名刺管理ソフト

作成日:2021-07-19 18:50:17 更新日:2021-07-21 15:12:33

電話帳と連携できるおすすめの名刺管理システム8選【2021最新版】

SaaSカテゴリー「名刺管理システム」のなかで、おすすめの「電話帳と連携できる名刺管理システム」をまとめました。選び方のポイントやメリットなども徹底解説!この記事だけで、「電話帳と連携できる名刺管理システム」の全てが分かります。

電話帳と連携できるおすすめの名刺管理システム8選【2021最新版】

業務効率の改善や営業効率アップを期待できる名刺管理システム。導入を検討している方も多いかと思います。しかし、一体どのような名刺管理システムが存在するのか、どの企業のサービスを選べばいいのか難しいですよね。中には「外出先でも利用できる名刺管理システムを知りたい」という方もいらっしゃるはずです。
本記事では、営業・バックオフィス・情報システムなど、様々な分野の法人向けSaaSサービスを比較検討できるアイミツSaaSが、おすすめの名刺管理システムを厳選!スマホの電話帳と連携できる名刺管理システムをご紹介します。ぜひ参考にしてください。  

1.名刺管理システムとは

名刺管理システムとは、ビジネスシーンにおける名刺管理を効率化してくれるシステムです。一般的には、OCR(文字認証技術)やオペレーターによる手入力を活用し、紙の名刺をデータ化することができます。スマホやパソコンで名刺情報を管理するので、業務効率アップにつながります。

また、名刺管理システムの中にはさまざまなオプション機能が用意されているケースも。今回ご紹介するサービスは、電話帳連携や電話発信が可能なため、営業効率の改善が期待できます。外出先でクライアントの情報を確認したい方は必見です。

もし「できるだけ早く自社に合った名刺管理システムを見つけたい」とお急ぎなら、一括見積もりも可能なのでぜひご利用ください。それでは以下からは、電話帳と連携可能な名刺管理システムについて紹介していきます。

2.電話帳と連携できる格安の名刺管理システム3選

まずは、電話帳と連携可能な格安の名刺管理システムをご紹介します。

myBridge

お問い合わせ
初期費用 ー
最低利用期間 ー
最低利用人数 ー
無料プランあり 上場企業導入実績あり

myBridgeは、コミュニケーションアプリで有名なLINEの名刺管理システムです。スマホで撮影するだけで名刺情報をデータ化できるため入力や修正の必要がなく、オペレーションコストの削減が期待できます。また、スマホへの着信時に名刺情報が表示されるため、連絡先が未登録の相手からの着信にも対応しやすい点も嬉しいところでしょう。
最大の特徴は、なんといっても全機能を0円で利用できる点です。名刺情報のデータ化だけでなく、社内での共同管理、連絡先のファイル保存、LINE連携などさまざな機能が解放されています。入力できる名刺の枚数制限も存在しないので、コストを抑えながら名刺管理システムを導入したい方におすすめです。
さらに、セキュリティ対策に注力している点もポイント。情報保護の国際規格であるISO27001やIS027701を取得、24時間365日にわたりモニタリングしているため、安心して利用できるサービスと言えるでしょう。  

主な機能
  • 写真撮影での読み込み機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • オペレーターの手入力によるデータ化
  • 名刺情報の名寄せ機能
  • 名刺情報へのタグ付け機能
  • 登録者の名刺共有機能
  • コンタクト履歴の管理機能
  • 名刺情報のキーワード検索機能
  • 組織ツリーの作成機能
  • 名刺情報のエクスポート機能

Wantedly People

お問い合わせ
初期費用 ー
最低利用期間 ー
最低利用人数 ー
無料プランあり 導入実績数400万人

Wantedly Peopleは、東京都にあるウォンテッドリーの名刺管理システムです。複数の名刺を一度の撮影で読み込んでクライアントの情報を瞬時にデータ化し、電話帳に追加することができます。企業名や部署、役職など、登録相手の人物プロフィールを検索することで、営業効率アップにつながるでしょう。
機能が無料で利用できるというのも嬉しいポイントです。名刺管理はもちろん、連絡先の共有、着信時の名前表示、Excelへの書き出しなど幅広い用途に役立てることができます。
スマホだけでなくPCからも名刺情報にアクセスでき、さまざなシーンに対応しているのも見逃せません。
そのほか、暗号化プロトコルのTLS プロトコル v1.2 (SSL)を採用しているなど、セキュリティにも注力しているので、安心して利用できる名刺管理システムです。 

主な機能
  • 写真撮影での読み込み機能
  • 名刺情報のエクスポート機能
  • PC対応

MOT名刺

MOT名刺は、東京都にあるオフィス24の名刺管理システムです。名刺をスマホで撮影するだけで、情報をクラウドに登録できます。マルチデバイスに対応しており、スマホはもちろんPCからでも利用可能です。
月額利用料がリーズナブルな点もポイント。ログインID、1GBのストレージ付きで月額1,000円から、ログインIDを追加しても1人あたりの追加料金は月額300円なので、コストを抑えながら名刺管理システムを導入したい方にぴったりです。
「MOT/Phone」というサービスと連携すれば、スマホを多機能ビジネスフォンへとグレードアップすることができます。PCからも電話受発信が可能になり、業務効率アップにつながるでしょう。電話配線いらずのコミュニケーションシステムで、拠点同士を内線化できます。  

