勤怠管理システム(5ページ目)

勤怠管理システムの検索結果の5ページ目です。

勤怠管理システムの検索結果

93件の勤怠管理システムをご紹介します。

該当 93 5ページ目 81〜93件

MAJOR FLOW Z CLOUD 就業管理とは、パナソニック ネットソリューションズ株式会社が提供する勤怠管理システムです。機能としてはPCやスマートフォン、タイムレコーダで打刻した日々の勤務実績から各種時間の自動計算や休暇管理、申請書の申請・承認などをシステム化し、集計したデータを給与システムや原価管理システムに出力できる点が特徴です。充実した機能により勤怠管理業務全体の省力化に期待できます。

OLudeとは、株式会社東計電算が提供する医療・福祉業界向けのクラウド型勤怠管理・給与計算統合システムです。GPS打刻、中抜け打刻、同日複数打刻、PC打刻、スマホ打刻、タブレット打刻など多彩な打刻方法が備わっています。医療・介護・福祉業界に特化した機能として様式9への対応、夜勤、当直など複雑な勤務形態にも対応しています。また、シフト機能を使えば従業員からの申請をもとに簡単にシフト作成、管理も行えるようになります。シフト作成から給与計算までの一連の流れにシームレスに対応できるので他業種にも適応可能です。

株式会社メディアラボ

Shift-Heartとは、株式会社メディアラボが提供する医療施設向けの勤怠管理システムです。看護師を多く抱える病院での「勤務表作成に時間がかかる」という悩みを解決してくれるソリューションで、段階的な自動作成機能で勤務表をたった30分で作成してくれます。また、夜勤、早出や遅出など複雑な勤務形態及び急な変更時にも人員不足をシステムがしっかり認識し、看護師の最適な人員配置を行います。メディアラボ社が長年培ってきた医療現場での高い技術を活かし、全国でサービスを展開していて、全国26の病院や施設に導入実績があります。大掛かりなハードを設置する必要はなく、病棟ごとにPCを繋いだり、PC同士を繋いだりWindows PCがあれば基本的に利用可能です。各病院に専任の技術担当者がつくので、導入後も安心してご利用いただけるサービスです。

i勤怠とは、工事などの現場仕事が多い社員の勤怠管理に適したシステムです。パソコン・スマホのマルチデバイスに対応しており、クラウド型・オンプレミス型など、導入形態も複数用意されています。機能としては、PC、スマートフォンによるWeb打刻から日報報告、経費申請、チャット機能などを利用した豊富な機能が特徴です。シフト機能では、予め社員の資格を登録しておくことで指定した時間帯に有資格者がいるシフトを組むことが可能です。また提供元のワンダフルフライ株式会社は金融系システムの構築経験が長く、高いセキュリティ要件に対応している点も特徴です。社員ひとりあたり月額500円という低コストから導入ができる勤怠管理システムです。

トライアルあり

SPEASICとは、打刻、申請、承認、確定などの勤怠管理の業務を一元で行うことのできるクラウド型の勤怠管理システムです。ICカードやスマートフォンなど多彩な打刻方法が用意されており、フレックス制やシフト勤務制にも対応。休暇や残業の申請承認、自動集計、給与ソフトとの連携までを一元化することで、業務の効率化が期待できます。また、標準機能で対応できない就業ルールがあった場合には、カスタマイズ設計ができるのも特徴のひとつで、多様な勤務形態に対応できる勤怠管理システムといえるでしょう。

トライアルあり

M-GPSとは、営業・派遣・店舗スタッフの勤怠管理業務を効率化するクラウド型の勤怠管理システムです。スマートフォン・携帯電話でのGPS打刻により、位置情報を含めた勤怠管理ができます。さらに、勤怠情報データのCSV出力、店舗などに応じたメンバーのグループ分け、病欠や遅刻連絡に便利な掲示板機能があります。初期費用5,000円(税抜)と月額利用費10,000円(税抜)で人数制限なしで使えるため、人材派遣、訪問介護、警備会社や複数店舗を展開するチェーン店など多くのスタッフを管理する業種で活用できるサービスです。

