オンラインストレージ(クラウドストレージ)(4ページ目)

オンラインストレージ(クラウドストレージ)の検索結果の4ページ目です。

オンラインストレージ(クラウドストレージ)の検索結果

92件のオンラインストレージ(クラウドストレージ)をご紹介します。

該当 92 4ページ目 61〜80件

GIGAPOD5は、大容量ファイルのURLをメールで送れる便利なファイル共有ソリューションです。使いやすい操作性と高いセキュリティ機能で安全にデータのやり取りが可能です。

ixMarkは、費用対効果や使い勝手にこだわって開発された法人向けクラウドストレージです。社内ファイルサーバのような使用感で、オンラインで社内ファイル共有や社外への共有にうってつけです。

Active! drive SSは、法人向けの大容量ファイル転送サービスです。高度なセキュリティ設定ができるため、ログの管理や閲覧社の権限設定などが細やかに行えます。高品質なサービスを低価格で利用したい人におすすめです。

トライアルあり

Zoho WorkDriveは、さまざまなサイズのファイルを保管・共有・管理するためのオンラインファイル管理プラットフォームです。別のオンラインストレージを使っている場合でも、Zoho WorkDriveなら移行が簡単に行えるため、どの企業でもすぐに使用を開始することができます。

トライアルあり

Ez Sharingは、株式会社カントーが提供する大容量ファイル転送ソリューションです。トライポッドワークス社が手掛ける「GIGAPOD」の機能を、利用しやすい月額料金で提供しています。

トライアルあり

QualitySoft SecureStorageは安全・安心・安価な法人向けオンラインストレージサービスです。初期費用無料、月額固定料金、ユーザー数無制限が特徴で、各種セキュリティ機能も揃えています。

日本情報システム株式会社

NJS eStorage は、顧客の重要なデータをクラウド環境へ保存するサービスです。遠隔地同士での共同作業、セキュアな環境下でのバックアップが可能なオンラインストレージサービスとして、ビジネス活動の効率化に貢献します。通信経路が暗号化されているため、安全に大容量ファイルを転送することが可能です。

コンピュータ・ハイテック株式会社
トライアルあり

TeamFileは、コンピュータ・ハイテック株式会社が提供するファイル共有・転送ソフトウェアです。Linux上のApacheモジュールとして作動し、HTTP(s)を利用することでファイル共有・転送を可能としています。

エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社

SmartCloud ストレージは、キャリアグレードの耐災性と高いセキュリティーを誇る、クラウド型のストレージサービスです。顧客の利用状況あわせてストレージの増減ができる点が魅力。スナップショットや遠隔地バックアップを組み合わせることで、ユーザーの大切なデータを安全に保管することができます。

Bit-driveは、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供するクラウドサービスです。AWS導入・運用、仮想プライベートクラウド、webメールサービス、メールアーカイブサービスなど幅広いクラウドサービスを展開しています。

トライアルあり

GIGAPOD on SaaSは、インターネット経由で簡単にファイル共有ができるオンラインストレージサービスです。スマホやタブレットといったモバイル端末にも対応しているため、場所と時間を問わず利用することができます。ダウンロード用URLを簡単に作成できる点も特徴です。

トライアルあり

Cloudstorは、株式会社アイネットが提供するクラウド型ファイル共有サービスです。スマートフォンやタブレットといったモバイル端末からも利用でき、場所と時間を問わずにファイル共有を行うことができます。データは、国内最高クラスのデータセンターにバックアップされるため、セキュリティの観点においても心配いりません。

株式会社クロノス

SECURE STRAGEは、株式会社クロノスが提供するストレージサービスです。万全なセキュリティ環境が特徴で、証明書認証方式を採用しており、パスワードの流出があった場合でも第三者からのアクセスが不可能になっています。またユーザー数が無制限のため、料金の変動もなく利用し続けられます。

トライアルあり

シーサーガードは、データセンターを沖縄に置く世界水準のデータ貸金庫サービスです。強固なセキュリティ環境を構築しているため、情報漏洩の心配をせずに利用することができます。

