経費精算システム

経費精算システム 35サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。条件を選択することで、クラウド型の経費精算システム、ランキング上位の経費精算システム、大企業・中小企業におすすめの経費精算システム、英語対応の経費精算システムなどを探すことが出来ます。

経費精算システムの検索結果

35件の経費精算システムをご紹介します。

該当 35 1ページ目 1〜20件
トライアルあり 上場企業導入実績あり

「楽楽精算」は、国内で最も選ばれているクラウド型経費精算システムです。自動仕訳・会計ソフト連携や振込データ作成機能で、経理業務を劇的に効率化を実現。交通費はもちろん、旅費や出張、交際費まで、幅広い経費精算をまとめて管理し、精算業務の負荷を軽減できるシステムです。

トライアルあり 無料プランあり 上場企業導入実績あり

「マネーフォワード クラウド経費」は、経費精算業務に費やしている時間を大幅に削減することができるクラウド型経費精算システムです。カード明細や交通系ICカードの自動読取、レシート入力の自動化など、あらゆる業務で徹底的に手入力を廃止します。もちろんスマホに対応、経費の登録、申請、承認をアプリでも行えます。

上場企業導入実績あり

経費精算クラウドシステム「Concur Expense」は、生産性向上とガバナンス強化で経費精算管理の高度化を実現します。経費精算における問題の発生源を追跡し、ムダな経費支出の可視化が行えます。スマホやウェブアプリで経費精算のすべてを完結でき、外出先のスキマ時間で入力・承認が可能です。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

「TeamSpirit経費精算」は、煩わしい交通費や経費精算の手間を削減できるクラウド型の経費精算システムです。時間と場所を選ばず、隙間時間を活用して従業員自身が処理できるサービスが特長。また経理担当の業務負荷を軽減できる、口座振り込みの自動化や仕訳データの作成なども可能です。

トライアルあり 無料プランあり 上場企業導入実績あり

「ジョブカン経費精算」は、シンプルで使いやすいデザインで、豊富な経費精算機能を業界最安クラスで提供する経費精算システムです。経費精算だけでなく、社内のあらゆる申請書を管理できるワークフロー機能も併用可能で、社内の申請業務を一括管理できることが大きな特徴です。 導入社数は10,000社以上(2020年4月現在)。ITトレンド年間ランキング2019において「経費精算システム」第1位を獲得しています。

トライアルあり

「レシートポスト」は、ペーパーレスにこだわった経費精算システムです。全自動入力機能が搭載されているため、交通費・旅費や出張、交際費などの経費精算業務で発生している時間を大幅に削減することができます。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

「クラウド経費精算システム freee(フリー)」は、経費精算にかかるコストを最小化できるシステムです。 スマホで写真を撮るだけで経費申請、承認作業も1クリックで完了。 面倒な経費精算事務の負担を減らすことで、より創造的な活動にフォーカスできるようサポートします。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

「rakumo ケイヒ」は、rakumo株式会社が提供する経費精算システムです。rakumoシリーズはグループウェアをはじめ、各種業務系ツールを展開。共通ユーザー基盤、斬新な製品間連携、マニュアル不要・高機能・低価格で利用できる点が特徴です。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

「eKeihi」は、使いやすさを重視した経費精算システムです。高い機能性・コストパフォーマンスが特長で、経費申請や承認作業、経理業務の効率化などを実現します。多機能を低コストでありながら、世界トップレベルのセキュリティ対策も魅力です。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

「経費BankⅡ」は、場所と時間を選ばず経費の申請・承認が可能な経費精算システムです。交通費系ICカードやクレジットカードと連携した経費精算をはじめ、会計システムのデータを用いた自動仕訳など、経理業務に割く時間を大幅に削減することが可能です。

「らくらく旅費経費」は、株式会社 無限が提供する経費精算管理ソリューションです。交通系ICカードの取り込みはもちろん路線検索機能から交際費精算、出張の仮払い申請まであらゆる業務に対応。また、スマートフォンからも各種申請は可能です。

トライアルあり

「transit manager(トラマネ)」は、交通系ICカードを業務用スマートフォンや専用端末などにかざすだけで、経費精算用の交通系ICカード利用データを読み込むことができる交通費精算サービスです。 交通費精算の業務軽減や管理業務を行う部門の業務負荷軽減が期待できます。

「J'sNAVI NEO」は、JTBが開発したクラウド型の出張費削減・精算業務の効率化ソリューションです。出張にまつわる交通費の精算やそれに付随する経理業務をまとめてに解決できることはもちろん、コスト削減やガバナンス強化、リスク管理など、ビジネストラベルマネジメントがこれ1つで行えます。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

「Traveler'sWAN」は、株式会社日立システムズが提供する経費精算システムです。旅費精算、経費精算に特化した日本固有の複雑な精算文化にも柔軟に対応します。経費精算システムの品質を重視するクライアントに支持されており、国内最大級の導入実績を誇ります。

「ハイ!経費」は、紙やエクセルで管理している経理上の業務(交通費精算・出張申請、精算・交際費申請、精算・経費申請、精算など)を効率化するクラウドサービスです。 経費精算を可視化することで、不正・漏れ・ダブリ等を防止することができます。

