名刺管理ソフト

作成日:2021-07-19 18:52:48 更新日:2021-07-21 15:39:48

Windows対応のおすすめ名刺管理ソフト9選【2021年最新】

SaaSカテゴリー「名刺管理ソフト」のなかで、おすすめの「Windowsに対応する名刺管理ソフト」をまとめました。選び方のポイントやメリットなども徹底解説!この記事だけで、「Windows対応する名刺管理ソフト」の全てが分かります。

Windows対応のおすすめ名刺管理ソフト9選【2021年最新】

  名刺を紙のまま保管する場合は、量が増えるほどにスペースが必要となる上に、必要な情報を探すのにも時間を要します。しかし、昨今では手軽に名刺管理ができるソフトが各社から提供されていることから、「自社でも導入して業務効率化に役立てたい」と考えている方も少なくないのではないでしょうか。

そこで本記事ではWindows対応でおすすめの名刺管理ソフトを紹介。選び方のポイントについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

1.名刺管理ソフトとは

名刺管理ソフトとは、紙の名刺に記載されている情報をデータ化して登録・管理するツールを指すものです。スキャナーや複合機、スマートフォンなどから手軽に情報が取り込めるものも多く、簡単に取引先や営業先の連絡先などが確認できることから人気を集め、業種を問わず幅広い企業で活用されています。

また、名刺管理ソフトのなかには営業支援機能を備えているものや、名刺情報を社内で共有できるものもあるため、ビジネスの成長に役立てられることも。自社のニーズに合った名刺管理ソフトを導入することで、さまざまな効果が期待できるでしょう。

2.格安で使えるWindows対応の名刺管理ソフト3選

まずは、格安で利用できるWindows対応の名刺管理ソフトを紹介します。

メイシー

1,980
初期費用 ー
最低利用期間 ー
最低利用人数 ー
上場企業導入実績あり

メイシーは、各種ビジネス支援ツールの開発を手がけるもぐらが提供しているクラウド型の名刺管理ソフトです。Windows PCをはじめとしたマルチデバイスに対応しており、スマートフォンやフィーチャーフォンからの利用も可能です。

スマートフォンで撮影した名刺の画像や、紙の名刺を送付するだけで手軽にデータ化ができるのが最大の特徴。料金はユーザー数無制限で月額1,980円、データ入力料は名刺1枚あたり25円、スキャン料金は名刺1枚あたり10円(いずれも税抜)となっています。全社員の名刺情報の検索にくわえて、ラベル機能や名寄せ機能など名刺の管理・整理の手間が軽減できる機能を豊富に備えているのも大きな魅力。閲覧権限設定や地図表示機能、メール送信・リスト作成などにも対応しています。

主な機能
  • 写真撮影での読み込み機能
  • スキャナーでの読み込み機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • オペレーターの手入力によるデータ化
  • 名刺情報の名寄せ機能
  • 名刺情報へのタグ付け機能
  • 登録者の名刺共有機能
  • 名刺情報のキーワード検索機能
  • 名刺情報のエクスポート機能
  • 登録者へのメール配信機能

名刺de商売繁盛

名刺de商売繁盛は、運送業大手・ヤマトグループの一員であるヤマトシステム開発が提供している名刺管理ソフトです。Windows PCをはじめ、iOS、Androidが搭載されたスマートフォン・タブレットに対応しており、営業や販促に役立つさまざまな機能を備えています。

具体的には、スマートフォン・タブレットや専用スキャナー、複合機による名刺情報の取り込みや名刺検索、タグ付、人脈一覧などに対応。取引先の担当者の出身地や趣味といった情報もメモとして残すことができるので、人事異動などによって引き継ぎが必要な場合でも安心でしょう。

利用料金はユーザー数無制限・登録名刺数20万枚までで月額3万円(税抜)。名刺情報の入力も依頼する場合は1枚あたり40円(税抜)が発生しますが、利用者側で入力を行う場合は費用はかかりません。  

主な機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • オペレーターの手入力によるデータ化
  • 手書きメモの文字起こし機能
  • 名刺情報の名寄せ機能
  • 名刺情報へのタグ付け機能
  • 登録者の人物マスタ機能
  • 登録者の名刺共有機能
  • 社内の共通人脈管理機能
  • コンタクト履歴の管理機能
  • 名刺情報のエクスポート機能

