インターバル不足へのアラート機能がある勤怠管理システム

インターバル不足へのアラート機能がある勤怠管理システム11サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。

インターバル不足へのアラート機能がある勤怠管理システムの検索結果

11件のインターバル不足へのアラート機能がある勤怠管理システムをご紹介します。

該当 111 ページ目 1〜11件
トライアルあり 上場企業導入実績あり

KING OF TIMEとは、出退勤管理、シフト管理、働き方改革関連法へ対応する機能などを備えたクラウド型の勤怠管理システムです。打刻方法は幅広く、各自のPCやスマホ端末からのWEBブラウザ打刻に加え、LINE WORKSとの連携によるチャット打刻、本人確認で不正を防ぐ生体認証打刻や交通系ICカード打刻などがあります。残業基準や独自休暇などは自社の勤怠ルールに合わせて設定でき、オンラインで申請承認ができます。リアルタイムで自動集計した勤務時間・打刻時間はマネーフォワードクラウド給与などの給与計算サービス、Akerunなどの入退室管理システムなど外部サービスとの連携が可能です。加えて東京と大分の2拠点でサポート専門のスタッフがおり、サポート体制を整えているのも特徴の一つです。導入企業数24,000社の実績を持ち、幅広い機能によって勤怠管理業務を効率化します。

トライアルあり

勤次郎Enterpriseシリーズとは、勤怠管理システムや人事管理システム、健康管理アプリなどさまざまなサービスを包括したHRMソリューションです。その中の就業ソリューションでは、多様化する雇用・勤務・賃金体系に幅広く対応しているだけでなく、複雑な勤怠情報を自動化することで勤怠管理業務の効率化が可能な勤怠管理システムとして提供されています。ICカード打刻、PC打刻、スマホ打刻、指紋認証打刻、RICOH複合機打刻などの打刻方法があります。様式9や常勤換算表用のデータ自動作成機能、46,000種類のシフト登録、5パターンの権限設定などが簡単にできて複雑な雇用形態でも柔軟に対応可能です。そのため医療・介護業界を中心に導入が進んでいるサービスです。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

タッチオンタイムとは、タイムカード不要のタイムレコーダーで打刻・申請承認・休暇管理ができ、様々な業種業態の就業ルール、テレワークや働き方改革にも対応した勤怠管理システムです。 選べるタイムレコーダーは多彩にあり、不正打刻の防止に適した生体認証のタイムレコーダーから、導入費用0円のWebブラウザ型のタイムレコーダーやPC不要のタイムレコーダーなどが利用できます。 初期費用は無料で、月額費用も300円/ユーザーで全ての機能が使え、最低利用人数や最低契約期間はなく1ヶ月だけでも利用できます。 導入企業数は26,000社以上、利用者数は190万人を突破し、継続率99.7%を誇るサービスです。

トライアルあり

レコルとは、「使いやすさ」を追求したシンプルな勤怠管理システムです。勤怠管理、勤務アラート、有休・休暇管理、勤怠集計など必要な機能を豊富に備えており、SmartHRといった人事労務ソフトや、マネーフォワードクラウド給与などの給与計算ソフトとの外部サービス連携もできます。打刻方法はICカード打刻、生体認証打刻、Webブラウザ打刻に加えて、テレワークや直行直帰の多い人に便利なスマホアプリからの打刻があります。機能もデザインも「使いやすさ」を基準に作られているため社員への教育コストを抑えることができ、電話とメールでのサポートがあるためスムーズな導入を支援しています。また初期費用無料、月額費用1人あたり100円(税抜)で利用できるため比較的低価格で利用することができます。

トライアルあり 無料プランあり 上場企業導入実績あり

kinconeとは、勤怠管理に加えて交通費精算の管理・申請にかかるコストを大幅に削減するクラウド型の勤怠管理システムです。打刻方法は多彩でICカード、webブラウザ、アプリ、SlackやChat Work、LINE WORKSから打刻ができ、テレワークにも対応しています。ICカードを用いれば、利用した交通機関情報を自動で登録でき、Googleカレンダー、Office365、ガルーンなどのグループウェアとの連携で訪問先を自動入力することもできます。その他、有給休暇管理や残業時間管理、フレックスや裁量労働制への対応、勤務間インターバル設定などの基本機能も備えているため、人事労務業務を効率化できるサービスといえるでしょう。

