり

followup-CRMとは、営業活動の効率化で働き方改革を実現するCRM機能を兼ね備えたSFA(営業支援システム)です。案件管理・目標管理などの他に、インサイドセールス(電話、メール、ウェブサイト、DM)などの機能を兼ね備えており、見込み客や既存客へのアプローチを行うことで、効果的な営業活動への転換や働き方改革が可能となります。タスクを自動生成する機能やデータ入力やDM発送代行サービスも併せて利用できるため、業務負荷の軽減とコストの削減にも貢献します。また、IT導入補助金の対象ITソフトウェアで、導入の検討からIT導入補助金制度の申請や交付後もしっかりとフォローが受けられる体制が整っています。

Oracle Sales Cloudとは、世界で1,000社の営業組織が選んだCRM機能を兼ね備えたクラウド型のSFA(営業支援システム)です。営業プロセスの複雑化や顧客データ量の増加などの問題を解決するべく、強力なテリトリー分析や売上予測の機能を営業組織に提供します。管理担当者がより正確な予測を立てることができるようになるため、営業担当者は営業活動に費やす時間を最大化し、売上目標を達成するための正確なアクションを実行できるようになります。トレーニングなしで利用できる直感的な画面操作が特徴で、レポートや実績管理機能を活用してパフォーマンスの最適化を実現します。

株式会社インフォファーム
トライアルあり

戦略箱ADVANCEDとは、発売から20年を超えるロングセラーの純国産SFA(営業支援システム)です。業種・業態を選ばない汎用性の高さが特徴で、10年以上の長期に渡り利用している企業も多いです。顧客情報を中心としたデータ構造となっており、顧客情報に紐づく全ての情報が1画面で把握できるので、担当者の引き継ぎもスピーディに行えます。また、スケジュール管理、活動管理、商談・受注・売上管理、各種集計、掲示板、クレーム管理、CSV入出力などのデータ連携機能も備えています。専任担当によるサポート体制も充実しており、導入から定着まで充実したサポートが受けられるのも魅力です。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

intra-martDPS for Salesとは、導入実績8,200社を超える最先端のSFA(営業支援システム)です。Excelで作成した帳票を複数登録することができ、入力した値とExcelのセルを紐づけることで入力された値がシステムにリアルタイムに反映され、ノンプログラミングでオリジナルの帳票を作成することができます。便利な名刺登録機能ではモバイルカメラで名刺を撮影することで、速やかに名刺データをシステムに登録することができ、顧客情報の整理整頓やこれまでの活動履歴も一覧表示可能です。これまでのSFAが持つ課題を解決した上でSFA導入の本来の目的を達成します。

アクションコックピットとは、CRM機能を兼ね備えた新世代のSFA(営業支援システム)です。利用シーンや利用目的を考えた設計が特徴で、最初から直感的に使えて、簡単な商談記録なら入力は40秒程度で完了します。営業にまつわる活動を見える化し、情報共有の強化とモバイル端末の活用で、営業をよりスピーディにします。営業活動を振り返り、状況を分析したものを共有することで、マネージャーはプロセス管理とPDCA管理が可能となります。また、スマートフォンやタブレットなどのマルチデバイスでの利用可能で、スケジュール・メモ・タイムラインがクラウドで同期され、顧客情報・商談履歴・訪問先の地図もさまざまなデバイスから確認することができます。

InfAjast(インフアジャスト)とは、営業の働き方改革を支援するSFA(営業支援システム)です。営業活動や関連情報の可視化と業務の属人化防止に力を入れており、ログイン認証、ダッシュボード、個人設定などのベース機能に、顧客管理、案件管理、日報管理などの機能が搭載されています。営業業務で必要なさまざまな機能の中から、使う機能だけを自由に選択することが可能なことも大きな特徴のひとつです。機能のカスタマイズ以外にも、項目を任意に200項目まで追加できるため、業務に合わせてシステム構築する事ができます。

freee for Salesforceとは、CRMと会計ソフトを連携できることが特徴のクラウド型のSFA(営業支援システム)です。CRMツールのSalesforceとクラウド会計ソフトのfreee を連携することが可能で、営業と管理部間のデータを共有することで部門間の業務を円滑にします。Salesforceの商品データを連携させることでfreeeでの見積書・請求書の作成を数クリックで行うことができ、業務の効率化に貢献します。また、銀行口座データを自動取得するfreeeで入金状況をSalesforceに自動連携させることで、営業担当が経理に入金状況を確認する手間を減らすことが可能です。

