PBX

PBX34サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。条件を選択することで、低価格なPBXやクラウド型のPBX、モバイル対応可能なPBXなどを探すことが出来ます。

PBXの検索結果

34件のPBXをご紹介します。

該当 341ページ目 1〜20件
株式会社グラントン
料金
980
トライアルプラン
あり
クラウドテレコム株式会社
料金
お問い合わせ
トライアルプラン
料金
200
トライアルプラン
料金
800円/ユーザー
トライアルプラン
料金
11,000円/専用BOX1台
トライアルプラン
あり
料金
2,000
トライアルプラン
あり
料金
3,980
トライアルプラン
料金
3,400
トライアルプラン
料金
0.008$/分
トライアルプラン
あり
料金
900円/回線
トライアルプラン
料金
5,000円/契約
トライアルプラン
あり
料金
700円/ユーザ
トライアルプラン
あり
エス・アンド・アイ株式会社
料金
お問い合わせ
トライアルプラン
あり
株式会社Good Relations
料金
3,000
トライアルプラン
料金
お問い合わせ
トライアルプラン
料金
お問い合わせ
トライアルプラン
料金
お問い合わせ
トライアルプラン
料金
4,800
トライアルプラン
料金
お問い合わせ
トライアルプラン
料金
お問い合わせ
トライアルプラン

PBXとは

PBXとは、構内電話交換機とも呼ばれ、「通話の交通整理」を担います。

同じオフィス内での電話をつないだり(内線)、外からの着信(外線)を特定の社員に転送したり、業務上の電話のやり取りを効率化するためのシステムです。

さらに詳しく知りたい方は、クラウドPBXとは?|IP-PBXやビジネスフォンとの違いまで徹底解説をご覧ください。

PBXメリット・デメリット

近年、オフィス内にハードウェアを置かない「クラウドPBX」が注目されています。ここでは、クラウドPBXの導入で得られるメリットとデメリットを紹介。まずは3つのメリットを説明します。

■クラウドPBXのメリット

①費用が安い
一般的な電話回線と違い、設置工事が不要なので工事費用がかかりません。また、通話料金が安いためランニングコスト削減にも繋がります。

②デバイスフリー
クラウドPBXはネットを介してオフィス電話を管理します。インターネットさえ繋がっていれば、スマホでもオフィス電話を利用できるため、外出先にいても着信を取り逃しません。

③他サービスとの連携
CRMやSFAと連携できるPBXも多く、顧客情報・応対履歴を確認しながらの通話を実現します。業務効率化に繋がるほか、すぐに以前の情報を確認できることから顧客満足度の向上も見込めるでしょう。

続いて、クラウドPBX導入時のデメリットを2つ紹介します。

■クラウドPBXのデメリット

①音声品質が低い
インターネットの接続環境により、相手の声が聞きづらいことがあります。オフィス内にいても音質が悪い場合は、社内のネット回線も見直した方がいいかもしれません。

②セキュリティリスク
セキュリティについては、PBXの提供会社の体制に左右されます。業務上の音声・顧客情報が流出しないよう、導入前にプライバシーポリシーやセキュリティへの取り組みを確認しましょう。

さらに詳しく知りたい方は、PBXのメリット・デメリット全集!【2021年最新版】をご覧ください。

PBX以外のSaaSサービス

アイミツSaaSではPBX以外のSaaSサービスを取り扱っています。是非、その他のSaaSサービス選びにもご活用ください。