36協定に対応している勤怠管理システム(2ページ目)

36協定に対応している勤怠管理システムの検索結果の2ページ目です。

36協定に対応している勤怠管理システムの検索結果

34件の36協定に対応している勤怠管理システムをご紹介します。

該当 342 ページ目 21〜34件
株式会社 ソリューション・アンド・テクノロジー
トライアルあり

WiMS/SaaS 勤務管理システムとは、出退勤管理だけでなく、休暇・残業の申請、シフト管理やプロジェクト管理など豊富な機能で多様化する勤務形態に柔軟に対応する勤怠管理システムです。 従業員規模1,000名以上の勤怠管理やグループ会社対応、他言語に対応しています。 利用中の基幹システムにも依存せず、上場企業基準のコンプライアンスに適応し、企業独自の制度にも対応可能です。 WiMS/SaaSでは他にも人事考課・経費精算・稟議申請などさまざまなサービスを提供しており、必要なサービスを組み合わせて利用することができます。

ShiftMAXとはエクセルをインターフェースに使えて、管理をクラウド上で行えるハイブリッド型のシフト・勤怠管理システムです。 ICカード認証、暗証番号認証、指静脈認証、モバイル打刻、クリック認証など多様な打刻方法を備えています。 また、データはNTTコミュニケーションズのデータセンターで保管されているのでセキュリティ面でも安心です。 エクセル画面で勤怠データを管理するので柔軟なアレンジが可能となり、建設業や介護業、警備業やビルメン業など複雑な勤務形態の業界や従業員数の多い大手企業にも向いてます。導入コンサルティングやエンジニアによる訪問ヒアリングなどサポート体制も充実しているのでわずらわしい設定作業の負担も少ないでしょう。クラウド型とオンプレミス型の両方の長所を併せ持ち低価格で自由度の高さが強みの勤怠管理システムです。

Time-3Xとは、勤怠管理に加えて健康管理も一つのページで把握できるように設計された勤怠管理システムです。勤怠時間、残業時間、申請の承認状況、休暇取得率などの勤務状況が確認できるのはもちろん、メンタルヘルスや産業医のアドバイスもポータルページで確認することができます。ポータルページはPCやスマホ、タブレットにも対応しているため外出先からも確認できます。また、カードリーダでの入退室記録やPCログインログオフ履歴などの客観的記録との連携もできるため、従業員の健全な労働環境づくりを支援するサービスです。

トライアルあり

かえる勤怠管理とは、ユーザーあたりの従量課金制ではなく拠点の数に応じた料金となっているため、拠点あたりの従業員数が多ければ多いほどお得な勤怠管理システムです。 勤怠管理システムを使ったことがない方でも簡単に設定・運用ができる「P-Shift」と、AI技術を活用し働き方改革を強力にサポートする「CAERU AI」の2種類があります。 どちらのサービスでも共通で利用できる無料でレンタルできる独自開発の打刻専用タブレットがあります。 弥生給与や給与奉行など他社給与ソフトへ勤怠データのCSVインポートができるほか、給与計算業務のアウトソーシングを承っています。

トライアルあり

TimeBizとは、株式会社ASJが提供する勤怠アラート付きの勤怠管理システムです。従来のPC打刻、スマホ打刻、GPS打刻に加え、ICカード打刻にも対応しました。勤怠管理機能以外にもワークフローや、ファイル共有、チャットやスケジュール共有などグループウェアとしての機能があり、社内での情報共有をする上で必要な機能も備わっています。勤怠データなどは暗号化され、第三者認証も取得しているのでセキュリティ面でも安心してご利用いただけます。月額13,000円(税抜)で200ユーザーまで利用できるので1ユーザー換算で65円(税抜)と他社と比較してもとても安価に利用できるのがポイントでしょう。

Tomasとは、蓼科情報株式会社が提供するオンプレミス版の高機能をそのまま使用できるクラウド型(ASP型)勤怠管理システムです。PC打刻、タブレット打刻、GPS打刻などの打刻方法があり、シフト、ワークフロー作成機能や36協定支援機能などを備えています。30名〜30,000名規模まで対応していて製造業やエネルギー産業、総合アミューズメント、デベロッパー、小売業など様々な業界で導入されています。また、同社ではTomasオンプレミス型(サーバ型)も提供している為、クラウド型とオンプレミス型で自社に合ったタイプを選ぶことができます。

トライアルあり

BIZWORK+とは、使いやすさ、低料金、多彩なオプション機能で業務の効率化を追求した勤怠管理システムです。打刻方法は、運用スタイルに合わせてICカード認証、顔認証、指静脈認証、PCやスマートフォンを通じた認証を選択可能です。オプション機能も豊富で、出社状況に合わせた弁当注文機能、1時間単位での代休/振替出勤管理、リモートワーク時のPC電源ON/OFF時間ログ取得など要望に合わせて機能拡張が可能です。ソフト買い切りのパッケージ型を採用しているため、導入後は保守費用のみで運用することができます。

