ログイン・ログオフ打刻(Windows)に対応している勤怠管理システム

ログイン・ログオフ打刻(Windows)に対応している勤怠管理システム6サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。

ログイン・ログオフ打刻(Windows)に対応している勤怠管理システムの検索結果

6件のログイン・ログオフ打刻(Windows)に対応している勤怠管理システムをご紹介します。

該当 61 ページ目 1〜6件
トライアルあり 上場企業導入実績あり

KING OF TIMEとは、出退勤管理、シフト管理、働き方改革関連法へ対応する機能などを備えたクラウド型の勤怠管理システムです。打刻方法は幅広く、各自のPCやスマホ端末からのWEBブラウザ打刻に加え、LINE WORKSとの連携によるチャット打刻、本人確認で不正を防ぐ生体認証打刻や交通系ICカード打刻などがあります。残業基準や独自休暇などは自社の勤怠ルールに合わせて設定でき、オンラインで申請承認ができます。リアルタイムで自動集計した勤務時間・打刻時間はマネーフォワードクラウド給与などの給与計算サービス、Akerunなどの入退室管理システムなど外部サービスとの連携が可能です。加えて東京と大分の2拠点でサポート専門のスタッフがおり、サポート体制を整えているのも特徴の一つです。導入企業数24,000社の実績を持ち、幅広い機能によって勤怠管理業務を効率化します。

トライアルあり

ラクローとは、「打刻レス」なクラウド型の勤怠管理サービスです。PCログ、入退室ログ、メール送信履歴など客観的なログを見ながら従業員が労働時間を確定する新しい勤怠管理をサポートします。ログを利用した労働時間算出や未払い残業リスク把握く加えて、他勤怠管理サービスが持つ休暇・残業申請ワークフロー、勤怠超過等のアラート、各種労働制度に対応した残業時間集計など機能が豊富な点も特徴です。まさに、労務リスクを抱えない勤怠システムとなっています。

MINAGINE勤怠管理システムとは、複雑な就業ルール設定と使いやすさのバランスをとったクラウド型の勤怠管理システムです。残業時間確認や有休取得数確認、PCログオンログオフ履歴と申請時間のギャップを把握し過少申告の有無を把握できるレポート機能で法令に沿った労働時間管理ができます。また、退職者の勤怠実績をAIで分析する機能により、現在の社員の4ヶ月後の退職リスクを予測することもできます。初期設定においては社労士資格を持った専任コンサルタントがサポート。導入後は給与計算のアウトソーシングサービスなども行なっており人的サポートも充実しているサービスです。

トライアルあり 上場企業導入実績あり

勤革時とは、株式会社ヒューマンテクノロジーズが提供する「KING OF TIME」をエンジンに稼働しており、最新の勤怠状況をリアルタイムに集計・確認できる勤怠管理システムです。モバイル(携帯・スマホ)、ICカード、顔認証、PC打刻、生体認証など様々な打刻手段を利用できるので自社にあった打刻方法を選べます。シフト管理やスケジュール管理、変形労働時間への対応など複雑な就業規則にも対応可能です。稼働実績15年以上、利用企業数は22,000社以上、172万人以上の利用者数実績を誇ります。

上場企業導入実績あり

バイバイタイムカードとは、複雑な就業ルールを設定でき、大規模企業への導入実績が豊富なクラウド型の勤怠管理システムです。独自の勤怠集計方法や就業ルールに合わせて、専任コンサルティングチームがシステム設計するため複雑な勤怠管理方法にも対応できます。また、打刻方法はスマホ、iPad、PC、QRコード、ICカード、指静脈認証など多様であり、システムの平均のレスポンスタイムが0.02秒で動作が速いことも特徴の一つです。約120社、30万人が利用しており、1,000人以上規模の企業市場でクラウド勤怠管理のシェアが6年連続No.1のサービスです。(ミック経済研究所調べ)

株式会社 ソリューション・アンド・テクノロジー
トライアルあり

WiMS/SaaS 勤務管理システムとは、出退勤管理だけでなく、休暇・残業の申請、シフト管理やプロジェクト管理など豊富な機能で多様化する勤務形態に柔軟に対応する勤怠管理システムです。 従業員規模1,000名以上の勤怠管理やグループ会社対応、他言語に対応しています。 利用中の基幹システムにも依存せず、上場企業基準のコンプライアンスに適応し、企業独自の制度にも対応可能です。 WiMS/SaaSでは他にも人事考課・経費精算・稟議申請などさまざまなサービスを提供しており、必要なサービスを組み合わせて利用することができます。