株式会社カイエンシステム開発
トライアルあり

BizMagicとは、卸売業・製造業を中心に多くの中小企業で導入されているSFA(営業支援システム)です。顧客管理だけでなく顧客とのやり取りを管理する接点記録や気づかせ機能などが、日々の活動の中での漏れ・忘れをサポートします。そのほか便利な機能として、GoogleMapやOutlook予定表との連携、予定・案件・見積・ワークフローなどを追加できるオプション機能も。5ライセンスから手軽に始められて、24時間いつでも・どこでもスケジュールや顧客情報、見積書、案件の進捗状況などの情報にアクセスできるのが魅力です。

株式会社シフト
トライアルあり

Venus Cloudとは、CRM、グループウェアが統合されたオールインワン型のSFA(営業支援システム)です。中⼩企業やスタートアップ企業に必要な業務ツールで、営業業務にだけ特化したシステムではなく、営業からサポート、経理業務まで全部署が利用できるシステムです。優れたデータ共有と柔軟なカスタマイズが可能で、さまざまな課題を解決することができます。営業案件管理により受注予測も簡単に行え、売上分析・見込分析・販売地域分析・クレーム分析も可能です。また、オールインワン型なので、複数のシステム操作を覚える必要もなく、システム習得にかかる負担が軽減されます。

株式会社アイドマ・ホールディングス
トライアルあり 無料プランあり

Sales Crowd(セールス・クラウド)とは、新規開拓営業に特化したクラウド型のSFA(営業支援システム)です。電話営業やメール営業などの新規顧客開拓を、自社専用のデータベースで一元管理することができます。電話禁止の顧客情報や重複自動のチェック機能で、アプローチが不必要な企業情報を簡単に整理することも可能です。地域、業種、従業員人数、売上などの条件で絞り込んだリストをダウンロードでき、自動発信・一斉発信・メール配信機能なども搭載しているため、業務の効率化にも貢献します。また、高度な分析機能が特徴で、営業活動に便利なメールの到達率や開封率、メール到達先からのアポイント取得率など、さまざまな解析データを活用して営業活動を飛躍的に発展させます。

トライアルあり

営業支援サービスかけるくんとは、中小企業の営業支援に特化したクラウド型のSFA(営業支援ツール)です。スマートフォンから日々の活動をシンプル・簡単に登録でき、取引先や案件の情報を共有することが可能です。営業部門全体の売上予測や案件状況を自動でグラフ化することもできるため、面倒な集計作業は不要で業務の効率化に貢献します。また、マイページ機能では営業予定や実績、担当中の案件などを簡単に把握できるため、それらの情報を元に次のプランやアクションの検討に注力できるようになります。営業マンの業務効率化をサポートし、企業の生産効率向上に貢献します。

NICE営業物語 on kintoneとは、サイボウズ社のkintoneを使って構築されたクラウド型のSFA(営業支援システム)です。顧客情報を軸に営業報告、商談状況、スケジュール管理、問い合わせ管理などの情報を一元管理できることが特徴です。報告内容や管理したい情報や機能を、企業の営業スタイルに合わせて自由にカスタマイズできることも大きな魅力のひとつ。ルート営業などで複数社訪問した場合の営業報告も一括で作成が可能で、入力も選択形式で簡単に作成できます。また、各管理情報はリアルタイムで一覧表やグラフで閲覧でき、そのまま営業資料として活用することが可能です。