上場企業導入実績あり

バイバイタイムカードとは、複雑な就業ルールを設定でき、大規模企業への導入実績が豊富なクラウド型の勤怠管理システムです。独自の勤怠集計方法や就業ルールに合わせて、専任コンサルティングチームがシステム設計するため複雑な勤怠管理方法にも対応できます。また、打刻方法はスマホ、iPad、PC、QRコード、ICカード、指静脈認証など多様であり、システムの平均のレスポンスタイムが0.02秒で動作が速いことも特徴の一つです。約120社、30万人が利用しており、1,000人以上規模の企業市場でクラウド勤怠管理のシェアが6年連続No.1のサービスです。(ミック経済研究所調べ)

トライアルあり

ちゃっかり勤太くんとは、サーマルカメラと連携し、AI顔認証・体温測定ができる勤怠管理システムです。 基本的な勤怠管理機能に加え、時間外労働の上限規制や多彩なアラート機能など業種別の就業ルールに合わせた機能が充実しており、働き方改革関連法に対応しています。 給与ソフトからのデータを取り込むことで、スマホやWeb上で給与明細を表示することも可能です。 国内屈指のデータセンター「富士通 館林システムセンター」にて稼働しており、セキュリティ対策は金融機関レベルです。 アカウント発行後30日間は無料でお試しでき、専任の勤怠コンシェルジュもいるためサポートも充実している他、定期ユーザー会で運用の相談もできます。

トライアルあり

就業奉行11とは、奉行シリーズとの連携に優れたクラウド型勤怠管理システムです。労働時間や残業時間の管理機能や、勤務感インターバルの自動チェック、休暇消化状況の可視化により労務リスクへ対策できます。他の奉行製品を含めた奉行シリーズは累計65万社が導入しており、バックオフィス業務の効率化につながる幅広いサービスを提供することでスタートアップから上場後まで様々な規模の企業に使われています。就業奉行11も給与奉行や総務人事奉行クラウドなどの奉行シリーズと連携でき、人事労務業務を効率化できるサービスです。

クロノスPerformanceとは、33年間の勤怠管理システムを提供してきたクロノス社が提供する勤怠管理システムです。オンプレミス型とクラウド型の両方が提供されています。勤務時間等の自動集計や給与ソフト連動データの作成、変形労働時間制への対応など、あらゆるニーズに応えられる機能があり、働き方改革に対応できます。また操作がわからない場合は、専任のサポートスタッフが操作画面を見ながら操作方法を説明してくれるため導入後のフォロー体制も充実しています。導入実績は10,000社(2020年1月末現在)であり、豊富な知見と、時代に合わせた新規性を兼ね備えたサービスです。

株式会社 ソリューション・アンド・テクノロジー
トライアルあり

WiMS/SaaS 勤務管理システムとは、出退勤管理だけでなく、休暇・残業の申請、シフト管理やプロジェクト管理など豊富な機能で多様化する勤務形態に柔軟に対応する勤怠管理システムです。 従業員規模1,000名以上の勤怠管理やグループ会社対応、他言語に対応しています。 利用中の基幹システムにも依存せず、上場企業基準のコンプライアンスに適応し、企業独自の制度にも対応可能です。 WiMS/SaaSでは他にも人事考課・経費精算・稟議申請などさまざまなサービスを提供しており、必要なサービスを組み合わせて利用することができます。

株式会社トリプル・エージャパン

HORENSOとは、働き方改革関連法案の要件に則して作られた勤怠管理システムです。法案に準拠して作成されているため、有給休暇取得率管理や残業時間管理、勤務間インターバルの登録・管理などの機能を備えています。また導入前アンケートに答えることで、自社の就業ルールが罰則金対象として影響を受ける法案の有無を診断してくれるコンテンツがあり、診断後は20営業日の試験運用期間が設定されています。現在施行されている法案だけでなく将来対応しなければいけない法案も明記した上で機能が設定されているので法案への対応を強めたい方におすすめのサービスです。