会社所在地 東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー3階
電話番号 0120-954-024  

MOT名刺の詳細情報を見る


ここまで、電話帳と連携できる格安の名刺管理システムを3種類ご紹介しました。
低価格の名刺管理システムを利用すれば、コストを抑えつつ業務効率アップを期待できます。「はじめて名刺管理システムを利用するから、できるだけ失敗したくない」という場合におすすめです。

しかし中には、より多くのサービスを比較したい方も多いかと思います。名刺管理システム選びで迷われている方は、一括で資料請求も可能なので、ぜひアイミツSaaSまでお問い合わせください。  

3.電話帳と連携できる人気の名刺管理システム3選

続いて、電話帳と連携が可能な人気の名刺管理システムをご紹介していきます。

CAMCARD BUSINESS

1,700円/ID
初期費用 ー
最低利用期間 3ヵ月
最低利用人数 5ID
トライアルあり 上場企業導入実績あり 導入実績数3,000社超

 CAMCARDは、東京都にあるワウテックの名刺管理システムです。世界トップレベルのOCR(文字認識機能)を活用することで、名刺情報を圧倒的なスピードでデータ化します。スマートフォンやパソコンといったマルチデバイスに対応しているため、営業活動の効率アップにつながるでしょう。また名刺情報を電話帳に登録する機能も搭載されています。
最大の特徴は豊富な導入実績です。オールアバウト、塚田農場プラスなど幅広い企業で活用されています。ユーザー数も全世界で1億1,000万人以上。安定感のある名刺管理システムをお探しの方におすすめします。
料金プランに関しては、STANDARD(月額1,400円/ID)とPROFESSIONAL(月額2,200円/ID)の2種類です。「コストをできるだけ抑えたい」「名刺情報のデータ化を加速させたい」など、さまざまなクライアントのニーズを満たしてくれます。  

主な機能
  • 写真撮影での読み込み機能
  • スキャナーでの読み込み機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • オペレーターの手入力によるデータ化
  • 名刺情報の名寄せ機能
  • 名刺情報へのタグ付け機能
  • 登録者の名刺共有機能
  • コンタクト履歴の管理機能
  • 名刺情報のキーワード検索機能
  • 組織ツリーの作成機能

PHONE APPLI PEOPLE(旧:連絡とれるくん)

トライアルあり 導入実績数120万ライセンス

 PHONE APPLI PEOPLEは、東京都にあるPhone Appliのweb電話帳です。企業名や役職など、クライアントの個人情報を一元管理することができます。OCRで名刺情報を読み取ることができるので、名刺管理も可能です。
三菱商事や味の素、エイベックスなど、業種を問わずさまざな有名企業で導入されています。他にも、ニトリやファミリーマート、東急不動産ホールディングスとも取引経験があり、ライセンス数は150万以上。非常に信頼できるサービスです。
料金プランに関しては、初期費用5万円、1ユーザーあたり月額300円からという価格設定になっています。無料トライアルも用意されているので、web電話帳・名刺管理システムを一度試したい方におすすめです。  

主な機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • 登録者の名刺共有機能
  • 名刺情報のキーワード検索機能
  • 登録者同士のチャット機能

SmartVisca

86,400円/デジタル化料金
初期費用 100,000円
最低利用期間 ー
最低利用人数 ー
上場企業導入実績あり 導入実績数450社以上 ※Salesforce導入済み企業

 SmartViscaは、東京都にあるサンブリッジの名刺管理システムです。Salesforce(セールスフォース)一体型のサービスになっており、運用・管理業務を一元化できます。専用サーバーが不要かつ開発の手間が発生しないため、余計なコストを削減することが可能です。スマホアプリの「SmartVisca connect」を活用すれば、電話帳連携にも対応できます。
また、日本M&Aセンター、ROBOT PAYMENT、大創といった企業で導入されており、業種を問わず幅広いシーンで活躍できる点も、SmartViscaの強みです。
カスタマーサクセスチームが用意されており、サポート体制がしっかりしているのも嬉しいポイント。通信の暗号化、国内大手のクラウドセンターによるシステム管理など、セキュリティ対策にも注力しているため、安心して利用できる名刺管理システムと言えるでしょう。  

主な機能
  • 写真撮影での読み込み機能
  • スキャナーでの読み込み機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • オペレーターの手入力によるデータ化
  • 手書きメモの文字起こし機能
  • 名刺情報の名寄せ機能
  • 名刺情報へのタグ付け機能
  • 登録者の人物マスタ機能
  • 登録者の名刺共有機能
  • 社内の共通人脈管理機能

電話帳と連携できる人気の名刺管理システムを3種類ご紹介しました。

人気のあるサービスの場合、多くの事業者から評価されている可能性が高いです。導入実績などを確認し、信頼できる企業かどうか判断しましょう。しかし、中には「会社選びはもっと慎重に行いたい」という方も多いはずです。

