Pマークに対応している勤怠管理システム(2ページ目)

Pマークに対応している勤怠管理システムの検索結果の2ページ目です。

Pマークに対応している勤怠管理システムの検索結果

24件のPマークに対応している勤怠管理システムをご紹介します。

該当 242 ページ目 21〜24件

ARMSとは、「Attendance and Report Manegement System」を略したサービス名で、出勤時刻・退勤時刻を入力するだけで、休憩時間を除いた勤務時間を自動計算できる勤怠管理システムです。 休日申請や残業申請など勤怠管理に関する申請・承認機能他にも、各種経費の仮払いや精算の申請・承認機能を備えています。 また、週報管理機能もあり上長は一覧で従業員の週報を確認できるため、煩雑なメールの確認工数を削減できます。

i勤怠とは、工事などの現場仕事が多い社員の勤怠管理に適したシステムです。パソコン・スマホのマルチデバイスに対応しており、クラウド型・オンプレミス型など、導入形態も複数用意されています。機能としては、PC、スマートフォンによるWeb打刻から日報報告、経費申請、チャット機能などを利用した豊富な機能が特徴です。シフト機能では、予め社員の資格を登録しておくことで指定した時間帯に有資格者がいるシフトを組むことが可能です。また提供元のワンダフルフライ株式会社は金融系システムの構築経験が長く、高いセキュリティ要件に対応している点も特徴です。社員ひとりあたり月額500円という低コストから導入ができる勤怠管理システムです。

株式会社マインド
無料プランあり

MosPとは、株式会社マインドが提供する柔軟にカスタマイズすることが可能で、自社に合わせたシステムを構築することができるな勤怠管理システムです。社員別勤怠承認など約60項目の機能があり、勤務入力から承認、月次集計、データ出力まで幅広く豊富な勤怠機能を搭載しています。さらに5万ダウンロード突破し、稼働数400社以上の実績を誇ります。また、導入設定サービスやユーザーサポートパックなどサポート体制も充実しています。柔軟にカスタマイズできることから大学や工場、情報通信業界など幅広い業界に導入されている日本唯一のオープンソース勤怠管理システムです。

iビジネスパートナーズ株式会社

クラウドサービス/iビジネスパートナーズとは、iビジネスパートナーズ株式会社が提供するクラウドサービスです。勤怠管理・⼈事管理・経費管理から健康経営サポートまで企業運営に必要な機能を提供します。その中の勤怠管理では、打刻管理や出退勤管理、シフト管理や申請管理などを実現するために通知機能や打刻データの集計機能を備えていて複数拠点での管理が簡単にできます。また、他システムとの連携も可能で、給与計算もスムーズに行なえるのが特徴です。情報通信業、卸売業、小売業などの業界にも導入されていて、バックオフィス全般を一元管理したい企業におすすめのサービスです。