HRMIは、タイ国の労働基準法に準拠した勤怠管理システムです。勤怠管理や給与計算のほかにも、会社組織と社員情報の管理、職歴管理、人事評価などの人事管理機能が備わった統合型システムのため、一連の人事業務を円滑に運用することができます。タイに事業者があり現地スタッフの各業務見える化、効率化、統制強化を図りたい企業におすすめの管理システムです。サポートも充実しており、日本語でも安心してサポートを受けられるため安心して導入いただけます。

株式会社トスコムの指紋勤怠システムとは、指紋認証によりタイムカード不要で打刻ができる勤怠管理システムです。不正打刻を完全にシャットアウトできる抜群の信頼性をもち、自動計算により複雑な集計作業も簡単になります。また出勤は1日複数回に対応しており、休憩回数も1日5回まで対応しています。同社が提供するPOSシステムとも連携ができ、飲食店やカラオケ店、ネットカフェなど業種に特化したPOSシステムがあるため自社の業種に合わせて同時に導入することができます。

株式会社ナンバーツー
トライアルあり

membersとは、シフト作成・シフト勤務制の勤怠管理に優れたクラウド型の勤怠管理システムです。シフト作成においては、各スタッフのスキルや勤務条件設定、曜日・休日などの区分別での人数設定に基づき、自動でシフトを生成することができます。また、web上での希望シフトの収集機能、定型メールの文面設定機能や一斉メール送信機能があるため、作成シフトの共有など、スタッフへの連絡業務も効率化することができます。勤怠管理では指紋認証システムにより不正打刻を防ぐことができ、シフトとのずれがないかもすぐに確認することができます。パチンコ店や飲食店・人材派遣をはじめとしたシフトを中心とする業種の業務を効率化し、経費削減、利益アップに貢献するサービスです。

株式会社アルファメディア

かいけつ就業とは、カード紛失や管理の手間がかからない手のひら認証打刻ができる勤怠管理システムです。手のひら認証打刻にすることで人の出入りの多い職場や社員数の多い職場でも素早く勤怠情報を登録・管理することができます。必要な場合はICカード、タッチパネルからの打刻も選択することができます。勤怠データはリアルタイムで集計・確認することができ、同社提供の給与計算のアウトソーシングサービスも一緒に利用することができます。提供の形は、フレックス制やシフト勤務に対応できるようカスタマイズできるオンプレミス型と、カスタマイズなしですぐに利用できるクラウド型から選ぶことができ、自社の規模や就業ルールにあった形で導入することができます。

株式会社インターフェイスロジテム

TRAFFICS2勤怠システムとは、長距離運行など24時間超えの労働にも対応した運輸業に特化した勤怠管理システムです。主にトラックなどに搭載されている走行距離や走行時間を記録するデジタコ(運行記録計)のデータから正確な労働時間を自動算出します。1画面でデジタコデータと勤怠実績をグラフ表示し比較することが出来るので視覚的に分かりやすい管理方法となっています。さらにデジタコデータから距離手当などを自動計算できたり、システム連携することで給与計算がでるので、複雑になりがちな運転手、乗務員、事務員、作業スタッフなど全ての従業員の勤怠管理を統合的に管理できるシステムです。