三菱電機ITソリューションズ株式会社

ALIVE SOLUTION TAとは、遵法管理と時間計算に強みをもつ勤怠管理システムです。 タイムレコーダーやWebブラウザ、生体認証での打刻ができる他、PCログオン・ログオフや入退室管理システムとの連携打刻も可能です。 さまざまな打刻方法による客観的記録が取得できるため、乖離時間管理が可能です。 36協定超過に対するアラート機能など遵法管理に必要な機能が備わっている他、従業員の健康管理ができる機能も備わっています。

勤怠グリッパーとは、これまで様々な労務管理の現場を経験してきた特定社会保険労務士が労務管理に必要な機能を法的観点から企画、監修した勤怠管理システムです。機能としては、PCやスマートフォンからのWeb打刻やUSBカードリーダーを通じた社員証のFelicaカードやお財布携帯機能でのログイン、残業・休暇申請ワークフロー、36協定に準拠した警告レベル別のアラート設定、未払い残業問題の解決など、パート・アルバイトのシフト管理から人件費コスト管理と幅広いニーズに対応しています。費用は基本料金月額10,000円+月額500円×従業員数~の金額となっております。

ADVANCE勤怠とは、関彰商事株式会社が提供する適切な労務管理や管理作業の効率化、残業時間の適正化と削減を実現する勤怠管理システムです。パソコンやICカード、手のひら静脈認証、スマートフォンなどさまざまな打刻方法を選ぶことができるほか、直感的でわかりやすい画面設計で操作・運用も簡単に行えます。また、クラウド型とオンプレミス型の両方で提供しているため、自社にあった形態で導入することができます。クラウド型には「Premiumライセンス」という導入後の運用をサポートするライセンスも用意しているので、初期設定まで任せたいという企業におすすめです。

セイコーソリューションズ株式会社

クラウド勤怠管理ソリューションとは、勤怠管理で半世紀以上の歴史を持つノウハウを活かして開発されたクラウド型の勤怠管理システムです。打刻はPC・タブレット・スマホ・タイムレコーダー・セキュリティゲート・ICカード・磁気カードなど幅広く対応しています。また、シフト登録、勤務時間の集計作業、休暇や残業の申請・承認・管理機能も備えており、フレックス制などの就業ルールに合わせて設定することができます。加えてカスタマイズ開発にも対応しているため、自社に最適な勤怠管理システムを構築できます。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

OZO3 勤怠とは、多様な勤務形態に対応するシンプルな勤怠管理システムです。パート・アルバイト、時短勤務、フレックス制、裁量労働制、コールセンター等の複数のシフトパターン登録など、就業ルールに合わせて様々な勤務形態に対応します。また、申請内容の不備や打刻忘れなどの業務の不備があった場合のアラート、36協定に則して超過労働に対してアラート通知を行うことができます。月末の締め作業においては従業員は内容に不備があれば申請できないようになっており、労務担当者の不可を軽減することにもつながるサービスです。

トライアルあり

SPEASICとは、打刻、申請、承認、確定などの勤怠管理の業務を一元で行うことのできるクラウド型の勤怠管理システムです。ICカードやスマートフォンなど多彩な打刻方法が用意されており、フレックス制やシフト勤務制にも対応。休暇や残業の申請承認、自動集計、給与ソフトとの連携までを一元化することで、業務の効率化が期待できます。また、標準機能で対応できない就業ルールがあった場合には、カスタマイズ設計ができるのも特徴のひとつで、多様な勤務形態に対応できる勤怠管理システムといえるでしょう。

株式会社マインド
無料プランあり

MosPとは、株式会社マインドが提供する柔軟にカスタマイズすることが可能で、自社に合わせたシステムを構築することができるな勤怠管理システムです。社員別勤怠承認など約60項目の機能があり、勤務入力から承認、月次集計、データ出力まで幅広く豊富な勤怠機能を搭載しています。さらに5万ダウンロード突破し、稼働数400社以上の実績を誇ります。また、導入設定サービスやユーザーサポートパックなどサポート体制も充実しています。柔軟にカスタマイズできることから大学や工場、情報通信業界など幅広い業界に導入されている日本唯一のオープンソース勤怠管理システムです。

勤怠管理で重要な36協定とは

36協定の正式名称は「時間外・休日労働に関する協定届」といい、会社が法定労働時間を超える時間外労働及び休日勤務を命じる場合に労働基準監督署に届け出ることが義務付けられた労使協定のことです。労働基準法第36条に基づいた協定のため36協定と呼ばれており、勤怠管理において非常に重要になります。