給与前払いサービスと連携可能な勤怠管理システム

給与前払いサービスと連携可能な勤怠管理システム4サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。

給与前払いサービスと連携可能な勤怠管理システムの検索結果

4件の給与前払いサービスと連携可能な勤怠管理システムをご紹介します。

該当 41 ページ目 1〜4件
無料プランあり 上場企業導入実績あり

IEYASUとは、人事実務の専門家集団が共同開発した、無料の勤怠管理システムです。1,000社以上のサポート経験から培った人事・労務の専門ノウハウを生かし、ベンチャー企業で必要な機能を精査、かつシンプルで使いやすい勤怠管理システムを提供しています。ICカード/LINE/Slackでの打刻、出退勤データCSV出力、Web給与明細発行など豊富な機能が特徴です。さらに有料プランにすることにより休暇や残業等の申請ワークフロー、勤怠時間超過等のアラート、業務分類ごとに時間入力することによるプロジェクト収支の見える化、API機能による他社アプリケーションとの情報連携等も可能になります。まずは無料からスタートさせたいという企業ニーズに適した勤怠管理システムです。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

タッチオンタイムとは、タイムカード不要のタイムレコーダーで打刻・申請承認・休暇管理ができ、様々な業種業態の就業ルール、テレワークや働き方改革にも対応した勤怠管理システムです。 選べるタイムレコーダーは多彩にあり、不正打刻の防止に適した生体認証のタイムレコーダーから、導入費用0円のWebブラウザ型のタイムレコーダーやPC不要のタイムレコーダーなどが利用できます。 初期費用は無料で、月額費用も300円/ユーザーで全ての機能が使え、最低利用人数や最低契約期間はなく1ヶ月だけでも利用できます。 導入企業数は26,000社以上、利用者数は190万人を突破し、継続率99.7%を誇るサービスです。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

jinjer勤怠とは、小規模から大規模まで幅広い企業が利用する、利用満足度の高い勤怠管理システムです。直行直帰やテレワークが多い人に便利なスマホアプリでの打刻や、アルバイトの勤怠管理に便利なタブレットでの打刻、ICカードでの打刻など多様な打刻方法があります。また従業員の業務時間の予定と実績を管理し残業時間の超過防止や人件費の予算計算ができます。管理者画面もタブレットとスマホアプリに対応しているも特徴の一つです。また、jingerが提供する給与計算や人事管理などのサービスと連携することができ、人事労務全般の情報を一元管理し業務を効率化をすることができます。13,000社がすでに導入しており、契約継続率99.4%、サポート満足度91.6%と顧客満足度の高いサービスです。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

勤革時とは、株式会社ヒューマンテクノロジーズが提供する「KING OF TIME」をエンジンに稼働しており、最新の勤怠状況をリアルタイムに集計・確認できる勤怠管理システムです。モバイル(携帯・スマホ)、ICカード、顔認証、PC打刻、生体認証など様々な打刻手段を利用できるので自社にあった打刻方法を選べます。シフト管理やスケジュール管理、変形労働時間への対応など複雑な就業規則にも対応可能です。稼働実績15年以上、利用企業数は22,000社以上、172万人以上の利用者数実績を誇ります。