株式会社マインド
無料プランあり

MosPとは、株式会社マインドが提供する柔軟にカスタマイズすることが可能で、自社に合わせたシステムを構築することができるな勤怠管理システムです。社員別勤怠承認など約60項目の機能があり、勤務入力から承認、月次集計、データ出力まで幅広く豊富な勤怠機能を搭載しています。さらに5万ダウンロード突破し、稼働数400社以上の実績を誇ります。また、導入設定サービスやユーザーサポートパックなどサポート体制も充実しています。柔軟にカスタマイズできることから大学や工場、情報通信業界など幅広い業界に導入されている日本唯一のオープンソース勤怠管理システムです。

iビジネスパートナーズ株式会社

クラウドサービス/iビジネスパートナーズとは、iビジネスパートナーズ株式会社が提供するクラウドサービスです。勤怠管理・⼈事管理・経費管理から健康経営サポートまで企業運営に必要な機能を提供します。その中の勤怠管理では、打刻管理や出退勤管理、シフト管理や申請管理などを実現するために通知機能や打刻データの集計機能を備えていて複数拠点での管理が簡単にできます。また、他システムとの連携も可能で、給与計算もスムーズに行なえるのが特徴です。情報通信業、卸売業、小売業などの業界にも導入されていて、バックオフィス全般を一元管理したい企業におすすめのサービスです。

勤怠管理システムとは

勤怠管理システムとは、出退勤の打刻やシフト管理など、勤怠に関わる業務をデータ管理によって支援するシステムです。勤怠管理システムを導入することで、正確な勤務時間や残業の実態、休暇取得状況などを把握できます。これらの勤怠データは、従業員の過労防止や業務効率化を目指す上でも指標となるため、企業からの需要も高まっています。社員にとっても業務負担の軽減や働きやすさに繋がるため、導入を検討したい注目のシステムといえるでしょう。

さらに詳しく知りたい方は、勤怠管理システムとは?メリットと事例を具体的に解説をご覧ください。

勤怠管理システムの仕組みと使い方

勤怠管理システムの基本的な仕組みは、出退勤の打刻、各種申請手続き、データの集計・管理の3つで成り立っています。
社員が行う日々の打刻において、従来のタイムカードと勤怠管理システムの使い方にほとんど違いはありません。違う点として挙げられるのは、交通系ICカードや生体認証による打刻やパソコンへのログインによる打刻など、手段が増えていることです。集まった勤怠データは人事・経理担当などが集計し、交通費や給与の計算、有給休暇の調整などに活用します。この時、遅刻・早退の申請や休暇届などに対する承認作業もしばしば発生します。またマネージャー層が業務実態の把握や全体の生産性向上に活用することもあるでしょう。
このように、勤怠管理システムは規模や目的に合わせてさまざまな方法で利用されています。

勤怠管理システムの機能

勤怠管理システムに搭載されている機能は幅広く、ニーズに合わせた製品選びができます。代表的な機能である打刻方法を見てもICカード打刻や顔認証による打刻や出先からも対応できるGPS打刻(位置情報)などさまざま。
その他フレックスタイム制への対応やワークフロー機能など便利な機能は多いですが、全ての機能をカバーしようと考えると予算とコストのバランスが取れなくなってしまいます。機能を比較する際には、優先度をつけて比較してみることをおすすめします。

さらに詳しく知りたい方は、勤怠管理システムの機能一覧をご覧ください。

勤怠管理システムのメリット・デメリット

勤怠管理システムは、低コストで勤怠に関わる多くの業務を効率化でき、社員の負担を減らせるため大変便利です。しかし曖昧に導入してしまった場合は、いくつかのデメリットも発生します。導入前の予備知識として、メリット・デメリットをあらかじめ把握しておきましょう。

メリット

①業務効率化・コスト削減
紙やエクセルへの手入力による勤怠管理は、毎日時間のロスが発生してしまいます。しかし、勤怠に関わる作業は会社の生産活動とはあまり関係がないもの。システムを活用してこれらの作業を簡略化することで本来の業務に当てるリソースを増やせれば、会社全体の生産性を高めることが可能になります。費用対効果をみれば、コスト削減にもつながります。

②給与計算の自動化
給与計算を自動化することで、担当者の負担軽減と正確な賃金や手当の支払いを実現します。従来のタイムカードによる管理は、万が一ミスが合っても気付きにくく、発覚してしまった際に従業員のモチベーションが大幅に低下してしまうといった恐れがあります。給与計算を自動化することで、社員も安心して業務に取りかかれるのです。