株式会社Mer
トライアルあり

pipedriveとは、科学的な分析で取引成立アップを実現するCRMです。179か国で95,000社以上が導入、Capterraによる 「使いやすさ」評価で4.5の星数を獲得、顧客支援満足度93%、Software Reviewsのデータ クアドラントのCRM No.1(2018年、2019年)など多くの実績を持っています。使い方を学習する必要のない、シンプルで使いやすく優れたインターフェイスにより操作性を高め作業効率をアップします。セールスプロセスを科学的に落とし込みかつ簡単な操作の分析を活用して、導入後1年で平均28%多く取引を成立させています。たった数分で起動、実行が可能。セールス、プロセスによってパイプラインをステージ分けし効率よく取引成立へ導きます。100万タスクを毎週自動化、他CRMからの簡単データインポート、エクスポートなど営業力、顧客満足度の向上につながる機能が満載です。

GrooForce for Businessは、低価格・高機能が評判のクラウド型のSFA(営業支援システム)です。グループウェアとSFA(営業支援システム)が統合されているのが特徴で、必要な情報をトップページ凝縮することで、必要な情報に最速で辿り着ける使いやすさを追及した画面設計となっています。顧客管理、案件管理、活動管理などのさまざまな機能が搭載されており、活動管理機能では登録した営業活動内容は日報として利用することができるため、日報を別途作成する手間を省くことができます。また、ファイル共有機能で重要なファイルの紛失を防ぐことができ、アラート機能では商機を逃さず対応することも可能です。各種の便利な機能で組織の成約獲得能力をさらに強化します。

トライアルあり

Freshsales CRMとは、フレディAIを搭載したクラウド型のSFA(営業支援システム)です。バリエーション豊富な機能が特徴で、CRMとしての機能やマーケティング自動化機能などさまざまな機能が搭載されています。中でも、パイプラインの分析が可能なフレディAI機能が特徴で、収益を上げる見込み客に集中できるシステム設計が魅力です。営業チームとマーケティングチームに統一されたシステムを提供することで、情報共有と組織力の向上に貢献します。また、AI塔載のチャットボットでリアルタイムにWebサイト訪問者とチャットでコミュニケーションを図ることもできるなど、包括的なソリューションで顧客エンゲージメントの向上と、既存顧客の育成に貢献します。

SFA(営業支援システム)とは

SFAとはSales Force Automationの略で「営業の自動化」を意味し、一般的に営業支援システムやソフト・ツールのことを指します。
必要な情報を入力することで業務プロセスを自動化してくれたり、顧客管理や分析を行えたり、次のアクションを提示してくれたりするので営業担当は本来の業務に集中でき効率よく営業活動が行えます。従来の属人的な営業手法から脱却し、効率のよい営業スタイルを確立するために役立つシステムで、その市場規模も拡大しています。

さらに詳しく知りたい方は、SFAとは?役割やCRMとの違いを解説【2021年最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。

SFAの仕組みと使い方

SFAは基本的にクラウドサービスとして提供されるので、外出先であっても気軽に利用することができます。そのため、営業の外回り中にも有効活用でき、顧客のもとへ訪問する前にデータを確認しておく、商談が終わったら進捗をすぐに更新し部署のメンバーに知らせる、外出先にいながらも日報の作成・共有を行うなどといった使い方もできるでしょう。
また、日々蓄積していったデータを活用して分析を行えるのもSFAの特徴。「なかなか受注率が上がらないのはどこに問題があるか?」などの課題に対する仮説を立て、改善、分析を繰り返していきましょう。
加えてSFAには、顧客の基本的データや商談情報、提案書、見積書などのほか、どのようなメッセージのやりとりを行ったのかまで多くの情報が管理されているため、そのまま営業部門の基幹システムとして活用していくことも可能。CRMと連携させればより効果的でしょう。

さらに詳しく知りたい方は、SFA活用術!基本的な使い方から効果的な活用方法までをご覧ください。

SFAの機能

SFAには、営業活動を効率化するさまざまな機能が搭載されています。
営業先情報や営業進捗、受注確度、提案書や決算書の管理まで行うことのできる案件管理機能をはじめ、コンタクト数やアポイント数などを管理する活動管理機能、売上情報を管理できる予実管理機能のほか、受注率やコンタクト手段など営業に関するデータをまとめる営業管理機能など、営業活動に欠かせない機能が満載。
スケジュール管理機能やタスク管理機能のほか、SFA上でコミュニケーションを取ることのできるチャット機能など、営業活動がスムーズに進むようサポートする周辺機能も充実しています。

