名刺管理ソフトの人気おすすめランキング

名刺管理ソフトの人気おすすめランキングです。

名刺管理ソフトの人気おすすめランキングの検索結果

10件の名刺管理ソフトの人気おすすめランキングをご紹介します。

該当 10
トライアルあり 上場企業導入実績あり

Sansanとは、社内の名刺をはじめとした顧客データを一括管理することで、企業の成長を後押しする名刺管理ソフトです。専用スキャナかスマートフォンで手軽にスキャンを行え、スキャンした情報はAIやオペレーターの手入力により99.9%の正確性を誇っています。従来人為的に行っていた反社チェックを自動で行うことができ、チェック漏れなどミス防止ができリスク回避につながります。スキャンしたデータを「Sansan Plus」を利用してさらにデータの活用の幅を広げることができます。契約管理オプションとしてクラウドサインと連携を行えば、契約状況をシステム上で確認できるので、営業や法務、バックオフィスなどの業務効率化を図ることができます。

Eight 企業向けプレミアムとは、社内の名刺を一括管理することができる法人向けの名刺管理ソフトです。個人のEightにある名刺情報を社内で共有しデータベース化することで検索・閲覧が可能です。取り込んだ名刺情報はCSVデータでエクスポートすることができるので、年賀状の作成やメールマガジンの一括配信など名刺情報を様々な営業ツールとしても二次活用することができます。名刺アーカイブ機能やHubSpot連携機能などのオプションを導入することにより名刺管理の幅を広げより業務の効率化を図ることができるようになります。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

Knowledge Suite(GRIDY 名刺CRM)とは、名刺情報を正確に高速でデジタル化しSFAやグループウェアと連携して社内での活用を促進する名刺管理ソフトです。名刺情報のデータ化は、名刺に手書きしたメモさえも認識するほど高性能なOCRや、独自の辞書機能、オペレーターによる正確さ入力で反映されます。取り込んだ名刺情報は自動的にGRIDY SFAの顧客データに蓄積されるため、活動情報などのデータを紐付けて一元管理することができます。データ補正作業は、国内スタッフが名刺情報を部分的に目視、修正するため安全にデータを保管できます。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

CAMCARD BUSINESSとは、制度の高いOCR変換機能を使うことで最速5秒で名刺をデータ化することができる名刺管理ソフトです。展示会や複数人での商談の際、名刺交換を行ってからすぐにデータ化し管理することができるため、スピード感を大切にする営業に向いているシステムです。取り込んだ名刺データはオペレーターによるデータの修正が入り、名刺情報を99%の精度で補正できます。また、SFA機能を活用し商談情報やタスクを名刺に紐付けしておくことができます。日本語だけでなく、英語、中国語、フランス語など計17ヶ国の言語に対応しているので、外国人労働者がいる企業やグローバル展開を行っている企業に対応しています。

無料プランあり 上場企業導入実績あり

myBridgeとは、LINE株式会社が提供する完全無料の名刺管理アプリです。名刺情報はスマホで撮影したのち、OCRと人力によるデータ化を行い、1日にデータ化できる名刺情報に制限はありません。LINEを利用して名刺データを気軽に送ることができる他、Excelファイルでの一括エクスポートもできます。スマホに連絡先を登録していない相手からの着信があった場合、myBridgeに名刺情報を登録していると着信時に名刺情報を表示することができます。オンライン名刺を作成することができ、URL形式で相手に名刺情報を送ることができるため、オンライン商談などに利用することが可能です。

上場企業導入実績あり

SmartViscaとは、Salesforceと一体型の名刺管理ソフトです。Salesforceと組み合わせて利用することで営業成果や顧客管理を実現することができたり、Salesforceと同じID・パスワードでのユーザー管理などの運用を一元化できます。Salesforceとの連携を通した顧客管理や案件管理、ダイレクトメール配信、アンケートなども利用することができ、4,000以上の他社システムとの連携ができるので業務の幅が広がります。通信はすべてSSL/TLSで暗号化しており、オペレーターによる名刺データ入力はひとつの名刺内容を分割して入力しているのでセキュリティ対策・コンプライアンス対策も安心して利用できます。

ソフトブレーン株式会社

eセールスマネージャーRemix Cloudとは、徹底したサポートにて、導入から定着までの営業のDXを支援するSFAです。営業活動を可視化し、営業力・組織力向上や生産性向上、ノウハウの蓄積・共有、顧客満足度向上など様々な営業課題を解決に導きます。名刺管理においては、スマホでの名刺撮影や、スキャナーでの取り込みで名刺情報をテキスト化し登録できるため、面倒な名刺登録の手間を省き業務効率化を図ることができます。名刺情報の登録・確認をアウトソースも可能で、オペレーターがチェックを行うため、文字化けなく正確な名刺情報を登録することができます。サポートデスクや研修、顧客アドバイザーや活用支援サイトなどサポートが充実しており、導入実績5,500社以上、利用継続95%を誇ります。

上場企業導入実績あり

ホットプロファイルとは、現場主義で名刺管理だけでなく顧客管理など営業支援に活用できる名刺管理ソフトです。名刺を撮影やスキャンしてデータ化した後にオペレーターによる入力補正を行うため正確な情報を管理することができます。MA機能によりメールの開封や閲覧状況を分析して確度の高いリードを発掘できるのでインサイドセールスに役立ちます。昨今増えているリモートでの商談の際には名刺交換ができず相手の情報が管理できなくなりますが、Zoom商談とオンライン名刺機能を同期させることで、オンライン商談でもその場で名刺交換を行えるためコロナ禍や遠方の相手との商談の際にも名刺管理を行うことができます。料金プランは1ユーザー月額3,000円で利用することができます。

トライアルあり

PHONE APPLI PEOPLE(旧:連絡とれるくん)とは、スマートフォンで登録した名刺情報をもとに電話帳として管理できる名刺管理ソフトです。名前や電話番号、会社名などを一括して管理することができるので、部署ごとやチームごとのグループでの管理もすることもできます。Sansanが提供している名刺管理ソフトと連携することもできるのでSansanで読み取った名刺情報をWeb電話帳に取り込むことが可能です。連携を行うことで社外の人脈の把握や閲覧がよりスムーズにできるようになり、営業活動や企画なども柔軟に行うことができるようになります。料金プランは初期費用50,000円と1ユーザー月額300円で利用することができます。

無料プランあり

Wantedly Peopleとは、スマートフォンで撮影するだけで最大10枚の名刺を管理ができる名刺管理ソフトです。瞬間的に10枚の名刺を同時にデータ化することができ、連絡帳にも追加することができます。スマートフォン本体をマナーモードにするとシャッター音を無音にすることができるので、様々なビジネスシーンで名刺を取り込むことができます。400万人が利用しており、無料で使用することができるので名刺管理を手軽に行うことができます。読み込んだ名刺データをもとに検索することができ、さらに登録情報が更新されると変更があったことを知らせてくれるので、転勤や異動といった変化があっても見逃すことなく最新の情報を登録しておくことができます。