EDR(エンドポイントでの脅威検知)機能があるウイルス対策ソフトの人気おすすめランキング

EDR(エンドポイントでの脅威検知)機能があるウイルス対策ソフトの人気おすすめランキングです。

EDR(エンドポイントでの脅威検知)機能があるウイルス対策ソフトの人気おすすめランキングの検索結果

10件のEDR(エンドポイントでの脅威検知)機能があるウイルス対策ソフトの人気おすすめランキングをご紹介します。

該当 10
Zscaler, Inc.

Zscalerは安全なネットワーク環境を実現するクラウド型セキュリティサービスです。機密情報を脅威から保護するシステムを、簡単に導入できます。

株式会社NSD

Sophos Intercept Xはセキュリティアナリストと同等のAIを搭載したエンドポイントセキュリティです。業界最高レベルの技術で未知のランサムウェアやファイル暗号化を阻止します。

株式会社FFRIセキュリティ

FFRI yaraiは法人向けの次世代エンドポイントセキュリティ。先読み防御を徹底しており、未知の脅威をブロックします。

Kaspersky Endpoint Security for Businessは、中規模企業向けのウイルス対策ソフトです。規模に合わせて導入形態を選べるほか、対応OSも豊富。自社に合わせてセキュリティ体制を構築できます。

ウイルスバスター™コーポレートエディション XGは、高い防御力とパフォーマンスが特長のウイルス対策ソフトです。最新のAI技術と対策技術を融合し、ランサムウェアやその他攻撃から防御します。

株式会社アズジェント

Check Point SandBlastは、アズジェントが提供するセキュリティシステムです。独自のサンドボックス機能とメール無害化機能を搭載しており、ゼロデイ攻撃や未知の脅威からネットワークを防御します。

Symantec Endpoint Protectionは世界最高レベルのウイルス対策ソフト。パソコンとモバイル、どちらのエンドポイントも保護し、AIを使ってセキュリティを最適化します。

Trend Micro Apex One™は、機械学習やランサムウェア対策など多くの機能を備えたソフト。高度な脅威検出と自動対処を実施、強力なエンドポイントセキュリティを実現します。 オンプレミス版とSaaS版の2つを提供しており、併用も可能です。

Adaptive Defense 360はPS Japanが提供するウイルス対策ソフト。ランサムウェアや標的型攻撃、ゼロディ攻撃などさまざまな脅威を防御します。

トライアルあり

プロテクトキャットは、検知率99%のCylance社のAIを搭載たウイルス対策ソフトです。マルウェアの検知・隔離だけではなく、流入経路の追跡まで行い、再発を防ぎます。