無料プランあり

NetDriveは、株式会社テクノブリッジが提供している無料のファイル共有インターネットディスクシステムです。インターネット経由でクラウド上に書類、画像、動画等のあらゆるデータを保管可能です。 場所と時間を問わずデータにアクセスできるため、テレワークの際にもおすすめです。

さくらUTOPIAクラウド オンラインストレージサービスは、株式会社さくらケーシーエスが提供するサービスです。大容量のストレージをクラウド経由で共有・管理することが可能です。接続回線が”プライベート回線接続”と”インターネット接続”の両者から選べる点が特徴です。

ULTRA DRIVEは、企業から個人まで幅広い用途で利用できる大容量のオンラインストレージです。スマートフォンをはじめタブレット、Windows PC、Macなど各種アプリも用意されているため、端末を選ばず利用できます。

トライアルあり

eTra COLLABOは株式会社NSDが提供する法人向けオンラインストレージサービスです。ユーザー数無制限ライセンスで全社導入にも適しています。様々な場所・部門・利用シーンにおけるファイル共有をシンプルかつセキュアに実現することが可能です。

トライアルあり

C@bi-Netは、ブレーン・アシスト株式会社が提供するオンラインストレージサービスです。大容量ファイルの転送を社内外問わず行うことができ、安全性についてもIDCにてデータが管理されているため、破損・盗難の心配もいりません。

Dynabook株式会社

dynaCloud Syncは、Dynabook株式会社が提供するオンラインストレージサービスです。企業内情報の共有やバックアップに活用できます。ネットプリント機能も搭載されているため、社外であっても必要なデータを印刷することが可能です。

オンラインストレージとは

オンラインストレージ(クラウドストレージ)は、インターネット上で自社のファイルやデータを保管、管理、共有ができるウェブサービスです。クラウド上でファイルを管理するため自動的にファイル更新や同期が可能で、常に最新のデータを運用できます。
パソコンだけでなくスマートフォンからでもデータを扱うことができ、大量のデータを相手に渡すことが可能。さまざまな状況にあるメンバーとファイルを共有しながら作業を進める際には、便利なツールと言えるでしょう。

さらに詳しく知りたい方は、オンラインストレージとは?-クラウドストレージ・ファイル共有ソフトとの違いを解説をご覧ください。

オンラインストレージの仕組みと使い方

ファイルやデータは、通常パソコン内のハードディスクやUSBなどの外部メモリに保存します。オンラインストレージは、この保存する場所がオンライン(ネット)上にある仕組みのことや同様のサービスを指します。オンラインストレージでは、データを保存する場所(ストレージ)をサービス提供者がオンラインで提供。ユーザーは、そのストレージにインターネットを介してデータをアップロードすることで保存が可能です。インターネットさえあれば外部メモリも必要なく、誰でも利用できます。
オンラインストレージは、形態にもよりますが概ねクラウドを利用して提供されるため、クラウドストレージとも呼ばれます。

さらに詳しく知りたい方は、オンラインストレージの使い方と仕組みをわかりやすく解説!|アイミツSaaSをご覧ください。

オンラインストレージの機能

オンラインストレージでは、データの保管・管理・共有が可能です。データやファイルは、アップロードするだけで簡単に保管可能。写真や動画など大容量ファイルも保管できるので、パソコンの内容ディスクや外部メモリの容量を気にすることはありません。保管したデータの管理機能も備わっています。ファイルを新しく編集すると、自動で更新・同期してくれたり自動バックアップも可能です。さらに、ファイル検索なども便利な機能と言えるでしょう。
さまざまな働き方が進められる現在、オンラインストレージでとりわけ注目なのが共有機能です。ファイルの同時編集はもちろん、ストレージを利用しないユーザーにもファイルを共有できるダウンロードリンク発行機能も欠かせません。また、オンラインストレージを利用するユーザー機能も大切。ユーザーID管理や同時編集権限を付与するゲスト招待など、運用に必要な機能も重要です。