CAMCARD BUSINESS

1,700円/ID
初期費用 ー
最低利用期間 3ヵ月
最低利用人数 5ID
トライアルあり 上場企業導入実績あり 導入実績数3,000社超

CAMCARD BUSINESSは、全世界で多くのユーザーに利用されているCAMCARDの法人向けサービスです。IntsigInformationCorporationが開発を手がけ、日本国内ではワウテックが窓口としてサービスを提供。Windows PCなどで使えるweb版にくわえて、iOS、Andoroid端末にも対応しています。

高精度の文字認識機能(OCR)を搭載しているのが最大の特徴で、最短5秒で名刺情報のデータ化が可能。名刺情報の社内共有・メールマガジン送付・連絡ツールなどとの外部連携・人事異動情報の配信などにも対応しています。

料金プランは1IDあたり月額1,400円で利用できる「STANDARD」と、1IDあたり2,200円の「PROFESSIONAL」の2種が用意されており、いずれも利用は5IDから、登録名刺数は無制限となっています。  

主な機能
  • 写真撮影での読み込み機能
  • スキャナーでの読み込み機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • オペレーターの手入力によるデータ化
  • 名刺情報の名寄せ機能
  • 名刺情報へのタグ付け機能
  • 登録者の名刺共有機能
  • コンタクト履歴の管理機能
  • 名刺情報のキーワード検索機能
  • 組織ツリーの作成機能


  ここまでは、Windows対応で低価格が魅力の名刺管理ソフトを紹介しました。

紹介した名刺管理ソフトはいずれもクラウド型で、初期費用が不要なのが共通の特徴です。手軽に導入できるので、名刺管理ソフトをはじめて利用する場合にもおすすめといえます。

なお、料金形態は各ソフトによって異なり、企業の規模や名刺管理ソフトを利用する社員の人数、運用方法などによって必要な費用は変動します。各ソフトの料金や機能をよく確認した上で、自社のニーズに合っているものを選ぶようにしましょう。  

3.Windows対応で人気の名刺管理ソフト3選

続いて、Windows対応で人気を集める名刺管理ソフトを紹介します。

アルテマブルー

トライアルあり 上場企業導入実績あり

アルテマブルーは、東京都港区に本社を構えるキヤノンエスキースシステムが提供している名刺管理ソフトです。2008年のサービス開始から10年以上にわたる歴史をもち、スリーエム ジャパンやインプレスビジネスメディアなど幅広い業種で導入された実績があります。

Windows PCやiPhone、Android端末など幅広い端末から利用でき、名刺情報の登録はスマートフォンのカメラやスキャナー、複合機から取り込みが可能。名寄せや重複名刺交換時の自動通知、データの一括更新、グルーピングといった管理機能にくわえて、人脈マップや一斉メール配信、活動登録など営業活動に役立つ機能を豊富に備えているのも大きな魅力です。

なお、料金は1ユーザーあたり月額2,500円。IP制限の設定も1回5万円で利用することができます。  

主な機能
  • スキャナーでの読み込み機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • オペレーターの手入力によるデータ化
  • 名刺情報の名寄せ機能
  • 名刺情報へのタグ付け機能
  • 登録者の名刺共有機能
  • 社内の共通人脈管理機能
  • コンタクト履歴の管理機能
  • 登録企業の会社マスタ機能
  • 名刺情報のエクスポート機能

Sansan

お問い合わせ
初期費用 ー
最低利用期間 ー
最低利用人数 ー
トライアルあり 上場企業導入実績あり 導入実績数6,000社

Sansanは、東京都渋谷区に本社を構えるSansanが提供している名刺管理ソフトです。シード・プランニングによる市場調査では80%を超えるシェアを獲得している業界のパイオニア的なサービスで、これまでの導入企業は6,000社以上にのぼります。

Windows PCでの操作はもちろん、iPhoneやAndroid向けのスマートフォンアプリも用意されており、名刺情報は専用のスキャナーもしくはスマートフォンから取り込みが可能。人物情報や接触履歴といった管理機能を備えているほか、クラウド電話帳として社内外の連絡も一元管理することができます。