「Staple 」は、従業員による立替や、経費精算作業そのものを限りなく0に近づけるために開発された経費精算サービス。数人〜数千人での利用も可能とする拡張性を有し、多様な要件に柔軟に対応します。洗練されたインターフェイスで多くのユーザーから支持を獲得しています。Stapleを継続して利用する顧客はなんと99%以上。とりわけスマほアプリでの使用感は業界随一を謳っています。

トライアルあり

「ネクストICカード」は、お手持ちのICカードで勤怠管理や交通費精算を可能にするクラウドサービスです。利用料金以上に業務効率化とお金無駄を大幅に削減することができます。もちろん経費精算機能も搭載。勤怠管理、交通費精算、経費精算をまとめて行いたい方におすすめです。

パナソニック ネットソリューションズ株式会社

「MajorFlow Keihi」は、申請から支払業務までを一元管理できるweb経費精算システムです。webブラウザで承認されたデータの計上処理や仮払 管理、戻入金管理や支払業務などが可能です。仕訳やFBデータを出力でき、会計ソフトや銀行オンラインシステムとの連携ができます。検索機能や予算実績対比により、経費精算の「見える化」を実現します。

株式会社クラビス
トライアルあり

Streamedは、株式会社クラビスが提供する確定申告のための効率化ツールです。99.9%の正確さでレシートや領収書を読み取り、自動でデータ化することが可能です。CSV形式で出力して会計ソフトにも連携 することができます。

「iS-Trip」は、出張旅費をはじめとした各種経費の申請、承認、精算処理をオンライン上で完結できるようにしたシステムです。 「駅すぱあと」との連携や日当自動計算などの各種機能が揃っていることはもちろん、バックオフィス業務に必要な申請・精算業務を迅速かつ正確に行います。

経費精算システムとは

経費精算システムとは、交通費や交際費などの経費精算業務を効率化するシステムです。申請書の作成から承認、その後の経理業務(仕訳・支払)まで効率的に行うことができ、申請者・承認者・経理担当者、それぞれにとってメリットがあるシステムといえます。

近年ではクラウド型の経費精算システムが主流で、外出先、移動中など場所を問わずに申請・処理が行えるのが心強いポイント。デバイスを問わずスマートフォンでサクッと処理できるのも嬉しい点でしょう。

申請作業に割く時間をなるべく減らしたい、経理業務の負担をなるべく減らしたいという場合には導入を検討したいシステムです。

経費精算システムの仕組みと使い方

経費精算システムを導入すれば、スキャン機能を活用して経費申請を簡単に済ませることができます。

平成28年に法改正があってから、領収書のスキャン保存が幅広く認められました。そのため、経費精算システムで申請を行う際にはスマホのカメラでスキャンするだけでOKです。また、経費精算システムによっては交通費申請を行う際にICカードのデータをそのまま読み込むこともできるため、申請業務を大幅に効率化できるでしょう。スキャンデータやICカードのデータをそのままインポートできることから、虚偽のデータ申請や申請ミスの防止も可能です。

もし差し戻しがあった場合も申請者にアラートを送ってすぐに対応してもらえるのが便利なポイントです。クラウド型の経費精算システムであれば外出先、移動中などにも修正できるので、出張や外出が多い営業職や拠点をたくさん展開している会社でも安心して利用できます。

経費精算システムの機能

経費精算システムには、経費精算業務の効率化を叶えるさまざまな機能が搭載されています。

経路検索サービスと連携しているものであれば、交通費精算の際に適切なルートを確認することも可能。先にも述べたように、ICカードと連携できるものであれば、ICカード内に残されているデータをそのまま取り込むこともできます。

また、スマートフォンのカメラで領収書を読み取り、そのままデータ化して申請することも可能。OCRによる読み取り機能にあわせて、オペレーターがダブルチェックを行いデータ化してもらえるものも増えているようです。

仕分けデータや振込データの自動作成や、マスター情報のCSVファイルによるインポート機能なども便利でしょう。

経費精算システムのメリット・デメリット

紙やExcelベースで行っていた経費精算業務をシステム化することで、大幅な業務効率化を図ることができます。さらに、外出中であっても簡単に申請・承認が可能なため、担当者の負荷軽減も期待できます。また経費の上限や企業別に規定の設定ができるため、不正申請の防止にもつながるでしょう。ただし便利な半面デメリットもあるので、導入の際には注意が必要です。

メリット
①経費申請にかかる手間をカット
経費申請システムを導入すれば、領収書を写真撮影するだけで入力業務をカット。伝票の入力、領収書の貼付などが面倒で経費申請業務がたまりがち……という人でも、スムーズに申請することができるでしょう。移動中にサクッと申請できるのもうれしいポイントです。

②経理業務の手間をカット
領収書のスキャンデータをそのまま取り込めるほか、システムによってはICカードのデータもそのまま読み込めるため、申請ミスが起こりません。そのため、修正依頼にかかる手間や時間もカットできます。会計システムと連携できるものであれば、入力の手間も減らせるので心強いでしょう。