さらに詳しく知りたい方は、オンラインストレージ(クラウドストレージ)の機能一覧をご覧ください。

オンラインストレージのメリット・デメリット

オンラインストレージは、インターネット環境さえあればデータを簡単に保存できるため非常に便利。また、使い方もシンプルなサービスがほとんどで、導入のハードルが低いものが多いです。沢山のメリットがありますが、導入するデメリットも存在します。ここからは、オンラインストレージのメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット
①場所やデバイスを選ばないアクセス性
インターネットさえあればどこからでもデータの保管・管理ができます。また、パソコン・タブレット・スマートフォンなどさまざまなデバイスからでも利用できるのも利点です。

②データの一元管理が可能
必要なデータをオンラインストレージ上で保管・共有しているため管理や運用が非常にスムーズなのも魅力です。最新のデータ管理や情報の共有もしやすいため、業務効率向上にも役立ってくれます。

③リスク回避に繋がる
パソコンの故障やUSBの紛失によってデータが消失してしまうことはありません。また、地震や火災など大きな災害で会社が大きなダメージを負ったとしても、オンラインストレージでデータを管理していればすぐに利用することが可能です。

デメリット
①セキュリティ面での懸念
オンラインストレージは外部の提供企業のストレージでデータを保管しているため、提供会社が無くなったり設備に不具合が生じた場合、利用できなくなる可能性があります。また、サイバー攻撃を受けた際には情報漏洩のリスクも考えられ、提供会社のセキュリティ対策もしっかりチェックする必要があるでしょう。

②カスタマイズが難しい
機能やシステムについてはある程度決まっているため、自社でほしい機能をカスタマイズすることが難しい場合が多いです。さまざまな便利な機能を搭載したサービスも提供されているので、事前に自社で必要な機能があるか確認をすると良いでしょう。

③障害時の対応ができない
システムについてすべて提供会社に依存しているため、何かサービス障害が発生した場合は自社では対応ができません。問題が発生した場合などにどのような対応や保証があるのか、事前に確認しておく必要があります。

さらに詳しく知りたい方は、オンラインスとレージのメリット・デメリットを徹底解説【2021年最新版】|アイミツSaaSをご覧ください。

オンラインストレージの選び方

現在では、数多くのオンラインストレージが存在しているため、何を基準に選べばいいのか困ることも多いのではないでしょうか。法人向けオンラインストレージを選ぶ際には、「セキュリティ」「データ容量」「対応している機器」の3点に注意して選ぶようにしてください。
「セキュリティ」は、2018年のオンラインストレージに関する市場動向調査においても最も重要なチェックポイントとしてあげられています。法人向けのオンラインストレージは、ノーマルのプランからセキュリティ対策が施されていますが、セキュリティのプランは料金によって異なります。オンラインストレージを契約する際は、そのセキュリティ対策が自社のセキュリティレベルに合うプランかをしっかりと確認するようにしましょう。
次に、「データ容量」についてです。オンラインストレージは導入によりクラウド上にファイルやデータを保管できるため、自社サーバやローカルコンピュータのメモリ不足を解消するのに最適です。ただ、自社の利用目的に合わせたオンラインストレージを選ばなければ、利用をはじめてすぐに容量がいっぱいになってしまったということも起きかねません。オンラインストレージをどのような目的で利用するかを明確にし、自社にとって最適なデータ容量を選ぶようにしましょう。特に、画像や動画、開発中のプラグラムなどを保管しておきたいとお考えの場合は、データ容量が大きいため注意するようにしてください。
最後に「対応している機器」についてです。ほとんどの法人向けオンラインストレージはマルチデバイス対応となっていますが、中には古いデバイスやOSでは利用できない場合もあります。契約をする前に、自社で利用しているデバイスやその他利用する予定のあるデバイスが対応しているか、必ず確認するようにしてください。

さらに詳しく知りたい方は、オンラインストレージの選定基準を法人向けに全て解説【2021年最新版】をご覧ください。

オンラインストレージの価格・料金相場

オンラインストレージの料金相場についてご紹介します。料金によって利用できる人数や容量が変わってくるため、自社の要望にあったサービスを選ぶようにしましょう。利用できる機能なども料金によって違うのでしっかりとチェックが必要です。