SFAのメリット・デメリット

SFA導入のメリットは、端的にいうと営業担当の業務を効率化して生産性を上げる効果がある点でしょう。紙ベースやエクセルベースで管理していた煩雑な作業をすべてSFAで管理することで、本来やるべき営業活動に多くの時間を割くことができます。そのため生産性が向上し営業部門だけでなく会社全体の成長にも繋がっていきます。
また属人化を回避できるというメリットも大きく、営業担当の退職や部署異動があった際にSFAで顧客情報を管理しておくことで、過去の商談情報や顧客とのつながりをスムーズに把握することができます。入力工数やコスト面でのデメリットもありますがメリットのほうが大きいと言えるでしょう。

メリット
①営業活動のリアルタイムな管理が可能
SFAを導入することによって、顧客情報や営業進捗、商談情報などをリアルタイムに把握することが可能です。リアルタイムに状況を把握できることによって、マネージャー側もスピーディな指示出しを行うことができるでしょう。営業状況のブラックボックス化が防げるのも魅力です。

②営業に関するノウハウを蓄積できる
SFAを導入すれば、それぞれの営業パーソンが情報を入力していくため、これまでには共有されることのなかった営業ノウハウが自然と蓄積されていくこととなります。営業成績の優れた人はどのような点に気を配っているのかなどを学ぶことができ、今後の営業活動でさらに効果が期待できるでしょう。

③営業部全体の改善につながる
SFAは、営業活動全体の見える化を叶えることのできるツールです。そのため、隠されていた営業部全体における課題が見えてくる、あるいは潜在的な売上が見えてくるなんてこともあるでしょう。それぞれが個々に動き情報が分散されていた時とは異なり、データを集約して活用することができるので、営業部全体の改善へとつながっていくでしょう。

デメリット

①コストがかかる
SFAの導入には基本的に費用がかかってしまいます。初期費用として数万円、月額費用には1ユーザーあたり1,000〜5,000円ほどかかることもあるでしょう。ランニングコストが予想以上にかかることもあるので、費用面には注意が必要です。

②使いこなせないことがある
SFAにはさまざまな機能があると先に述べましたが、機能が多すぎて使いこなせないということもあります。使いこなすことができれば非常に便利ではあるものの、使いこなせるようになるまでが大変な場合もあるため、導入時にはなるべく使いやすいSFAを選んでおきましょう。

③入力作業に予想以上に時間がかかる
SFAはデータをリアルタイムに共有・蓄積できる点が魅力と言えますが、それぞれの項目を細かに入力していると、予想以上に時間がかかってしまうかもしれません。SFAに慣れれば効率の良い入力方法も掴めてくるかもしれませんが、それまでには苦労してしまう可能性があります。

さらに詳しく知りたい方は、SFA(営業支援システム)のメリット・デメリットまとめ【2021年最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。

SFAの選び方

先にも述べた通り、SFAを導入した際に「使いこなせない……」と思わせてしまうと導入した意味がありません。「これなら気軽に使える」と思えるような、便利でありながらも分かりやすいSFAを選びましょう。
また、機能数はあればあるほどいいと思われがちですが、そうではありません。重要なのは、自分たちが求めている機能がきちんと揃っているのかということ。求めていない機能が数多く搭載されていても、その分費用がかさんでしまうだけであり、無駄な料金を払い続けることとなってしまいます。また、機能数が多ければ多いほどシステムは複雑になっていくため、「SFAを使うのは難しい」という印象を抱かせてしまうかもしれません。
SFAを選ぶ際には、誰でも使いこなせるような操作性の高いシステムなのか、自社の営業パーソンたちが欲しい!と思っている機能がきちんと揃っているのか、この2点に注意しておくべきでしょう。

さらに詳しく知りたい方は、SFAの失敗しない選び方とは?意識したいポイントや注意点を紹介!|アイミツSaaSをご覧ください。

SFAの価格・料金相場

SFAを導入する際には、初期費用と月額費用の2つが発生します。

初期費用はシステムによってばらつきがありますが、5万〜15万円ほど。月額費用は、1ユーザーあたり1,000〜5,000円という料金体系のものもあれば、〜20ユーザーで1〜5万円からという料金体系のものもあります。