さらに、取り込んだ名刺情報が外部アプリケーションでも使えるようになるOpen APIや、CSV形式でのデータ出力に対応しているのもうれしいポイントではないでしょうか。  

主な機能
  • 写真撮影での読み込み機能
  • スキャナーでの読み込み機能
  • OCR(文字認識)のデータ化
  • オペレーターの手入力によるデータ化
  • 手書きメモの文字起こし機能
  • 名刺情報の名寄せ機能
  • 名刺情報へのタグ付け機能
  • 登録者の人物マスタ機能
  • 登録者の名刺共有機能
  • 社内の共通人脈管理機能

ホットプロファイル

3,000円/ユーザー
初期費用 ー
最低利用期間 12ヵ月
最低利用人数 ー
上場企業導入実績あり

ホットプロファイルとは、現場主義で名刺管理だけでなく顧客管理など営業支援に活用できる名刺管理ソフトです。

名刺を撮影やスキャンしてデータ化した後にオペレーターによる入力補正を行うため正確な情報を管理することができます。MA機能によりメールの開封や閲覧状況を分析して確度の高いリードを発掘できるのでインサイドセールスに役立ちます。昨今増えているリモートでの商談の際には名刺交換ができず相手の情報が管理できなくなりますが、Zoom商談とオンライン名刺機能を同期させることで、オンライン商談でもその場で名刺交換を行えるためコロナ禍や遠方の相手との商談の際にも名刺管理を行うことができます。

料金プランは1ユーザー月額3,000円から利用することができ、名刺管理とともに営業支援も実現するツールです。

主な機能
  • 写真撮影での読み込み機能
  • スキャナーでの読み込み機能
  • オペレーターの手入力によるデータ化
  • 名刺情報の名寄せ機能
  • 名刺情報へのタグ付け機能
  • 登録者の人物マスタ機能
  • 登録者の名刺共有機能
  • 社内の共通人脈管理機能
  • コンタクト履歴の管理機能
  • 組織ツリーの作成機能

ここまでは、Windowsに対応している人気の名刺管理ソフトを紹介しました。

数多くの企業に選ばれている名刺管理ソフトは、機能はもちろんセキュリティ面も万全で、安心して導入できると考えられます。信頼性を重視して名刺管理ソフト選びたいという場合は、これまでの実績も判断の基準にくわえるのがおすすめです。

4.Windows対応のパッケージ型名刺管理ソフト3選

続いて、Windowsに対応しているパッケージ型の名刺管理ソフトを紹介します。

やさしく名刺ファイリング PRO

やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0は、東京都中央区に本社を構えるNTTデータNJKが提供している名刺管理ソフトです。ライセンス買い切りのパッケージ製品で、Windows PCに対応しているのはもちろん、無料の名刺閲覧アプリ「やさしく名刺ファイリング ビューワー」と連携させれば外出先でも名刺情報を閲覧することができます。
名刺情報の取り込みは複合機やフラットヘッドスキャナーのほか、デジタルカメラの画像にも対応。名刺管理画面は誰でも簡単に操作できる設計になっており、個人だけでなく部署やプロジェクト単位で名刺データベースを利用できる仕様になっているのもうれしいポイントです。
料金は1ライセンスにつき7,800円、10ライセンスで5万5,000円(いずれも税抜)。スキャナーとのセット商品も用意されています。

設立年 1973年
従業員数 500-999人
会社所在地 東京都中央区新富二丁目3番4号 NJKビル
電話番号 03-5117-1900

やさしく名刺ファイリング PROの詳細情報を見る

 本格読取® おまかせ名刺管理 3

本格読取® おまかせ名刺管理 3は、東京都港区に本社を構える東証一部上場企業・ソースネクストが提供しているパッケージ型の名刺管理ソフトです。パナソニック製の高精度OCRエンジンを搭載しており、対応OSはWindows8.1とWindows10となっています。
大量の名刺の取り込みはもちろん、EVERNOTEへのデータアップロード機能も備えているので、移動中や外出先でもスマートフォンなどから名刺情報を閲覧することができます。全文検索や検索条件保存にくわえて、地図検索ソフト・ゼンリンデータコム デジタル全国地図とも連携が可能です。
さらに、Excel感覚で簡単に操作ができるのもうれしいポイント。実際の利用者からは「UIも使いやすいのでほぼ毎日使っている」「約10枚の名刺を一度で取り込めるので、入力の手間が削減できる」といった声が寄せられています。

