食品業界へ導入実績がある勤怠管理システム

食品業界へ導入実績がある勤怠管理システム10サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。

食品業界へ導入実績がある勤怠管理システムの検索結果

10件の食品業界へ導入実績がある勤怠管理システムをご紹介します。

該当 101 ページ目 1〜10件
トライアルあり 上場企業導入実績あり

KING OF TIMEとは、出退勤管理、シフト管理、働き方改革関連法へ対応する機能などを備えたクラウド型の勤怠管理システムです。打刻方法は幅広く、各自のPCやスマホ端末からのWEBブラウザ打刻に加え、LINE WORKSとの連携によるチャット打刻、本人確認で不正を防ぐ生体認証打刻や交通系ICカード打刻などがあります。残業基準や独自休暇などは自社の勤怠ルールに合わせて設定でき、オンラインで申請承認ができます。リアルタイムで自動集計した勤務時間・打刻時間はマネーフォワードクラウド給与などの給与計算サービス、Akerunなどの入退室管理システムなど外部サービスとの連携が可能です。加えて東京と大分の2拠点でサポート専門のスタッフがおり、サポート体制を整えているのも特徴の一つです。導入企業数24,000社の実績を持ち、幅広い機能によって勤怠管理業務を効率化します。

トライアルあり

AKASHIとは、あらゆる法改正や複雑な就業ルールに対応できるクラウド型勤怠管理システムです。ICカード打刻、Web打刻、スマホ打刻、静脈打刻などの多様な打刻方法やテレワーク中の従業員をリアルタイムで確認できるテレワーク機能、36協定設定などにも対応しています。また、週に一度機能改善があり、常に最新の状態にアップデートされていることも特徴です。30日間の無料トライアルがあり、初期費用無料、外部機器の準備不要ですぐに利用することができます。雇用形態や社員人数に柔軟に対応が可能で、少人数から大企業、中小企業、ベンチャー企業、パートやアルバイトを雇用する店舗、小売業など幅広い業種の管理に対応しています。

マネーフォワードクラウド勤怠とは、豊富な機能と、直感的な操作性に優れたクラウド型の勤怠管理システムです。機能は勤怠管理、シフト管理、有給休暇管理などを備え、基本勤務制、シフト制・裁量労働制・フレックスタイム制などの多様な雇用形態にも対応しています。異動による雇用形態の変化も異動履歴に基づいて勤務データを出力することができるのも特徴の一つです。無料でのメールやチャットサポートに加え、マニュアルを多様に用意しておりサポート体制が充実しています。マネーフォワードクラウドの他システムとの連携が可能で、給与計算を含む人事労務業務の働き方改革を幅広く支援しています。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

jinjer勤怠とは、小規模から大規模まで幅広い企業が利用する、利用満足度の高い勤怠管理システムです。直行直帰やテレワークが多い人に便利なスマホアプリでの打刻や、アルバイトの勤怠管理に便利なタブレットでの打刻、ICカードでの打刻など多様な打刻方法があります。また従業員の業務時間の予定と実績を管理し残業時間の超過防止や人件費の予算計算ができます。管理者画面もタブレットとスマホアプリに対応しているも特徴の一つです。また、jingerが提供する給与計算や人事管理などのサービスと連携することができ、人事労務全般の情報を一元管理し業務を効率化をすることができます。13,000社がすでに導入しており、契約継続率99.4%、サポート満足度91.6%と顧客満足度の高いサービスです。

タッチオンタイムとは、タイムカード不要のタイムレコーダーで打刻・申請承認・休暇管理ができ、様々な業種業態の就業ルール、テレワークや働き方改革にも対応した勤怠管理システムです。 選べるタイムレコーダーは多彩にあり、不正打刻の防止に適した生体認証のタイムレコーダーから、導入費用0円のWebブラウザ型のタイムレコーダーやPC不要のタイムレコーダーなどが利用できます。 初期費用は無料で、月額費用も300円/ユーザーで全ての機能が使え、最低利用人数や最低契約期間はなく1ヶ月だけでも利用できます。 導入企業数は26,000社以上、利用者数は190万人を突破し、継続率99.7%を誇るサービスです。

上場企業導入実績あり

奉行Edge勤怠管理クラウドとは、セキュリティ体制に優れたクラウド型の勤怠管理システムです。全てのデータ通信の暗号化、24時間365日の運用監視、国際標準の情報セキュリティマネジメントの規格を取得しているなどセキュリティ体制が充実しています。また、機能面においても打刻や勤怠集計などの必須機能に加えて、働き方改革関連法に対応する機能や、時差出勤、スライド出勤への対応などの機能もあり、多様な働き方にも対応できます。給与奉行クラウドや総務人事奉行クラウドなどの他の奉行製品と連携することでさらに業務を自動化できます。

e-payとは、「e-pay明細/e-pay Mobile明細」、「e-payWork(勤怠)」、「e-pay One(申請/承認)」、「e-pay OAS」など様々な領域をカバーしているSaaS型のフルサポートサービスです。 勤怠管理機能としては、各社員がWeb上で勤怠実績を入力後、上長が確認/承認することができます。出退勤データ・休暇情報をWeb上で一元管理するため、給与・就業管理システムのメンテナンスが一切不要になるほか、承認した勤怠データは直接給与支払いへと結びつけることができます。 提供している株式会社ペイロールは253社・98万人(2020年3月末現在)の給与サービスを受託している実績があり、運用サポートも充実しています。

バイバイタイムカードとは、複雑な就業ルールを設定でき、大規模企業への導入実績が豊富なクラウド型の勤怠管理システムです。独自の勤怠集計方法や就業ルールに合わせて、専任コンサルティングチームがシステム設計するため複雑な勤怠管理方法にも対応できます。また、打刻方法はスマホ、iPad、PC、QRコード、ICカード、指静脈認証など多様であり、システムの平均のレスポンスタイムが0.02秒で動作が速いことも特徴の一つです。約120社、30万人が利用しており、1,000人以上規模の企業市場でクラウド勤怠管理のシェアが6年連続No.1のサービスです。(ミック経済研究所調べ)

トライアルあり

TeamSpiritとは、勤怠管理・工数管理・経費精算などの社内業務まとめて管理することのできるクラウド型の勤怠管理システムです。フレックス制や固定労働時間制、変形労働時間制などの勤務形態に対応しており、打刻と合わせてプロジェクト工数管理をひとつの画面で行うことができます。管理画面では有給の取得数や残業時間のレポートを自動生成できるため長時間労働の是正を実現します。また、経費精算や電子稟議、TeamSpirit内でのチャット機能があるため従業員の業務管理を一元化します。導入実績は1,400社、30万人以上であり、生産性向上に寄与する働き方改革プラットフォームとして提供されています。

上場企業導入実績あり

リシテアとは、働き方改革に対応できる機能を備え、企業規模に応じてプランを変更できる勤怠管理システムです。打刻による勤務実績が客観記録と乖離がないか確認できる機能や残業時間の一覧表示機能、有給休暇取得状況の確認機能などにより、働き方改革に対応することができます。また、料金プランは社員数、導入拠点数、対応する就業形態数に合わせて月額費用と初期費用が設定されているため、自社にあったプランを導入することができます。プラン選定や初期設定においては担当が必要機能をヒアリングして設計してくれるため導入へのサポート体制も充実しています。