初期費用:5万円~15万円程度
月額費用:1,000円~5,000円程度/1ユーザー、~20ユーザーで1万円~5万円程度、など

料金相場をさらに詳しく知りたい方はSFAシステム10選の費用と料金相場を徹底比較!をご覧ください。

SFAとCRMの違い

CRMとは、Customer Relationship Management (カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)の略で、顧客関係を管理するためのシステムです。SFAと共通している点としては顧客情報の管理を主体としているシステムということですが、最終的なアウトプット(出力)方法はSFAとCRMで大きく異なります。CRMは複数部門が顧客情報を確認し、事業戦略を立てるために利用していますが、SFAは営業部門の営業活動を効率化するものとして利用されます。しかし最近ではSFAとCRMが統合された製品も多く出てきていて、その境界線が曖昧になってきます。

SFAとMAの違い

「MA」とはMarketing Automation(マーケティングオートメーション)の略で、一言で言えばマーケティング活動を自動化するためのツールです。主な機能としては、リード獲得・リード育成・webアンケート・メール配信・アクセストラッキングなどがあげられます。

その名の通り、営業活動ではなくマーケティング活動を自動化するためのツールなので、MAツールで営業情報の管理や進捗管理、商談管理や日報作成などを行うことはできません。言わばMAツールは営業活動の前段階で用いるべきもので、顧客とのコミュニケーションが継続的に発生するようサポートするツールであり、商談機会をアップさせるためには非常に役立ちます。

しかし、MA的な機能も持ち合わせているSFAも増えてきているようです。

SFAの導入コンサルティングとは

SFAを導入したいが使いこなせるのかが不安だという場合や、うまく導入できるのか心配という場合には、SFAの導入コンサルティングを利用することも可能です。

導入コンサルティングには、SFAを提供している会社が行ってくれる場合と、導入コンサルティングサービスのみを提供している会社が行ってくれる場合の2種類があります。前者の場合には、スムーズな導入を叶えるための導入コンサルティングや定着フォローを依頼でき、後者の場合は「なぜSFAを導入するのか」という目的設定や、それぞれの会社にあったSFAの選定から相談することが可能です。

どちらの場合であってもシステムの導入やその後の定着までをサポートしてくれるため、SFAを導入したいもののうまくいくのかが不安……という場合にはおすすめでしょう。

SFA導入の失敗例

  SFAを導入したのに、なぜか思うような成果につながらない……ということもないとは言い切れません。SFAの導入失敗例としてよくあげられるのが、数ある機能の中で限られた機能しか使っていないというパターンです。営業情報の管理や日報作成などといった基本的な昨日は使用しているものの、データ分析などは活用できていないという場合があります。これでは毎月の支払い料金が無駄であるだけでなく、SFAツールを十分に有効活用できていないので、営業の伸び代をつぶしてしまっていると言ってもいいでしょう。

導入しても限られた機能しか使わない、便利な機能があるにも関わらず使いこなせないという状況を防ぐためにも、導入コンサルティングや定着サポートをベンダーに依頼するのは1つの手段かもしれません。

さらに詳しく知りたい方は、【事例付きで解説】SFAの導入でありがちな失敗との5つの対応策|アイミツSaaSをご覧ください。

SFAのシェア

SFAを選定する際には、実績数にも注目しておきたいところ。数多くの企業に導入されているということは、それだけ信頼の厚いサービスである裏付けです。SFA選びで失敗しないためにも、実績数はどれだけあるのかもチェックしてきましょう。

たとえばSFAの代表格である「Salesforce Sales Cloud」は世界中で導入されており、なんと15万社以上に導入されてきました。また、同じく世界的SFAである「Zoho CRM」も15万社以上の導入実績を誇ります。

国産SFA/CRMとして人気を集めている「eセールスマネージャーRemix Cloud」は導入実績5,000社超え。使いやすいだけでなく、サポート体制が充実しているのが人気の理由でしょう。

SFA(営業支援システム)以外のSaaS

アイミツSaaSではSFA(営業支援システム)以外のSaaSを取り扱っています。是非、その他のSaaS選びにもご活用ください。