36協定管理 アラートがある勤怠管理システム

36協定管理 アラートがある勤怠管理システム31サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。

勤怠管理で重要な36協定とは

36協定の正式名称は「時間外・休日労働に関する協定届」といい、会社が法定労働時間を超える時間外労働及び休日勤務を命じる場合に労働基準監督署に届け出ることが義務付けられた労使協定のことです。労働基準法第36条に基づいた協定のため36協定と呼ばれており、勤怠管理において非常に重要になります。

※現在掲載している情報は2020年12月10日時点の情報です。