③法改正への対応
2019年4月から「働き方改革関連法案」が有効となり、時間外労働の上限規制が定められました。従来までは、こうした法律の改正への対応が人事社員の負担となっていました。しかしクラウド型の勤怠管理システムであればベンダーによるアップデートが自動で行われるため、法改正への対応に迫られることはありません。

デメリット

①導入したツールが自社に合っていない
企業によって従業員の働き方はさまざまです。アルバイトやパートなどの雇用形態、フレックスタイム制度など複雑な勤務時間のパターンを採用している場合もあるでしょう。こうした社内規則を全てカバーできるシステムを導入できないとどうしても手作業が残ってしまい、逆に社員の負担となってしまう可能性があります。

②初期投資が高額になりすぎるケース
勤怠管理システムの料金体系は、製品ごとに異なります。1人あたりの利用料が低コストのシステムだったとしても、追加する機能や利用人数によっては予想以上に高額になってしまうケースもあります。製品の利用料金をしっかりと把握し、会社の予算に合ったシステムを選んでください。

③導入作業(社内周知・運用)の負荷が高い
勤怠管理システムの導入時は、通常の業務に加えて社内周知や運用トレーニングを行う必要がありますので、一時的に社員の負担が増えてしまいます。また導入した勤怠管理システムが社内規則と合わない場合、どちらかを見直す必要性も発生してくることでしょう。

勤怠管理システムの選び方

勤怠管理システムを比較する際は、まず規模感に合わせてクラウド・オンプレミスを選ぶとよいでしょう。近年は低コスト・少人数から利用できるクラウドサービスが多く提供されていますが、セキュリティ面で優れるオンプレミスのサービスもまだまだ需要があります。自社の規模や環境に合わせて導入しましょう。
また、社員がストレスなく使えることも大切です。自社の勤務体系とマッチするか、社員のリテラシーにあった操作性か、などを確認することでスムーズに導入できます。さらに、予算とコストも大切です。導入する勤怠管理システムのコストは、オプション機能の有無・利用する社員数などによって変動します。また製品ごとに最低利用人数などもありますので、忘れずに確認しておきましょう。
導入後のサポート体制についても、導入後には運用トレーニングの必要性が生じたり社内規則に合わせた設定変更を行う可能性があります。電話・チャット・メールによるサポート窓口の有無は、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

さらに詳しく知りたい方は、勤怠管理システムの選び方を徹底ガイドをご覧ください。

勤怠管理システムの価格・料金相場

勤怠管理システムの料金体系は、インターネットなどのネットワーク経由で接続できるクラウドサービス型と、自社内の設備によって運用するオンプレミスサービス型に分かれます。それぞれの料金体型に特徴があります。また、運用無料のサービスと導入時の初期費用およびランニングコストが発生する有料サービスがありますが、安さだけにとらわれず、充実の機能やカバーできる業務範囲が広い有料版を選ぶことをおすすめします。

・クラウド型
初期費用:0円~50万円
月額費用:200円~500円/1名
※最低利用人数などが設定されている。

・オンプレミス型
初期費用:30万円~100万円
月額費用:1万円前後
※月額費用は追加のサーバ契約、データ量(ユーザー数)で変動。初期費用は打刻機器の有無次第で幅があり、打刻機の費用はICカード打刻機器の購入(1台10万円前後)・PCをUSBをつなぐもの(1台3,000円前後)専用機器(1台10万円前後)。

勤怠管理システムと労務管理システムとの違い

勤怠管理システムと似ているシステムには、労務管理システムがあります。労務管理システムは、従業員の賃金・福利厚生に関する管理業務を支援して、従業員が適切に働ける労働環境を作るために利用します。たとえば、労働時間管理、賃金システムの見直し、従業員の入退社までの手続きなどを行うことができます。
一方で勤怠管理システムは従業員の勤怠・就業状況を管理するシステムで、労務管理の一部です。出勤・退勤時間、休憩時間、出社日数などを把握したり、就業規則や法律順守に関する確認などを実行します。

