Chatworkと連携可能な勤怠管理システム

Chatworkと連携可能な勤怠管理システム2サービスの価格や機能、特徴などをまとめてご紹介しています。

Chatworkと連携可能な勤怠管理システムの検索結果

2件のChatworkと連携可能な勤怠管理システムをご紹介します。

該当 21 ページ目 1〜2件
トライアルあり 上場企業導入実績あり

jinjer勤怠とは、小規模から大規模まで幅広い企業が利用する、利用満足度の高い勤怠管理システムです。直行直帰やテレワークが多い人に便利なスマホアプリでの打刻や、アルバイトの勤怠管理に便利なタブレットでの打刻、ICカードでの打刻など多様な打刻方法があります。また従業員の業務時間の予定と実績を管理し残業時間の超過防止や人件費の予算計算ができます。管理者画面もタブレットとスマホアプリに対応しているも特徴の一つです。また、jingerが提供する給与計算や人事管理などのサービスと連携することができ、人事労務全般の情報を一元管理し業務を効率化をすることができます。13,000社がすでに導入しており、契約継続率99.4%、サポート満足度91.6%と顧客満足度の高いサービスです。

トライアルあり 無料プランあり 上場企業導入実績あり

kinconeとは、勤怠管理に加えて交通費精算の管理・申請にかかるコストを大幅に削減するクラウド型の勤怠管理システムです。打刻方法は多彩でICカード、webブラウザ、アプリ、SlackやChat Work、LINE WORKSから打刻ができ、テレワークにも対応しています。ICカードを用いれば、利用した交通機関情報を自動で登録でき、Googleカレンダー、Office365、ガルーンなどのグループウェアとの連携で訪問先を自動入力することもできます。その他、有給休暇管理や残業時間管理、フレックスや裁量労働制への対応、勤務間インターバル設定などの基本機能も備えているため、人事労務業務を効率化できるサービスといえるでしょう。