アイミツSaaSでは一括の資料請求も可能なので、名刺管理システム選びでお悩みの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

4.電話帳と連携できサポート体制が充実している名刺管理システム2選

Sansan

お問い合わせ
初期費用 ー
最低利用期間 ー
最低利用人数 ー
トライアルあり 上場企業導入実績あり 導入実績数6,000社

Sansanは、東京都にあるSansanの名刺管理システムです。OCRやオペレーターによる手入力、AI技術を活用しており、名刺情報を高精度でデータ化できます。スマホとSansanアプリを連携すれば、着信時に相手の情報を表示することが可能。営業効率アップを期待できるでしょう。
最大の特徴は、運用支援サービスを用意している点です。「カスタマーサクセスプラン」と呼ばれ、名刺管理システムの効果を最大化できます。6,000社以上への導入実績を誇り、さまざまなノウハウが蓄積されているのも魅力の一つでしょう。
料金プランは、LIte、Standard、DXの3種類が用意されており、クライアントのニーズにマッチした提案が可能です。名刺管理システムを初めて導入する方にもおすすめです。  

主な機能
  • 写真撮影での読み込み機能
  • スキャナーでの読み込み機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • オペレーターの手入力によるデータ化
  • 手書きメモの文字起こし機能
  • 名刺情報の名寄せ機能
  • 名刺情報へのタグ付け機能
  • 登録者の人物マスタ機能
  • 登録者の名刺共有機能
  • 社内の共通人脈管理機能

名刺ファイリングCLOUD

お問い合わせ
初期費用 ー
最低利用期間 ー
最低利用人数 ー
無料プランあり 上場企業導入実績あり

 名刺ファイリングCLOUDは、東京都にあるNTTデータNJKの名刺管理システムです。高性能なOCRを活用しており、名刺情報をスピーディーにデータ化できます。必要な作業はスマホ撮影やスキャンのみなので、オペレーションコスト削減につながるでしょう。電話発信はもちろん、メール送信や地図検索など幅広い機能を搭載しており、営業効率アップを期待できます。
また、オペレーターによる名刺情報の訂正サービスが用意されているのも魅力の一つ。リーズナブルかつ高品質なので、コストパフォーマンスに優れているのもポイントです。名刺ファイリングCLOUD自体も基本利用料は0円となっています。
セキュリティ対策に注力しており、安心して利用できるサービスです。名刺情報の一元管理、共有を実現したい方におすすめします。  

主な機能
  • スキャナーでの読み込み機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • 登録者の名刺共有機能
  • 名刺情報のエクスポート機能
  • PC対応

5.名刺管理システムの選び方のポイント

続いて、名刺管理システムを選ぶ際に押さえておきたいポイントも見ていきましょう。

トータルコストを確認する

名刺管理システムの料金プランにはさまざまな種類が存在しますが、利用するユーザー数が増えれば増えるほどコストが発生する仕組みを採用している企業が多いです。

余分な出費を防ぐためにも、事前に必要な費用を明確にしておきましょう。導入する部署はどこなのか、本当に必要な機能なのかチェックすることが重要です。

アイミツSaaSでは、名刺管理システムの一括資料請求が可能です。名刺管理システム選びで迷われている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

使いさすさをチェックする

名刺管理システムを導入する目的は、業務効率や営業効率の向上です。つまり従業員がサービスを使いこなせるかどうかが重要なポイントになります。

また、機能が多ければ多いほど優れているわけでもありません。「なぜ名刺管理システムが必要なのか」を事前にはっきりさせておきましょう。導入から運用までがスムーズになりますし、余分なコストの削減も実現可能です。

名刺管理システムのユーザー数、利用シーンなどを洗い出しておくことをおすすめします。

6.【まとめ】名刺管理システム選びで迷ったら

今回は、電話帳と連携できる名刺管理システムを8種類ご紹介しました。

名刺管理システムを利用すれば、スマホやスキャナで読み取るだけで名刺情報をデータ化できます。オペレーションコスト削減はもちろん、営業効率アップにつながるでしょう。ただ、適当に名刺管理システムを選んでしまうのはNG。コストがかさんだり、使いにくかったり、さまざまなトラブルを招く可能性があります。

アイミツSaaSでは、機能や連携ツールや無料プランのあるなしで検索をすることができ、自社にあった名刺管理ソフト選びに役立てることができます。ぜひ一度お試しください。

アイミツ

著者 | アイミツSaaS編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

名刺管理ソフトに関連する記事

名刺管理ソフトに関連する記事をご紹介します。

作成日:2021-07-19 18:45:53 更新日:2021-07-21 14:59:29
作成日:2021-07-19 18:44:20 更新日:2021-07-21 14:56:38
作成日:2021-07-19 18:51:34 更新日:2021-07-21 15:32:53
作成日:2021-07-19 17:01:38 更新日:2021-07-20 15:18:11
作成日:2021-07-19 18:50:57 更新日:2021-07-19 18:50:57
作成日:2021-07-19 18:47:22 更新日:2021-07-21 15:03:58