設立年 1996年
従業員数 100-499人
会社所在地 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター33階

 本格読取® おまかせ名刺管理 3の詳細情報を見る

WorldCard Scan

WorldCard Scanは、岡山県岡山市に本社を構えるサンワサプライが提供している名刺管理ソフトです。小型の名刺スキャナーと専用のソフトがセットになったパッケージ型の製品で、WindowsとMacの双方に対応しています。
大きな特徴としてあげられるのは、1枚あたり3秒でスキャンが完了というスピード感と90〜95%という高い日本語の文字認識率です。多彩な検索機能や地図表示、SNSアカウント検索に対応しているのも魅力的なポイント。くわえて、Googleアカウントを利用したデータの同期にも対応しているため、スマートフォン向けアプリでも名刺情報の閲覧や登録を行うことができます。
料金はスキャナー代込みで3万9,800円(税抜)。なお、複数のPCで使用する場合には、台数分のスキャナーが必要です。

設立年 1951年
従業員数 100-499人
会社所在地 岡山県岡山市北区田町1-10-1
電話番号 086-223-3311

WorldCard Scanの詳細情報を見る

5.名刺管理ソフトの選び方のポイント

最後に、名刺管理ソフト選びのポイントを解説していきます。

事前に運用方法を明確にしておく

ひとくちに名刺管理ソフトといっても、使用するソフトや利用形態によって必要な費用は大きく異なります。たとえば、多彩な機能を備えた名刺管理ソフトを導入しても、実際に使用しない機能が多ければ費用対効果に優れているとは言い難いでしょう。

また、名刺の登録枚数やユーザー数の制限も名刺管理ソフトによってさまざまです。導入後に「思っていたのと違う」といった事態を防ぐためにも、まずは自社で名刺管理ソフトを使用する社員の数やデータ化が必要な名刺の枚数などを明確にした上で、利用するサービスの検討を進めることをおすすめします。

今までの導入実績も十分に確認する

名刺管理ソフトを選ぶ際は、これまでの実績を確認することも大切なポイントです。なかには導入先の社名や具体的な事例が公開されているケースもあるので、それらを確認するようにしましょう。自社に近い規模の企業や同じ課題を抱えていた企業での成功事例のある名刺管理ソフトであれば、より大きな効果が期待できます。

また、あわせて導入前後のサポート体制やセキュリティ対策についても確認すれば、より安心して利用できるのではないでしょうか。

6.【まとめ】名刺管理選びで迷ったら

本記事では、Windowsに対応しているおすすめの名刺管理ソフトを紹介するとともに、名刺管理ソフト選びのポイントを解説してきました。

名刺管理ソフトは、名刺の整理に特化したシンプルなものから営業支援機能をもつもの、顧客管理システムとの連携が可能なものまで、さまざまなサービスが存在しています。これだけ種類が豊富では、「どれを選べばいいのかわからない」と悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

アイミツSaaSでは、機能や連携ツールや無料プランのあるなしで検索をすることができ、自社にあった名刺管理ソフト選びに役立てることができますぜひ一度お試しください。

アイミツ

著者 | アイミツSaaS編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

名刺管理ソフトに関連する記事

名刺管理ソフトに関連する記事をご紹介します。

作成日:2021-07-19 18:47:22 更新日:2021-07-21 15:03:58
作成日:2021-07-19 18:50:35 更新日:2021-07-21 15:14:25
作成日:2021-07-19 18:48:52 更新日:2021-07-20 15:36:40
作成日:2021-07-19 18:49:14 更新日:2021-07-21 15:09:20
作成日:2021-07-19 18:43:54 更新日:2021-07-20 15:25:45
作成日:2021-07-19 18:51:34 更新日:2021-07-21 15:32:53