エネルギー業界へ導入実績があるオンラインストレージ(クラウドストレージ)

エネルギー業界へ導入実績があるオンラインストレージ(クラウドストレージ)6サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。

エネルギー業界へ導入実績があるオンラインストレージ(クラウドストレージ)の検索結果

6件のエネルギー業界へ導入実績があるオンラインストレージ(クラウドストレージ)をご紹介します。

該当 61 ページ目 1〜6件

セキュアSAMBAは、Chatworkストレージテクノロジーズ株式会社が提供する法人向け国産オンラインストレージサービスです。専門知識がなくても使いやすいオンラインストレージとなっており、お客様ごとにユーザー数・容量をカスタマイズ可能です。

上場企業導入実績あり

Google ドライブとは、グループウェアであるGoogle Workspaceの機能の一つでGoogle社が提供するオンラインストレージサービスです。セキュリ対策もされていて写真、動画、音声ファイルなどをクラウドに安全に保存して共有することができ、Google アカウントをお持ちであれば、最初の 15 GB は無料でご利用いただけます。

Box BusinessはBox社が提供するオンラインストレージサービスです。Box Businessを活用することで社内外のコラボレーションと業務プロセスに関するあらゆるコンテンツを、一箇所に集約して管理、保護、共有、制御することができます。

OneDrive for Business とは、Microsoft 365 向けの安全なオンラインストレージ サービスです。どこからでもファイル共有して、オフラインでの編集やオンラインでの同期により、簡単にコラボレーションすることができます。

トライアルあり

DirectCloud-BOXは、セキュリティと利便性が特徴のオンラインストレージサービスです。スマートな情報共有で職場の生産性を最大化することが可能で、 社内外で安全かつ手軽にファイル共有ができます。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

SYNCNELは、タブレットなどのモバイルデバイスへファイルを安全に配信・管理し、活用できるクラウドサービスです。 2011年の開発以来、セキュリティと高い操作性を強みにサービスを提供しつづけ、現在は約200社に導入されています。