勤怠管理システムでできること

勤怠管理システムは多様化する就業形態、勤務形態に応じて煩雑になる労働時間の集計業務負担を軽減し、業務効率化を実現します。勤務時間や残業時間、欠勤の管理はもちろん、入力されたデータに基づき、欠勤や休暇、給与などの計算を自動的に行える勤怠管理システムもあります。

勤怠管理システムの導入失敗例

勤怠管理システムの導入に失敗する背景には、「トライアル期間中に社内に浸透できなかった」「自社の就業規則に合わなかった」「使用しているシステムと連携できなかった」などが挙げられます。これらの失敗を回避するためには導入の目的や環境を事前に整理しておくことが大切です。

テレワーク・リモートワークでの勤怠管理方法のコツ

テレワーク・リモートワークを導入する企業が増えていますが、導入に当たって勤怠管理は大きな課題となります。打刻時間や実労働時間の正確な把握や有休や残業、休日出勤の申請がオンラインでできる勤怠管理システムを導入することでその課題を解消することが可能です。

勤怠管理システム導入でもらえる助成金や補助金

勤怠管理システムを導入することで助成金を受け取ることができる「働き方改革推進支援助成金」という制度があります。生産性を高めることで残業時間を減らしたり有給休暇の取得率があがった場合に助成金が出る制度で、「テレワークコース」「労働時間短縮・年休促進支援コース」など5つのコースがあります。
また、「IT導入補助金」というものもあり、生産性の向上のため業務プロセスの改善と効率化を促進する汎用的なITツールの導入に活用できます。

クラウド勤怠管理システムのメリット・デメリット

クラウド勤怠管理システムを導入するには主なメリットとしては、「労働時間の正確な管理」「業務効率化」「法改正への対応」「コスト削減」があげられます。
一方でデメリットとしては、「自社の就業規則に合っていない」「システムトラブルの可能性」「使用中のシステムと連携不可」があります。

勤怠管理をICカード打刻でやるメリットとデメリット

ICカード打刻は、ICカードをカードリーダーにかざすだけで打刻ができるので、手間がかからず打刻漏れ防止に繋がります。しかし導入に際してICカード、カードリーダーの購入コストがかかったり、カードリーダーの接続不良により打刻ができない場合があるというデメリットもあります。

勤怠管理で重要な36協定とは

36協定の正式名称は「時間外・休日労働に関する協定届」といい、会社が法定労働時間を超える時間外労働及び休日勤務を命じる場合に労働基準監督署に届け出ることが義務付けられた労使協定のことです。労働基準法第36条に基づいた協定のため36協定と呼ばれており、勤怠管理において非常に重要になります。

フレックスタイム制の勤怠管理方法

フレックスタイム制とは始業、終業時刻を従業員に委ねる制度のことです。1日の労働時間が不規則になり、勤務時間や時間外労働の計算が非常に煩雑になるため、フレックスタイムに対応した勤怠管理システムを利用して集計するのがおすすめです。

さらに詳しく知りたい方は、フレックスタイム制とは?仕組みや導入目的を徹底解説!をご覧ください。

変形労働時間制の勤怠管理方法

変形労働時間制とは業務の繁閑に応じて所定労働時間の振り分けを可能とする制度です。労働時間を集計する単位も1ヶ月単位、1年単位とあり、集計単位に応じた時間外労働の算出が必要となります。変形労働時間に対応している勤怠管理システムを選ぶことが大切です。

さらに詳しく知りたい方は、変形労働時間制とは?仕組みやメリットを解説【2021年最新】|アイミツSaaSをご覧ください。

勤怠管理システム以外のSaaS

アイミツSaaSでは勤怠管理システム以外のSaaSを取り扱っています。是非、その他のSaaS選びにもご活用ください。