クラウドサインと連携可能なSFA(営業支援システム)

クラウドサインと連携可能なSFA(営業支援システム)4サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。

クラウドサインと連携可能なSFA(営業支援システム)の検索結果

4件のクラウドサインと連携可能なSFA(営業支援システム)をご紹介します。

該当 41 ページ目 1〜4件
トライアルあり 上場企業導入実績あり

Salesforce Sales Cloudとは、株式会社セールスフォース・ドットコムが提供する世界で最も信頼されているCRMです。管理業務を自動化し、リードの管理をより効果的に、パイプラインの把握の正確化を実現するNo.1 CRM・SFAプラットフォームです。1ユーザー3,000円/月(年間契約/ユーザー数10名までのEssentialsプラン)など多数のプランから選択できます。小規模からスタート、成長過程でニーズに合わせて柔軟に拡張も可能です。リアルタイムな確認と市場投入戦略の素早い展開でどこからでもデジタル営業を成長へと導きます。パフォーマンスを最大限に、営業プロセスをスムーズにする機能を多数標準搭載。1日の営業電話件数を倍増、短期間で成約数の増大を可能にします。

kintoneとは、開発の知識がなくても自社の業務に合わせたシステムを簡単に作成できる、サイボウズ社のクラウド型SFA(営業支援システム)です。顧客管理、レポート機能、プロセス管理、リマインド通知など、SFAとして十分な役割を兼ね備えています。業務アプリを直感的に作成でき、社員間のつながりを活性化する社内SNSとしての機能も備えているため、社内でのスピーディーな情報共有が可能です。また、スマホやタブレットにも対応しているので、時間や場所を選ばずに仕事をすることもできます。そのほか、セキュリティ面も安心で、アプリにアクセスできるIPアドレスや端末を制限する機能もついているため、安心して利用することができます。

トライアルあり

楽楽販売とは、販売管理業務を効率化させるクラウド型の在庫管理システムです。販売管理、受発注管理、進捗工程管理、営業支援などの幅広い機能が一体化しており、さまざまな場面での業務効率化・標準化・コスト削減が実現できます。業務手順に沿ってルール化・自動化、リアルタイムに情報共有することで、日々の業務負担を軽減します。また、自由なカスタマイズも可能で低価格であらゆる業務の一括管理が可能なことも魅力のひとつです。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

Sansanとは、社内の名刺をはじめとした顧客データを一括管理することで、企業の成長を後押しする名刺管理ソフトです。専用スキャナかスマートフォンで手軽にスキャンを行え、スキャンした情報はAIやオペレーターの手入力により99.9%の正確性を誇っています。従来人為的に行っていた反社チェックを自動で行うことができ、チェック漏れなどミス防止ができリスク回避につながります。スキャンしたデータを「Sansan Plus」を利用してさらにデータの活用の幅を広げることができます。契約管理オプションとしてクラウドサインと連携を行えば、契約状況をシステム上で確認できるので、営業や法務、バックオフィスなどの業務効率化を図ることができます。