③生産性の向上につながる
経費精算や処理の手間を大幅にカットできることによって、これまでに経費精算業務に割いていた時間をコア業務に割くことができ、全体的な生産性向上を叶えることができます。経費精算業務にかかる人件費に悩まされているという場合も効果的でしょう。

デメリット
①使いこなせない場合がある
直感的な操作が可能な経費精算システムは少なくないですが、もしも操作が少し難しいシステムを導入してしまった場合、社内で使える人が限られてしまい結局業務効率化につながらないなんてことも。無料トライアルを利用し、使いやすさを確認してから導入すると安心でしょう。

②コストがかかる
経費精算システムを導入するには、どうしても費用がかかってしまいます。たとえばクラウド型の場合、初期費用に加えて月々の利用料金がかかります。機能面やサポート面などをきちんと確認し、コストパフォーマンスに優れたものを導入しておけば安心です。

③情報漏洩に気をつける必要がある
最近の経費精算システムの主流はクラウド型ですが、クラウド型の場合にはセキュリティ面が不安という声も少なくありません。会社のお金に関わる部分に携わっているシステムなので、万が一の情報漏洩が起こらぬよう注意しましょう。セキュリティ面の機能が充実しているものを選ぶほか、場合によってはオンプレミス型で導入するというのも1つも手段です。

さらに詳しく知りたい方は、経費精算システムのメリット・デメリット|導入事例も紹介【2021年最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。

経費精算システムの選び方

まず自社の経費精算のプロセスを見直し、課題を解決するための目的・道筋を明確にします。そうすることで必要な機能を絞ることができ、オーバースペックかつ高価なシステムを選定せずに済むでしょう。また、既に導入している自社システムとの親和性も考慮しておくと、より業務効率化が望めます。

また、もっとも重要と言っても過言ではないのが使いやすさです。経費精算業務の効率化を叶えるためには、誰しもにとって使いやすいシステムでないといけません。「月額料金がリーズナブルだったから」、「名前を聞いたことがあるから」などという理由で安易に導入を決めるのではなく、必ず無料トライアルを活用し、問題なく使えるかどうかを確認してから導入しましょう。

クラウド型の経費精算システムを導入する場合、ログ管理はできるか、IPアドレスの制限はできるか、通信やデータはすべて暗号化されているかなど、セキュリティ面の機能が充実しているかも注意が必要です。

さらに詳しく知りたい方は、経費精算システムの選び方をステップ方式で徹底ガイド【2021年最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。

経費精算システムの価格・料金相場

経費精算システムを導入する際には、クラウド型とオンプレミス型の2つの形態から選ぶことができます。

クラウド型経費精算システムを導入する場合には初期費用と月額費用がかかり、初期費用は大体〜20万円ほど。システムによっては初期費用無料で導入できるものもあるようです。月額費用は、1アカウント(ユーザー)につき300〜800円が相場とされています。

一方、セキュリティ面などに考慮しオンプレミス型の経費精算システムを導入するという場合、初期費用は100万円〜。しかし、どのようなシステムにしたいのかによって左右に大きく変動するでしょう。

・クラウド型
初期費用:無料~20万円程度
月額費用:300円~800円程度/1アカウント

・オンプレミス型
初期費用:100万円~

経費精算システムのシェア

数多くの企業が経費精算システムを導入していますが、代表的な経費精算システムの場合どれほどのシェアを誇るのでしょうか。

たとえば、勤怠管理や労務管理などさまざまなシステムを提供している「ジョブカンシリーズ」の1つ「ジョブカン 経費精算」は、導入企業数1万社以上。シリーズ製品とあわせて使用することでさらに効率化を叶えられる点が、多くの人気を集めています。

国内の経費精算システムを代表する1つとして人気の「楽楽精算」は、導入企業数7,000社を記録。使いやすさや充実した機能が評価されています。

一方、優れたコストパフォーマンスが魅力の「eKeihi」は累計で58万ユーザーに利用されており、2,300社以上にも導入されてきました。

多くの企業に導入されてきたということは、信頼の裏付けでもあります。システムを選定する際には、導入実績が豊富かどうかもチェックしておくと安心でしょう。

経費精算における電子帳簿保存法について

電子帳簿保存法とは、領収書や請求書などの国税関係帳簿書類を電子データとして保存できるよう認めた法律です。

もともと国税関係書類は原本を7年間は保存しなければなりませんが、電子帳簿保存法の登場により、保管しておくのはデータ化された書類であっても可能に。電子帳簿保存に対応しているシステムを導入すれば、領収書などのデータ化・保存も行えるでしょう。

しかし、電子帳簿保存法に対応している経費精算システムを導入するだけで、電子データでの保存が可能となるわけではありません。書類の電子保存を始める3ヶ月前までに、税務署に申請書類を提出しておく必要があります。経費精算システムの選定を始める前に、必要な手続きを済ませておくと安心でしょう。

経費精算システム以外のSaaSサービス

アイミツSaaSでは経費精算システム以外のSaaSサービスを取り扱っています。是非、その他のSaaSサービス選びにもご活用ください。