初期費用:無料または3万円~10万円程度
月額費用:500円~5,000円程度/1ユーザー
※データ容量、ユーザー数によって変動

オンラインストレージとファイル転送サービスとの違い

多くのオンラインストレージにはファイルを共有する機能が備わっており、ファイル転送サービスと同様の働きをします。ファイル転送サービスではアップロードしたデータをURLおよびパスワードを共有することでデータのやり取りが可能。URLとパスワードさえわかれば誰でもダウンロードできます。
オンラインストレージの場合、ファイルやフォルダごとに細かいダウンロード権限やアクセス権限を設定できるため、必要のない人から閲覧されず安心です。また、ファイルのログなども確認できる機能がある場合は、流出した経緯などを確認し対応策を取ることができます。

オンラインストレージのセキュリティ事故

その便利さから個人でも法人でも利用者が増えているオンラインストレージですが、過去にはオンラインストレージ上に保存していたファイルが外部の第三者に読み取られたというセキュリティ事故が発生したケースもあります。
個人にも活用されるオンラインストレージとして「Dropbox」や「Google Drive」などが有名ですが、個人も利用するオンラインストレージはセキュリティや拡張性、アカウント管理などの機能が乏しく、法人で導入するには適さない側面もあります。
法人向けのオンラインストレージの多くは、大手通信会社やIT企業がサービス提供しています。利用者ごとにアクセス権限の設定やアクセスログを確認でき、安全性を確保しながらも厳格なデータ管理が可能です。

さらに詳しく知りたい方は、オンラインストレージのセキュリティ事故|事例と対策【保存版】をご覧ください。

個人用とビジネス用オンラインストレージの違いと使い分け

個人用とビジネス用オンラインストレージの違いとして代表的なのは、データ容量とセキュリティです。もちろん個人用のものでもある程度のデータ容量とセキュリティ対策は搭載していますが、ビジネス用はより大容量かつ充実したセキュリティ対策を構築しています。ビジネス利用であれば容量やセキュリティ対策は重要なため、利用シーンに合わせて選択もしくは使い分けが必要です。

自作のオンラインストレージ構築と既存サービスの違い

オンラインストレージ導入は、大きく分けると「既存サービスを導入する」か「自作で構築する」かに分かれます。自作で構築した方が長期的なコストは安くなり自社に合うよう自由にカスタマイズできますが、設定や準備など高度な専門知識が必要となり自社のニーズにあった既存サービスを導入後、それでもなおコストなどに課題感がある場合は自作を検討することがおすすめです。近年は無料で使えるオンラインストレージも増えているため、まずはお試しで利用することも可能です。

オンラインストレージの料金形態(サブスクリプション型と買い切り型の違い)

オンラインストレージには主に無料、有料(サブスクリプション)、有料(買い切り)の3種類の料金形態があり、サブスクリプション型のサービス数が多く、一般的です。買い切り型は長い目で見た時にはコストは抑えることができますが、サービス数が少なく海外製品が多いことや、一度購入すると基本的にサービスの更新が行われないことはデメリットと言えるかもしれません。

さらに詳しく知りたい方は、クラウドストレージの買い切りとは?特徴やメリットを徹底解説!|アイミツSaaSをご覧ください。

法人用オンラインストレージのシェア

法人向けオンラインストレージの最新シェアは公表されておらずしっかりとしたデータを発表しているところはありませんが、シェアは拡大し続けています。シェアの拡大とともに製品も増加しているため、オンラインストレージを選ぶ際は各サービスのメリット・デメリットを把握した上で、自社の利用シーンに合わせて検討することが重要です。

さらに詳しく知りたい方は、オンラインストレージの選定基準を法人向けに全て解説をご覧ください。

クラウドストレージの転送速度

クラウドストレージの速度で重要なのは「アップロード速度」「ダウンロード速度」「同期スピード速度」です。サービスによってはアップロードは早いが同期スピードは遅い、などの特徴もありますので、各サービスの特徴を把握し、導入の目的にあったサービスを選定しましょう。

オンラインストレージ(クラウドストレージ)以外のSaaS

アイミツSaaSではオンラインストレージ(クラウドストレージ)以外のSaaSを取り扱っています。是非、その他のSaaS選びにもご活用ください。